野々花ひまり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

野々花 ひまり(ののか ひまり、1月18日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する娘役。

福岡県福岡市[1]中村学園女子高等学校出身[1]。身長163cm[1]。血液型O型[2]。愛称は「ひまり」、「かほ」[1]

来歴[編集]

2011年4月、宝塚音楽学校入学。同期には輝生かなで美園さくら彩みちる小桜ほのか、OGに姫歌ひな乃舞雛かのんらがいる。

2013年3月、宝塚歌劇団に99期生として入団。入団時の成績は17番。雪組公演「ベルサイユのばらフェルゼン編-」で初舞台。

2014年2月、組廻りを経て雪組に配属。

2017年早霧せいな咲妃みゆ退団公演となる「幕末太陽傳」で、初の新人公演ヒロインを務める。 

人物[編集]

宝塚初観劇は95期生の音楽学校の文化祭[2]。その後、宝塚大劇場で宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」を観劇[2]

95期生の文化祭を見て、キラキラした姿に感動し、自分も同じ舞台に立ちたいと思い、受験を決意[2]

学生時代は部活には入らず、バレエやピアノ、英語に水泳と毎日違う習い事に通っていた[2]

憧れの上級生は野々すみ花望海風斗[2]

元雪組娘役の星乃あんりは、同郷で出身校の先輩にあたる。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2013年4月~5月、雪組『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

雪組配属後[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、91頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b c d e f 『To The Future/宝塚GRAPH 2017年5月号』、宝塚クリエイティブアーツ、2017年、117頁。

外部リンク[編集]