礼真琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
れい まこと
礼 真琴
生年月日 12月2日
出身地 日本の旗 日本 東京都江戸川区
身長 170cm
血液型 O型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2019年:星組トップスター就任
著名な家族 浅野哲也(父)
所属劇団 宝塚歌劇団
公式サイト 礼真琴 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
風と共に去りぬ
アルジェの男
ロミオとジュリエット
柳生忍法帖
 
受賞
第76回『文化庁芸術祭賞』演劇部門新人賞(2021年)
テンプレートを表示

礼 真琴(れい まこと、12月2日[1][2] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役。星組トップスター[3]

東京都江戸川区[1][2]東海大学附属浦安高等学校出身[1]。身長170cm[1]。血液型O型[4]。愛称は「まこっつあん」、「こと」、「こっちゃん」[1]

来歴[編集]

2007年、宝塚音楽学校入学。

2009年、宝塚歌劇団に95期生として首席入団[5][6]宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[5]。その後、星組に配属[5]

若手時代から歌・ダンス・芝居と比類なき実力で注目を集め[7]、2013年の「ロミオとジュリエット」で新人公演初主演[8][9]。その後も3度に渡って新人公演主演を務める[10]

2014年の「かもめ」でバウホール公演初主演[8][9]。同年の全国ツアー公演「風と共に去りぬ」では、ヒロインのスカーレット役に抜擢[9][11]

2015年、北翔海莉妃海風トップコンビ大劇場お披露目となる「ガイズ&ドールズ」で、再び女役アデレイドを演じ、女役の大役が続く[11]

2016年の「鈴蘭」で2度目のバウホール公演主演[11]。続く「こうもり/THE ENTERTAINER!」より、星組新3番手に昇格[12]

2017年、紅ゆずる綺咲愛里トップコンビ大劇場お披露目となる「THE SCARLET PIMPERNEL」より、新生星組の2番手となる[13]。続く「阿弖流為」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初主演[14][7]

2019年の「アルジェの男/ESTRELLAS」で全国ツアー公演初主演[9][7]。同年10月14日付で星組トップスターに就任[6][15]。入団11年目でのスピード就任、令和、そして95期から誕生した初のトップスターとなった[15][6][7]。相手役に102期首席入団の舞空瞳を迎え、共に首席入団のトップコンビ誕生ともなった[7]。同年の「ロックオペラ モーツァルト」(梅田芸術劇場東京建物 Brillia HALL公演)で、トップコンビお披露目[2][6]

2021年、「柳生忍法帖モアー・ダンディズム!」での演技が評価され、文化庁芸術祭賞の演劇部門新人賞を受賞[16]

人物[編集]

父親は元サッカー日本代表の浅野哲也である[8][10]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

星組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2011年9月、涼紫央ディナーショー『0〜LOVE〜』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』(コーラス)
  • 2014年10月、『演劇人祭 特別篇』(外部出演)
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年3月、夢咲ねねミュージック・サロン『N-style』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年10月、妃海風ミュージック・サロン『Princesa!!』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2018年2月、礼真琴ディナーショー『MOMENT』 主演[24]
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』[6][15]
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』[15]

CM出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ』(2022年度)宝塚クリエイティブアーツ、2022年4月22日、102頁。ISBN 978-4-86649-189-9 
  2. ^ a b c d e 星組新トップ・礼真琴“新しい星の時代”切り開く「羽根の重みの意味、何かが感じられるはず」 スポーツ報知。
  3. ^ a b 礼真琴、舞空瞳ら臨む宝塚星組公演5カ月遅れて開幕 日刊スポーツ。
  4. ^ 「To The Future」 『宝塚GRAPH 2011年8月号』阪急コミュニケーションズ、2011年7月20日、69頁。 
  5. ^ a b c 100年史(人物) 2014, p. 121.
  6. ^ a b c d e 次期星組トップスターに礼真琴、トップ娘役に舞空瞳 日刊スポーツ。
  7. ^ a b c d e f g h 星組新トップは考えすぎず「ノンストップ」/礼真琴”. 日刊スポーツ. 2019年11月14日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 「雪の女王」エルサやりたい/礼真琴”. 日刊スポーツ. 2014年5月15日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 星組次期トップ全国ツアー初主演/礼真琴”. 日刊スポーツ. 2019年5月9日閲覧。
  10. ^ a b c 故・大豊氏の娘ら2世勢揃いの新人公演”. デイリースポーツ. 2015年2月24日閲覧。
  11. ^ a b c d e f 女役経験生かし今年は星男/礼真琴”. 日刊スポーツ. 2016年1月21日閲覧。
  12. ^ 宝塚星組公演開幕! 第102期生が春を告げる初舞台ロケット”. スポーツ報知 (2016年3月18日). 2016年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  13. ^ a b 宝塚星組新トップの紅ゆずる、役作りに珍アピール デイリースポーツ。
  14. ^ a b エンターテイメント性に溢れた礼真琴の初東上主演作品!宝塚星組公演『ATERUI-阿弖流為-』 宝塚ジャーナル。
  15. ^ a b c d e f 礼真琴「ロックオペラ モーツァルト」で憧れの念を抱く天才音楽家の生きざまを劇団屈指の豊かな歌声で表現”. スポーツ報知. 2019年11月14日閲覧。
  16. ^ a b 『2021年 宝塚Stage Album』宝塚クリエイティブアーツ、2022年4月22日、85頁。ISBN 978-4-86649-190-5 
  17. ^ a b 凪七瑠海のバウホール公演決定、月組トップコンビの退団日・今後のスケジュールも明らかに ステージナタリー。
  18. ^ 礼真琴の“今”に迫るショー「VERDAD!!」、愛月ひかる主演のミュージカル「マノン」 ステージナタリー。
  19. ^ 宝塚星組、礼真琴&舞空瞳主演で「柳生忍法帖」と「モアー・ダンディズム!」 ステージナタリー。
  20. ^ 礼真琴&舞空瞳主演「王家に捧ぐ歌」、瀬央ゆりあ主演「ザ・ジェントル・ライアー」 ステージナタリー。
  21. ^ 宝塚歌劇星組「めぐり会いは再び」第3弾開幕「礼真琴とルーチェの10年間をリンクさせて」 スポーツ報知。
  22. ^ 宝塚星組の3年ぶり全国ツアー開幕!組替えの暁千星お披露目に礼真琴「ありちゃんのパワーももらって」 スポーツ報知。
  23. ^ 星組公演 『ディミトリ~曙光に散る、紫の花~』『JAGUAR BEAT-ジャガービート-』|宝塚歌劇公式ホームページ”. 宝塚歌劇団. 2022年6月17日閲覧。
  24. ^ 礼真琴ディナーショー「MOMENT」('18年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  25. ^ 仙台銘菓「萩の月」 新CMのご案内 菓匠三全。
  26. ^ 100年史(人物) 2014, p. 57.
  27. ^ 『2014年 宝塚Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、81頁。ISBN 978-4-908135-34-7
  28. ^ 『2017年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、87頁。ISBN 978-4-86649-050-2
  29. ^ 『2020年 宝塚Stage Album』宝塚クリエイティブアーツ、2021年4月23日、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2 
  30. ^ 『宝塚GRAPH 2022年8月号/宝塚通信』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、94頁。

注釈[編集]

  1. ^ 美弥るりか休演に伴う配役変更で、8/20〜23は壱城あずさの代役としてボールソ役を演じる。
  2. ^ 紅ゆずると役替わり。
  3. ^ 鶴美舞夕と役替わり。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]