聖乃あすか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖乃 あすか(せいの あすか、1月19日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役。

神奈川県横浜市[1]市立庄戸中学校出身[1]。身長170cm[1]。愛称は「ほのか」、「あすか」[1]

来歴[編集]

2012年4月、宝塚音楽学校入学。

2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団。入団時の成績は10番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台。

2015年2月、組廻りを経て花組に配属。

2018年1月、『ポーの一族』で、新人公演初主演。同年7月、『MESSIAH-異聞・天草四郎-』で、2度目の新人公演主演[2]

2019年8月、『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』で、3度目の新人公演主演(予定)。

人物[編集]

妹に月組男役の水城あおいがいる[3]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2014年3月~6月、月組『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

花組配属後[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、35頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  2. ^ a b 新人公演で初主演「花組の男役に誇り」/聖乃あすか”. 日刊スポーツ (2017年12月28日). 2017年12月28日閲覧。
  3. ^ 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ 2019年、97頁。 ISBN 978-4-86649-089-2
  1. ^ 6月26日14時公演のみ、特別出演。

外部リンク[編集]