宝塚歌劇団29期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宝塚歌劇団29期生(たからづかかげきだんにじゅうきゅうきせい)とは、1939年宝塚音楽舞踊学校に入学し、1941年もしくは1942年宝塚歌劇団に入団し、初舞台を踏んだ53人を指す[1]。1941年初舞台生の演目は月組公演『正行出陣』『大やまとの歌』、1942年は花組公演『ピノチオ』『風流陣』、雪組公演『軍艦旗征くところ』『戻り橋』のいずれかである[1]

概要[編集]

この期は女優の淡島千景、久慈あさみ、南悠子、故里明美(入団時は故里千秋)、占い師の泉アツノ(在団時は若梅昌子)、元雪組組長の睦千賀らが入団。

一覧[編集]

入団時の成績順にまとめている[2]。改名後の芸名の出典はすべて『宝塚歌劇100年史(人物編)』[1]

1941年初舞台[編集]

芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
淡島千景 あわしま ちかげ 2月24日 東京都 成蹊学園 百人一首 ケイちゃん
おケイちゃん
娘役 1950年 俳優
東城公子 とうじょう きみこ 1943年
松山緑 まつやま みどり 1945年
大津典子 おおつ のりこ 1944年 娘は津山典子
睦千世 むつみ ちよ 9月9日 兵庫県芦屋市 芦屋高等女学校 いつまでも
人の和を
保つように
サトちゃん 娘役 1985年 改名後・睦千賀(むつみ ちが)
在団中に渡辺武男の
郷土芸能シリーズ作品振付助手
1984年宝塚音楽学校日本舞踊講師
南郷かほる なんごう かおる 1944年
南悠子 みなみ ゆうこ 10月1日 東京都 東京高輪頌栄高等女学校 『詩経』 ユーコさん 男役 1971年 俳優
日本舞踊・
藤間勘右
京千鈴 きょう ちすず 1月6日 京都府 京都府立第一高等女学校 1944年 作家・新章文子
久慈あさみ くじ あさみ 5月2日 東京都中央区 麹町学園高等学校 ヨッタン 男役 1950年 俳優
桂木宮子 かつらぎ みやこ 1944年 改名後・桂木富三子(かつらぎ ふみこ)
櫻万紀子 さくら まきこ 1943年
鳴海潮 なるみ うしお 1月28日 大阪府 奈良女子高等師範学校附属高等女学校 姉が命名 サノやん 1970年
大和清美 やまと きよみ 1944年
雪路美晴 ゆきじ みはる 1947年
八洲陽子 やしま ようこ 1946年
小袖京子 こそで きょうこ 1945年
百合美子 ゆり よしこ 1953年

1942年初舞台[編集]

4月 花組公演『ピノチオ』『風流陣』
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
黒潮わたる くろしお わたる 1944年
若梅昌子 わかうめ まさこ 7月9日 大阪府大阪市中央区 1944年 占い師・泉アツノ
藤園子 ふじ そのこ 1944年
結城眞琴 ゆうき まこと 1946年
常盤木八千代 ときわぎ やちよ 12月14日 大阪府大阪市 相愛高等女学校 トダコ 1953年
波濤萬里子 はとう まりこ 1944年
濱路真砂子 はまじ まさこ 1945年
三幸福子 みゆき ふくこ 1947年
美園百合 みその ゆり 1946年
玉笛美千子 たまぶえ みちこ 1944年
花橘陵子 かきつ りょうこ 1944年
草間かほる くさま かほる 4月6日 京都府京都市 ナカボン 1957年 改名後・草間淑江(くさま よしえ)
夫は鶴岡一人
奥山けふ子 おくやま けふこ 1944年
飛鳥都 あすか みやこ 1947年
春山かすみ はるやま かすみ 1944年
白鳥歌子 しらとり うたこ 1947年
5月 雪組公演『軍艦旗征くところ』『戻り橋』
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
霧笛美加 きりぶえ みか 1944年
大東君子 だいとう きみこ 1943年 妹は打出妙子
笹乃おぶね ささの おぶね 1945年
名城香久子 なしろ かくこ 1945年
湖ひかる みずうみ ひかる 1944年
明美京子 あけみ きょうこ 1944年
青葉しげる あおば しげる 9月29日 大阪府茨木市 トモヤン 1958年 改名後・青葉多枝子(あおば たえこ)
甲斐はるみ かい はるみ 1944年 俳優・堀雄二夫人
息子は堀之紀堀秀行
楓かの子 かえで かのこ 1946年 1946年11月21日、在団中に逝去[1]
初花にほふ はつはな におふ 1946年
船津郁子 ふなつ いくこ 1947年
住江みちる すみのえ みちる 8月16日 兵庫県芦屋市 マトちゃん
みどりちゃん
1946年 歌手
大空千里 おおぞら ちさと 1944年
瑞鳥黎子 みずとり れいこ 1942年
故里千秋 ふるさと ちあき 11月20日 兵庫県神戸市 おやまちゃん 両役 1959年 俳優、鉄板焼「松朝」(兵庫県西宮市北口)経営
改名後・故里明美(ふるさと あけみ)
姪は孝まりお
高津宮子 たかつ みやこ マッちゃん 1949年
小乙女時雨 さおとめ しぐれ 1944年
三室幸子 みむろ さちこ 1945年
紀伊邦子 きい くにこ 1945年
白梅かほり しらうめ かほり 1944年

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0