鍋島榮子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鍋島榮子

鍋島 榮子(なべしま ながこ、安政2年5月18日1855年7月1日) - 昭和16年(1941年1月3日)は、日本の華族。旧肥前佐賀藩主・鍋島直大侯爵夫人。梨本伊都子松平信子の母。

生涯[編集]

大納言広橋胤保の五女として京都に生まれる。母は家女房。広橋家の家格は名家であり、明治維新後は伯爵に叙されている。兄に広橋賢光藤波言忠がいる。お印。結婚前は宮中に仕えていたが、明治14年(1881年)4月に当時イタリア公使であった侯爵鍋島直大とローマで結婚。直大との間に一男四女に恵まれる。外交官夫人の草分けとして活躍し、鹿鳴館では戸田極子と共に鹿鳴館の華と呼ばれた。明治20年(1887年)に日本赤十字篤志会会長に就任。日清、日露両戦争では負傷兵の看護に当たり、各地の病院を慰問するなど、侯爵夫人として社会事業活動の先頭に立つ。東洋婦人会大日本婦人会などの役員を務めた。