万里柚美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

万里 柚美(まり ゆずみ、1月29日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する女役[1]。元星組組長[2][3]

大阪府東大阪市[1]大阪女子学園出身[1]。身長160cm[1]。愛称は「ユズミ」[1]

来歴[編集]

1982年、宝塚音楽学校入学。

1984年、宝塚歌劇団に70期生として入団[2]。入団時の成績は15番[4]雪組公演「風と共に去りぬ」で初舞台[1][2]。その後、星組に配属[2]

ダンスが得意な美人娘役として活躍し、2000年10月1日付で星組副組長に就任[5][2]

2012年2月6日付で星組組長に就任[6][2]

2020年9月21日付で専科へ異動となる[7][3]

人物[編集]

OGの万里弥生が芸名の名付け親[8]

小さな頃からバレエを習っており、「ベルサイユのばら」の第1次ブームがきっかけとなり、高校3年の時に宝塚を受験した[8]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

専科時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1990年10月、第31回『宝塚舞踊会』
  • 1990年12月、『朱里みさを大滝愛子合同レッスン発表会』
  • 1991年10月、第32回『宝塚舞踊会』
  • 1992年5月、'92TMP音楽祭『SONGS IN YOUR HEART』
  • 1994年5月、TMPスペシャル『夢まつり宝塚'94』
  • 1995年10月、第36回『宝塚舞踊会』
  • 1996年10月、第37回『宝塚舞踊会』
  • 1997年10月、第38回『宝塚舞踊会』
  • 1998年12月、『レビュースペシャル'98』
  • 1999年10月、第40回『宝塚舞踊会』
  • 1999年12月、『レビュースペシャル'99』
  • 2000年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2001年1月、逸翁デー・スペシャル『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2001年3月、『ベルサイユのばら2001』前夜祭
  • 2001年9月、『ベルサイユのばら メモランダム』
  • 2001年9月、『レビュー記念日』
  • 2004年10月、第45回『宝塚舞踊会』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年11月、『夢のメモランダム』
  • 2007年1月、『清く正しく美しく』
  • 2007年10月、第48回『宝塚舞踊会』
  • 2011年4月、『ノバ・ボサ・ノバ』前夜祭
  • 2014年10月、『演劇人祭 特別篇』(外部出演)

TV出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、10頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d e f 星組組長・万里柚美 70周年に入団…在団組長として新しいことにも挑戦 ZAKZAK。
  3. ^ a b c 東京宝塚劇場が7月31日から星組公演で再開 日刊スポーツ。
  4. ^ 100年史(人物) 2014, p. 96.
  5. ^ 『2000年宝塚 Stage Album』 阪急コーポレーション、2001年、81頁。ISBN 4-89485-049-4
  6. ^ 『2011年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2012年、85頁。ISBN 978-4-484-12505-3
  7. ^ 『2020年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2
  8. ^ a b OGの万里弥生が名付け親 産経新聞。
  9. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 333.
  10. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 335.

注釈[編集]

  1. ^ 5/2〜9のみ。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]