門田芦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かどた あしこ
門田 芦子
本名 内山 仲子(うちやま なかこ)
生年月日 (1905-05-15) 1905年5月15日
没年月日 (1974-12-20) 1974年12月20日(69歳没)
出生地 日本の旗愛知県名古屋市
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇団
活動期間 1927年 - 1938年
著名な家族 内山信愛(兄・元宝塚歌劇団理事長)
門野まろや(妹)

門田 芦子(かどた あしこ、本名:内山 仲子(うちやま なかこ)[1]1905年5月15日[2] - 1974年12月20日[3])とは元宝塚少女歌劇団月組主演男役クラス・元月組・星組組長)である。愛知県名古屋市出身[4]。宝塚歌劇団時代の愛称はチャマさん(苗字の内山から)。元宝塚歌劇団理事長を務めた内山信愛は兄、宝塚歌劇団16期生門野まろやは妹。

来歴・人物[編集]

1919年9期生として宝塚音楽歌劇学校(現在の宝塚音楽学校)に入学し、宝塚少女歌劇団(現在の宝塚歌劇団)に入団。当時は学校と劇団は一体であった。 芸名は小倉百人一首の第71番:大納言経信(源経信)の「夕されば 門田の稻葉 音擦れて の丸屋に 龝風ぞ吹く(ゆふされば かどたのいなば おとづれて あしのまろやに あきかぜぞふく)」から命名された。

1932年、『ブーケ・ダムール』にて、断髪。ショートヘアの男役は、宝塚では史上初[5]

1933年、月組組長。

1933年 - 1937年、初代星組組長。

1938年7月31日[6]、宝塚少女歌劇団を退団。退団後は歌劇団・音楽学校の寄宿舎の舎監を務めた。戦時中、門田は空襲に怯える歌劇団生徒をなだめながら、空を睨んだという逸話が残っている。

1974年12月20日[3]、脳出血により逝去。享年69。

2014年、宝塚歌劇団100周年記念で設立された『宝塚歌劇の殿堂』の最初の100人のひとりとして殿堂入り。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 『杓子ぬけ』(月組)(1921年9月20日 - 10月18日、公会堂劇場
  • 『吉備津の鳴釜』(月組)(1922年1月1日 - 1月25日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
  • 『鼻の詩人』(月組)(1922年3月15日 - 4月30日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
  • 『金の羽』(月組)(1922年7月15日 - 8月20日、宝塚新歌劇場(公会堂劇場))
  • 『護花鈴』『琵琶記』(月組)(1923年3月20日 - 4月10日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『采女禮讃』(月組)(1923年5月11日 - 6月10日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『燈臺守の娘』(月組)(1924年3月2日 - 3月31日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『能因法師』(月組)(1924年4月16日 - 4月30日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『身替音頭』(月・花組)(1924年7月19日 - 9月2日、宝塚大劇場
  • 『フルスピード』(月組)(1924年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『蓬莱』『ユーヂツト』『觀心寺物語』(月・花・雪組)(1925年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『エレクトラ』『姉と妹』(月組)(1925年4月1日 - 4月30日、中劇場)
  • 『毒の花園』(月組)(1925年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • かぐや姫』(月組)(1925年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『夢買の長者』『寅童子』『陽春』(月組)(1926年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『傀儡船』(月組)(1926年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『十三鐘』『白縫扇陣』(月組)(1926年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『ドン・キホーテ』『夢見懺悔品』『喧嘩は止めろ』(月組)(1926年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『ダンス・ホール』(月組)(1927年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
  • 『愛の復活』『富士太鼓』(月組)(1927年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『國性爺』『一條大蔵卿』(月組)(1927年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『夕顔の巻』(月組)(1927年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『イタリヤーナ』(月組)(1928年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 『若紫の巻』『モン・パリ』(月組)(1928年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 『お光狂亂』(月組)(1928年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『夢殿』『女暫』(月組)(1928年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 『姉と妹』(月組)(1929年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 『巷談日本妖怪選』(月組)(1929年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 『石馬寺の怪異』(月組)(1929年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『後の景清』(月組)(1929年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 『賣家』『朝比奈柱抜』『邯鄲』(月組)(1930年2月1日 - 2月28日、中劇場)
  • 『富士太鼓』『玉蟲祈願』(月組)(1930年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『パリゼット』(月組)(1930年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『とんだ間違ひ』(月組)(1930年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『中將姫』『奴道成寺』『セニョリータ』(月組)(1931年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『ミス・上海』(月組)(1931年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『世界の花嫁』(月組)(1931年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『筑紫管公』(月組)(1932年2月1日 - 2月29日、宝塚大劇場)
  • 『燈臺鬼』(月組)(1932年5月1日 - 5月15日、宝塚大劇場)
  • 『ブーケ・ダムール』(月組)(1932年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『ピストルを撃ったが』(月組)(1932年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『八犬傳』『ヴォルガの船唄』(月組)(1933年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『指輪の行方』『螢塚』(星組)(1933年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『リシュヤシュリンガ』(星組)(1933年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『ラ・シャット』『御旗の松』『ラッキー・エール』(星組)(1934年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『ウイナー・メーデル』(星組)(1934年3月1日 - 3月25日、宝塚大劇場)
  • 『冠と花嫁』『沈鐘』(星組)(1934年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『牡丹燈籠』『御神楽歌』『シェーネス・ベルリン』(星組)(1934年8月4日 - 8月19日、中劇場)
  • 『千日酒』(星組)(1934年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 『箱根唄』『マリアンカ』(星組)(1935年5月3日 - 5月12日、中劇場)
  • 『婚禮はお預け』(星組)(1935年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『新婚第一課』(星組)(1935年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 『呉柳子と村娘』(星組)(1936年1月1日 - 1月12日、中劇場)
  • 『柳娘』『春のをどり(お雛番付)』(星組)(1936年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『宝塚スター物語』丸尾長顕著、實業之日本社、1949年5月15日、78頁
  2. ^ 『歌劇』宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号、4頁
  3. ^ a b 『歌劇』宝塚少女歌劇団、1975年1月、592号、43頁
  4. ^ 『歌劇』宝塚少女歌劇団、1927年7月1日、88号
  5. ^ 少女歌劇における、史上初の断髪の男役は、1930年9月に断髪した水の江瀧子松竹少女歌劇部)である。門田はあくまで「宝塚初」
  6. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、7頁。