〜夢と孤独の果てに〜 ルートヴィヒII世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

〜夢と孤独の果てに〜ルートヴィヒII世』(ゆめとこどくのはてに ルードヴィヒにせい)は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。花組[1][2]公演。形式名は「宝塚ミュージカルロマン[1][2]」。18場[1][2]

作・演出は植田景子[1][2]。併演作品は『Asian Sunrise[1][2]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[3]参考。

ノイシュヴァンシュタイン城があるバイエルン王国ルートヴィヒII世が主人公。その美貌と謎に満ちた人生ゆえに伝説となった悲劇の王。芸術とひたすら美しいものだけを愛した彼が、生涯求め続けたのは、自らの生み出した美しい幻だったという幻想のラブロマンスを軸に、宝塚ならではのロマンティシズム溢れる舞台として描いた作品。

トップ娘役の大鳥れいが、"幻"役で色々な人物に変身した。植田景子の宝塚大劇場による演出デビュー作品。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

特別出演(本公演のみ)[編集]

※氏名の後ろの()は2000、2001年当時の所属組。

主な配役[編集]

※下記のデータは宝塚・東京[4]共通。「( )」は新人公演。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am 90年史 2004, p. 115.
  2. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 131.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 181.
  4. ^ 90年史 2004, pp. 132.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6

外部リンク[編集]