礼真琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
れい まこと
礼 真琴
生年月日 12月2日
出生地 東京都江戸川区
身長 170cm
血液型 O型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、星組配属
著名な家族 浅野哲也(父)
公式サイト 礼真琴 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
風と共に去りぬ
ガイズ&ドールズ
THE SCARLET PIMPERNEL
阿弖流為-ATERUI-
アルジェの男
テンプレートを表示

礼 真琴(れい まこと、12月2日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役。次期星組トップスター[2]

東京都江戸川区[1]東海大学付属浦安高等学校出身[1]。身長170cm[1]。血液型O型[3]。愛称は「まこっつあん」、「こと」、「こっちゃん」[1]

来歴[編集]

2007年4月、宝塚音楽学校入学。

2009年3月、宝塚歌劇団に95期生として首席入団。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台。その後、星組に配属。

2012年、ショー「Étoile de TAKARAZUKA」新人公演で、真風涼帆らと共に主演パート(本役:柚希礼音)の一部を務める。

2013年、2度目の出演となる「ロミオとジュリエット」で、新人公演初主演。

2014年、「かもめ」で、バウホール公演初主演。同年、全国ツアー公演「風と共に去りぬ」で、ヒロインのスカーレット・オハラを演じる。

2015年、柚希礼音・夢咲ねねトップコンビ退団公演となる「黒豹の如く」で、3度目の新人公演主演。同年、北翔海莉妃海風大劇場お披露目となる「ガイズ&ドールズ」で、再び女役アデレイドを演じる。

2016年、「鈴蘭」で、2度目のバウホール公演主演。続く「こうもり/THE ENTERTAINER!」より、星組3番手となる[4]

2017年、紅ゆずる綺咲愛里大劇場お披露目となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、敵役ショーヴランを演じ、新生星組の2番手となる[5]。続く「阿弖流為-ATERUI-」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、外部劇場初主演[6]

2019年、「アルジェの男/ESTRELLAS~星たち~」で全国ツアー公演初主演[7]。同年10月14日付で、紅ゆずるの後任として星組トップスターに就任予定[2]。相手役に舞空瞳を迎え、「ロックオペラ モーツァルト」(梅田芸術劇場・東京建物Brillia HALL公演)で、トップコンビお披露目予定[8]

2020年、「眩耀の谷〜舞い降りた新星〜/Ray -星の光線-」で大劇場トップコンビお披露目予定。

人物[編集]

音楽学校入学前に、子役として映画や舞台に出演したことがある[9]

父親は元サッカー日本代表の浅野哲也[10]

友人に誘われ、小学校高学年の頃からバレエ教室に通い始める[9]

初めて観た宝塚歌劇の公演は星組公演「龍星」[3]

当時、宝塚星組2番手の柚希礼音の舞台姿を観て、一緒に舞台に立ちたいと思い、宝塚を目指すようになった[3]

芸名は、尊敬する柚希礼音から「礼」の字をもらった[9]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2009年4月~5月、宙組『薔薇に降る雨/Amour それは…』(宝塚大劇場のみ)

星組時代[編集]

