彩吹真央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あやぶき まお
彩吹 真央
生年月日 (1973-06-09) 1973年6月9日(44歳)
出生地 日本の旗大阪府
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1994年 -
活動内容 1994年宝塚歌劇団入団
1995年雪組に配属
1998年花組に異動
2006年:雪組に異動
2007年AQUA5に参加
2010年:宝塚歌劇団退団、女優としての活動を開始。
公式サイト 所属事務所公式プロフィール
彩吹真央オフィシャルファンクラブPrecious
主な作品
宝塚歌劇団
1996年・2002年・2007年:「エリザベート
2006年:「ファントム
2007年:「シルバー・ローズ・クロニクル」
2008年:「カラマーゾフの兄弟
備考
宝塚歌劇団卒業生

彩吹 真央(あやぶき まお、1973年6月9日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組2番手スター。

大阪府出身。公称身長169cm。血液型O型。愛称は「ゆみこ」。グランアーツ所属。

略歴[編集]

母の影響で幼少の頃から宝塚歌劇に親しむ。小学校6年生の頃から通い始めた宝塚コドモアテネ汐美真帆悠真倫と親しくなる。高校卒業後、3回目の受験で宝塚音楽学校合格。[1]

1992年宝塚音楽学校入学。第80期生

1994年、宝塚歌劇団入団。花組『ブラック・ジャック 危険な賭け火の鳥』で初舞台。同期に千ほさち霧矢大夢朝澄けいら。

1995年、汐美真帆が所属していた雪組に配属。『浅茅が宿』の本公演にて、名もなき少年の武士役を演じ、演出家の酒井澄夫から直々に「小太郎」という役名を与えられる。

1998年、花組に組替え。2000年、『源氏物語 あさきゆめみし』で新人公演初主演。次の大劇場公演『ルートヴィヒII世』新人公演でも主演を務める。

2002年5月『琥珀色の雨にぬれて』東京公演では主人公の親友・ミシェルを演じる。8月『月の燈影』で蘭寿とむとともにバウホール初主演。この年、花組3番手となる。10月『エリザベート』ではルドルフ皇太子を演じる。

2004年、バウ・ミュージカル『NAKED CITY』でバウホール単独初主演を果たす。連日満員御礼となる[2]

同年12月17日瀬奈じゅん月組異動により、花組2番手に昇格する。

2006年6月『ファントム』キャリエール役、誠実な演技と歌唱力でうってつけの名演と評価される。[3]11月 同年12月2日付で、再び雪組へ組替。雪組男役2番手となる。

2007年5月『エリザベート』でオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ役を務める。初演雪組(1996年:黒天使・新人公演でシュテファンとエルマー)、花組(2002年:ルドルフ)に続いて、自身3度目のエリザベート出演を果たす。10月、『シルバー・ローズ・クロニクル』でドラマシティ日本青年館初主演を果たす。宝塚の男役には珍しい純粋なオタク青年を演じた。

同年夏、世界陸上大阪大会開会式にあわせて結成されたAQUA5のメンバーに選抜される。

2009年1月、彩吹真央ディナーショー『Love Letter』開催。

2010年4月25日、雪組東京宝塚劇場公演『ソルフェリーノの夜明け』−アンリー・デュナンの生涯−、『Carnevale(カルネヴァーレ) 睡夢(すいむ)』−水面に浮かぶ風景− の千秋楽をもち、当時の雪組副組長・未来優希、娘役2番手・大月さゆ、娘役・神麗華とともに宝塚歌劇団を退団。

同年7月、SHOW-ism『DRAMATICA/ROMANTICA』で舞台復帰を果たし、8月からグランアーツに所属。

人物・エピソード[編集]

