天彩峰里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天彩 峰里(あまいろ みねり、3月26日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役。

兵庫県宝塚市[1]市立御殿山中学校出身[1]。身長164cm[1]。愛称は「じゅり」、「みねり」、「じゅっちゃん」[1]

来歴[編集]

2012年4月、宝塚音楽学校入学。

2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団[2]。入団時の成績は5番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台[1][2]

2015年2月、組まわりを経て星組に配属[2]

2017年、ショー「Bouquet de TAKARAZUKA」で、初のエトワールに抜擢[2]。同年12月25日付で、宙組へと組替え[2]

2018年、真風涼帆星風まどかトップコンビ大劇場お披露目となる「天は赤い河のほとり」より宙組生デビューを果たし、新人公演初ヒロイン[3][2]。続く「ハッスル メイツ!」で、バウホール公演初ヒロイン[4]。続く「異人たちのルネサンス」で、2度目のエトワールに抜擢を受ける。

2019年、「群盗」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初ヒロイン[5][6]

人物[編集]

宝塚市内で生まれ育ち、物心つく前から沢山の音楽に囲まれて日々を過ごした[2]。兄が2人いる[2]

小学生の時に初めて宝塚大劇場で観た湖月わたる主演の「ベルサイユのばら-フェルゼンマリー・アントワネット編-」に胸を鷲掴みにされ、白羽ゆりが演じていたマリー・アントワネットに憧れ、自分もこの舞台に立ちたいと、音楽学校受験を決意した[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2014年3〜4月、月組『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-』『TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場のみ)

組まわり[編集]

  • 2014年9〜12月、月組『PUCK(パック)』『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』

星組時代[編集]

宙組時代[編集]

  • 2018年3〜6月、『天(そら)は赤い河のほとり』 - ハディ、新人公演:ユーリ・イシュタル(本役:星風まどか)『シトラスの風-Sunrise-新人公演初ヒロイン[3][2]
  • 2018年8月、『ハッスル メイツ!』(バウホール) バウ初ヒロイン[4]
  • 2018年10〜12月、『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』 - 白拍子(八重)『異人たちのルネサンス-ダ・ヴィンチが描いた記憶-』 - サライ、新人公演:イザベラ(本役:遥羽ららエトワール
  • 2019年2〜3月、『群盗-Die Räuber-』(シアタードラマシティ・日本青年館) - アマーリア 東上初ヒロイン[6][5]
  • 2019年4〜7月、『オーシャンズ11』 - エメラルド、新人公演:クィーン・ダイアナ(本役:純矢ちとせ
  • 2019年8〜9月、『追憶のバルセロナ』 - ロザリンド『NICE GUY!!-その男、Sによる法則-』(全国ツアー)
  • 2019年11〜2020年2月、『El Japón(エル ハポン)-イスパニアのサムライ-』 - はる『アクアヴィーテ(aquavitae)!!〜生命の水〜』 予定

出演イベント[編集]

  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』(ドンブラココーラス)
  • 2015年11月、第6回『マグノリアコンサート・ドゥ・タカラヅカ』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』(コーラス)
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』 予定

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、146頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『天は赤い河のほとり』新人公演で初ヒロインを果たし歌唱力を示す”. ウィズたからづか. 2019年10月8日閲覧。
  3. ^ a b 宝塚宙組・鷹翔千空、101期生初主演「終わった瞬間ビックリするほどホッとした」”. デイリースポーツ. 2019年10月8日閲覧。
  4. ^ a b 宙組・和希そらバウ初主演作“快幕”「『そーらーパワー』感じて!」スポーツ報知
  5. ^ a b 芹香斗亜率いる若手の力量を感じさせる宝塚宙組公演『群盗-Die Räuber-』”. 宝塚ジャーナル. 2019年10月8日閲覧。
  6. ^ a b 芹香斗亜、宙組初主演作で渾身の演技Lmaga.jp

外部リンク[編集]