妃華ゆきの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

妃華 ゆきの(ひめはな ゆきの、6月26日 - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する娘役。

兵庫県西宮市[1]雲雀丘学園高校出身[1]。身長162cm[1]。愛称は「ゆきの」「みどり」[1]

来歴[編集]

2008年4月、宝塚音楽学校入学、96期生2010年4月、第96期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は20番。月組公演『スカーレット・ピンパーネル』で初舞台。その後、雪組に配属。

同期には夢華あみ綺咲愛里咲妃みゆ紫藤りゅう和希そら花乃まりあらがいる。

2015年1月、雪組公演『ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-』の新人公演では峰不二子役(本役:大湖せしる)に抜擢。

主な舞台歴[編集]

初舞台公演[編集]

雪組配属後[編集]

  • 2010年6月~ 9月、『ロジェ/ロックオン』
  • 2011年1月~ 3月、『ロミオとジュリエット
  • 2011年7月、『灼熱の彼方』アンヌ(子ども時代)(バウホール
  • 2011年9月~ 11月、『仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』
  • 2011年12月~2012年1月、『Samourai』シャルロット(シアター・ドラマシティ、東京特別)
  • 2012年3月~ 5月、『ドン・カルロス/Shining Rhythm!』新人公演:クララ(本役:星乃あんり
  • 2012年7月 ~ 8月、『双曲線上のカルテ』天使(バウホール、日本青年館大ホール)
  • 2012年10月~12月、『JIN-仁-/GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』美里(振袖新造) 新人公演:茜(和菓子屋の看板娘)(本役:透水さらさ
  • 2013年2月、『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』ピノコの影(梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ)
  • 2013年4月~7月、『ベルサイユのばら -フェルゼン編-』
  • 2013年8月~9月、『春雷』クララ(バウホール)
  • 2013年11月~2014年2月『Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!』新人公演:ダンサー(女)
  • 2014年3月~4月、『心中・恋の大和路』(梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、日本青年館大ホール)
  • 2014年6月~8月、『一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA』新人公演:加奈(本役:大湖せしる
  • 2014年10月、『伯爵令嬢 -ジュテーム、君を愛さずにはいられない-』ベル(日生劇場
  • 2015年1月~ 3月、『ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-/ファンシー・ガイ!』 新人公演:峰不二子(本役:大湖せしる)
  • 2015年5月、『星影の人/ファンシー・ガイ!』 明里(博多座)
  • 2015年7月~10月、『星逢一夜/La Esmeralda』嘉姫、澪[2]新人公演:湧(本役:透水さらさ)
  • 2015年11月、『哀しみのコルドバ/La Esmeralda』エルビラ夫人(マドリードの女)/ラウラ(コルドバの娘)(全国ツアー)
  • 2016年2月~5月、『るろうに剣心』新人公演:朱音太夫(本役:桃花ひな
  • 2016年6月~7月、『ドン・ジュアン』タマラ(KAAT神奈川芸術劇場、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ)
  • 2016年10月~12月、『私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!』新人公演:ハリエット(アデルの友人)(本役:星乃あんり)
  • 2017年2月、『星逢一夜/Greatest HITS!』涼(三日月藩の民、晴興の友)(中日劇場)
  • 2017年4月~7月、『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』女郎おさだ
  • 2017年8月~9月、『琥珀色の雨にぬれて/“D”ramatic S!』ジュヌヴィエーヴ(全国ツアー)
  • 2017年10月、大劇場公演 第54回 『宝塚舞踊会』
  • 2017年11月~2018年2月、『ひかりふる路(みち)~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』モニーク
  • 2018年3月~4月、『誠の群像-新選組流亡記-/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』お悠(全国ツアー)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2013年度版』阪急コミュニケーション、2013年、65頁。ISBN 978-4-484-13506-9
  2. ^ 汀役の舞咲りんが8月7日(金)13時公演より休演し、8月8日より澪役だった沙月愛奈が汀を演じるため、妃華が澪を演じる。そのため8月8日以降の嘉姫役は沙羅アンナ

関連項目[編集]

  • 音月桂(妃華入団時の雪組トップスター。1998年 - 2012年在団)

外部リンク[編集]