聖乃あすか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

聖乃 あすか(せいの あすか、1月19日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役スター。

神奈川県横浜市[1][2]市立庄戸中学校出身[1][2]。身長170cm[1]。愛称は「ほのか」、「あすか」[1][2]

来歴[編集]

2012年、宝塚音楽学校入学。

2014年、宝塚歌劇団に100期生として入団[3][4]。入団時の成績は10番[3]月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台[1]

2015年、組まわりを経て花組に配属[3]

2018年の「ポーの一族」で新人公演初主演[5][6][4]。その後も3度に渡って新人公演主演を務める[7][2]

2021年の「PRINCE OF ROSES」でバウホール公演初主演[5][8]。100期男役から初のバウホール主演者誕生となった[8][5]

2023年の「舞姫」で2度目のバウホール公演主演を務めることが発表された[9]

人物[編集]

小学2年から習い始めたダンスの講師が宝塚OGだった[4][2]

元花組トップスター・真飛聖に憧れて宝塚受験を決意[4]。経験値を増やそうとモデルの仕事もし、1回目の受験で音楽学校に合格した[4]

実妹は月組男役の水城あおいである[10]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

CM出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、27頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d e f g <華宝塚>内面の豊かさを大切に 聖乃あすか(花組) 東京新聞。
  3. ^ a b c d 『2014年 宝塚Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、80頁。ISBN 978-4-908135-34-7
  4. ^ a b c d e f g 新人公演で初主演「花組の男役に誇り」/聖乃あすか”. 日刊スポーツ (2017年12月28日). 2017年12月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e 聖乃あすか初主演作初日 100期生で一番乗り 日刊スポーツ。
  6. ^ a b c d フェアリーインタビュー”. ウィズたからづか (2019年9月1日). 2019年9月11日閲覧。
  7. ^ a b 宝塚花組・聖乃あすか 3度目の新人公演主演で「この景色を魔法の粉で止めることができれば」”. スポーツ報知 (2019年9月10日). 2019年9月11日閲覧。
  8. ^ a b c 宝塚花組・聖乃あすかの第100期生バウ初主演作が開幕「日々成長を」 スポーツ報知。
  9. ^ a b 宝塚歌劇花組「二人だけの戦場」上演決定、聖乃あすか主演のバウホール公演「舞姫」も ステージナタリー。
  10. ^ 『宝塚おとめ2019年度版/母娘・姉妹ジェンヌ一覧』宝塚クリエイティブアーツ、2019年、97頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  11. ^ 柚香光の道明寺司いよいよ登場!宝塚花組公演『花より男子』制作発表会見レポート”. 宝塚ジャーナル (2019年5月12日). 2019年9月11日閲覧。
  12. ^ 注目の宝塚男役5名が抜擢、CMで新たな「風」吹かせる デイリースポーツ。
  13. ^ 『2019年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、89頁。ISBN 978-4-86649-126-4

注釈[編集]

  1. ^ 6/26のみ特別出演。

外部リンク[編集]