  • 2009年6月~8月、『太王四神記 Ver.II-新たなる王の旅立ち-
  • 2010年1月~3月、『ハプスブルクの宝剣/BOLERO -ある愛-』新人公演:侍従長ヨハン(本役:夏樹れい)/急使(本役:漣レイラ)/サムソン(本役:麻央侑希
  • 2010年4月~5月、『激情-ホセとカルメン-/BOLERO -ある愛-』(全国ツアー)
  • 2010年7月~8月、『ロミオとジュリエット』(梅田芸術劇場・博多座)愛
  • 2010年10月~12月、『宝塚花の踊り絵巻 -秋の踊り-/愛と青春の旅だち』新人公演:ウォルター(本役:如月蓮
  • 2011年1月~2月、『メイちゃんの執事 -私の命に代えてお守りします-』(バウ・日本青年館)大門
  • 2011年4月~7月、『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-めぐり会いは再び-My only shinin' star-』ビーナス、新人公演:ルーア神父(本役:涼紫央
  • 2011年8月~9月、『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-/めぐり会いは再び-My only shinin' star-』(博多座・中日劇場)ビーナス、代役:ボールソ[注釈 1]
  • 2011年11月~2012年2月、『オーシャンズ11』マイク、新人公演:ライナス・コールドウェル(本役:真風涼帆)
  • 2012年3月~4月、柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!』(シアタードラマシティ・日本青年館)
  • 2012年5月~8月、『ダンサ セレナータ/Celebrity-セレブリティ-』ミゲル、新人公演:アンジェロ(本役:十輝いりす
  • 2012年9月、『琥珀色の雨にぬれて/Celebrity-セレブリティ-』(全国ツアー)ローラン
  • 2012年11月~2013年2月、『宝塚ジャポニズム~序破急~』『めぐり会いは再び 2nd~Star Bride~』ルーチェ、新人公演:フォーマルハウト(本役:美稀千種)『Étoile de TAKARAZUKA』ヴァルゴオムA、プティタミ、新人公演:エトワールオム(歌手)、ヴァルゴオムA(本役:十輝いりす)、アルデバラン(本役:真風涼帆)、スコルピオ、ロワ・ド・エトワール(本役:柚希礼音)
  • 2013年3月~4月、『宝塚ジャポニズム~序破急~/怪盗楚留香外伝-花盗人-/Étoile de TAKARAZUKA』(中日劇場・台北国家戯劇院)石繍雲
  • 2013年5月~8月、『ロミオとジュリエット』ベンヴォーリオ(紅ゆずると役替わり)、愛(鶴美舞夕と役替わり)、新人公演:ロミオ(本役:柚希礼音)*新人公演初主演
  • 2013年9月~10月、柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!Ⅱ』(東京国際フォーラム・博多座)
  • 2014年1月~3月、『眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯に-』ウジェーヌ、新人公演:ナポレオン(本役:柚希礼音)*新人公演主演
  • 2014年5月~6月、『かもめ』(バウホール)トレープレフ *バウ初主演
  • 2014年7月~10月、『The Lost Glory-美しき幻影-/パッショネイト宝塚!』パット・ボローニャ、新人公演:イヴァーノ・リッチ(本役:柚希礼音)
  • 2014年11月~12月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)スカーレット・オハラ *全国ツアー初ヒロイン
  • 2015年2月~5月、『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-』マルセリーノ・フェデリコ、新人公演:アントニオ・デ・オダリス伯爵(本役:柚希礼音)*新人公演主演
  • 2015年6月~7月、『大海賊-復讐のカリブ海-/Amour それは…』(全国ツアー)キッド
  • 2015年8月~11月、『ガイズ&ドールズ』アデレイド
  • 2016年1月、『鈴蘭ル・ミュゲ-思い出の淵から見えるものは-』(バウホール)リュシアン *バウ主演 
  • 2016年3月~6月、『こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!』アルフレード
  • 2016年7月、『歌声をひとつに… One Voice』(バウホール)
  • 2016年8月~11月、『桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-ロマンス!!(Romance)』八木永輝  
  • 2017年1月、『オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-』(東京国際フォーラム)ムケーシュ
  • 2017年3月~6月、『THE SCARLET PIMPERNEL』ショーヴラン
  • 2017年7月~8月、『阿弖流為-ATERUI-』(シアタードラマシティ・日本青年館)阿弖流為 *東上初主演
  • 2017年9月~12月、『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA』エーリッヒ・ケストナー
  • 2018年4月~7月、『ANOTHER WORLD/Killer Rouge』徳三郎
  • 2018年8月~11月、『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge/星秀☆煌紅』(梅田芸術劇場・日本青年館・台北国家戯劇院高雄至徳堂)捲殘雲
  • 2019年1月〜3月、『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS~星たち~』フロリアン・ザイデル
  • 2019年5月、『アルジェの男/ESTRELLAS~星たち~』(全国ツアー)ジュリアン・クレール *全国ツアー初主演
  • 2019年7月〜10月、『GOD OF STARS-食聖-/Éclair Brillant』リー・ロンロン

出演イベント[編集]

  • 2011年9月、涼紫央ディナーショー「0〜Love〜」
  • 2011年12月、「タカラヅカスペシャル2011~明日に架ける夢~」(コーラス)
  • 2014年10月、「演劇人祭 特別篇」(外部出演)
  • 2014年12月、「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」
  • 2015年3月、夢咲ねねミュージック・サロン「N-style」
  • 2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」
  • 2016年10月、妃海風ミュージック・サロン「Princesa!!」
  • 2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」
  • 2017年10月、第54回「宝塚舞踊会」
  • 2018年2月、礼真琴ディナーショー「MOMENT」
  • 2018年12月、「タカラヅカスペシャル2018 Say!Hey!Show Up!!」
  • 2019年10月、第55回「宝塚舞踊会」※予定
  • 2019年12月、「タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-」※予定

CM出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、105頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b 星組 次期トップスター、トップ娘役について 宝塚歌劇団公式サイト
  3. ^ a b c 「To The Future」『宝塚GRAPH』2011年8月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、69頁。
  4. ^ 宝塚星組公演開幕! 第102期生が春を告げる初舞台ロケット スポーツ報知より
  5. ^ 宝塚星組新トップの紅ゆずる、役作りに珍アピール デイリースポーツより
  6. ^ エンターテイメント性に溢れた礼真琴の初東上主演作品!宝塚星組公演『ATERUI-阿弖流為』 宝塚ジャーナル
  7. ^ 星組が飛鳥時代描く「鎌足」上演決定、礼真琴「アルジェの男」全国ツアーも”. ステージナタリー. 2019年3月8日閲覧。
  8. ^ 星組次期トップコンビは礼真琴&舞空瞳「ロックオペラ モーツァルト」でお披露目”. ステージナタリー. 2019年4月25日閲覧。
  9. ^ a b c 礼真琴、ロミオとジュリエットで2役熱演”. スポーツ報知. 2013年6月25日閲覧。
  10. ^ 薮下哲司 (2009年2月28日). “真風涼帆、大型スター誕生の予感 星組「My dear-」新人公演”. スポニチ Sponichi Annex 大阪. スポーツニッポン新聞社. 2013年5月22日閲覧。
  11. ^ 仙台銘菓「萩の月」 新CMのご案内
  1. ^ 美弥るりかの休演に伴い、8/20~8/23は壱城あずさの代役でボールソ役を務めた。

外部リンク[編集]