凛城きら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

凛城 きら(りんじょう きら、1月8日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役[1]

東京都八王子市[1][2]明星学苑中学校出身[1]。身長170cm[1]。愛称は「りんきら」、「れいか」[1]

来歴[編集]

2004年、宝塚音楽学校入学。

2006年、宝塚歌劇団に92期生として入団。入団時の成績は16番[3]宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台[1][2]。その後、雪組に配属[4]

2012年1月21日付で宙組へと組替え[5]

2021年9月27日付で専科へ異動となる[6][2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

雪組時代[編集]

宙組時代[編集]

専科時代[編集]

  • 2021年11 - 12月、宙組バロンの末裔』 - トーマス『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』(全国ツアー)
  • 2022年5月、月組『ブエノスアイレスの風』(日本青年館・ドラマシティ) - ロレンソ

出演イベント[編集]

  • 2007年1月、『清く正しく美しく』
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、14頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c 宝塚 宙組の凛城きらが専科へ異動 デイリースポーツ。
  3. ^ 100年史(人物) 2014, p. 118.
  4. ^ 『2006年 宝塚Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2007年、76頁。ISBN 978-4-484-07506-8
  5. ^ 『2011年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2012年、85頁。ISBN 978-4-484-12505-3
  6. ^ 宝塚歌劇団の凛城きらが専科へ組替え 松風輝は宙組副組長に 美風舞良は花組副組長に スポニチAnnex。

注釈[編集]

  1. ^ 真那春人とWキャスト。
  2. ^ 彩風咲奈・帆風成海と役替わり。
  3. ^ 11/8〜27は体調不良のため休演。代役は実羚淳が務めた。ショーには12/8から復帰。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]