  • 豊かな声量と滑舌の良いキリリとした舞台姿とは裏腹に、普段は非常にほんわかした優しい性格とえくぼが浮かぶニコニコした笑顔で、癒し系と称されることも多く、そのギャップが大きな魅力のひとつである。
  • 舞台とオフ姿のギャップから、宝塚在団中に発売された雪組特集本のランキングコーナーで、雪組組子の投票により「ギャップのある人NO.1」に選ばれた。
  • 気を許した仲間やファンの前では、はんなりとした関西弁でゆっくり喋るため、宝塚コドモアテネ時代から親交の深い樹里咲穂に「ゆみこ(彩吹の愛称)の周りにはゆっくりとした時間が流れている感じがする。川のせせらぎが見える癒し系」と表現され、本人も良く言われると認めていた。なお、樹里には宝塚専門チャンネル「スカイステージ」のトーク番組収録中に「そのテンションは眠くなる」と揶揄された事もあるらしいが、OA上ではカットされた。
  • ムック本『TAKARAZUKA REVUE2007』の中で「彩吹真央を動物に例えると?」との問いに、在団時の雪組トップだった水夏希が、人懐っこさと末っ子気質を感じる事を理由に「ゆみこは。種類は豆柴。」と回答。
  • 宝塚時代から、ふだんの言動を「可愛い」と形容される事が多く、下級生の緒月遠麻から「音で言うなら“コロンコロン”している」と言い表された事がある。また、彩那音は雑誌にて「“ゆみこさんの可愛い仕草ベスト3”をみんなで真似した事がある」と告白している。
  • スタイルが良く、2010年4月10日放送のTBS『関口宏の東京フレンドパークII 宝塚雪組貸切SP』内で、股下85cm(公称身長は169cm)であることが紹介された。
  • 写真が趣味で、CSの宝塚専門チャンネル「スカイステージ」や、個人の写真集、退団記念スペシャルブック『Departure』、宝塚グッズ専門店「キャトルレーヴ梅田」で行われたミニ写真展などにおいて、その腕前を披露していた。その写真好きは劇団内でも有名で、『宝塚GRAPH』の編集部から全国ツアールポなどの写真撮影を頼まれる事も多く、快く引き受けていた(通常そのようなルポは下級生が担当し、多忙な2番手スターが協力することは珍しかった)。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

第1次雪組時代[編集]

  • 1997年3月 - 7月『仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ』新人公演/アゾラン(本役:安蘭けい
  • 1997年5月 - 6月『嵐が丘』バウホール/ゲイル(案内役)
  • 1997年9月 - 11月『真夜中のゴースト/レ・シェルバン』ドースン 新人公演/スティーブ(本役:汐美真帆
  • 1997年12月 - 1998年2月『春櫻賦/LET'S JAZZ』板良敷賢忠 新人公演/秋月数馬(本役:香寿たつき
  • 1998年8月 - 9月『浅茅が宿/ラ・ヴィール』新人公演/時貞(本役:汐風幸
  • 1998年10月 汐風幸ディナーショー『King』

花組時代[編集]

  • 1999年1月 - 5月、『夜明けの序曲』新人公演/高浪定二郎(本役:匠ひびき
  • 1999年3月、バウホール公演『冬物語』秀之助
  • 1999年6月 - 7月、バウホール公演、『ロミオとジュリエット'99』マーキューシオ
  • 1999年8月 - 12月、『タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビュー'99』ニコラ 
新人公演/カール・フォン・ハートロー男爵(本役:匠ひびき)
同年7月 - 8月、東京1000days劇場では明石の上(本役:水夏希)  新人公演主演/光源氏(本役:愛華みれ
  • 2000年9月  バウホール公演「トム・ジョーンズの華麗なる冒険」ドーリング
  • 2000年11月 - 2001年3月『ルートヴィヒII世/Asian Sunrise』ジャーナリスト1など
新人公演主演/ルートヴィヒII世(本役:愛華みれ
  • 2001年7月 - 11月、『ミケランジェロ/VIVA!』アントニオ・フランツェーゼ
  • 2001年8月、愛華みれディナーショー『Felicita Arcobaleno』
  • 2001年12月、シアター・ドラマシティ公演『カナリア』ヴァンサン
  • 2002年3月 - 6月、『琥珀色の雨にぬれて/Cocktail』ピエール
  • 2002年4月、日生劇場公演『風と共に去りぬ』フランク
  • 2002年8月、バウホール・日本青年館公演『月の燈影』幸蔵 *バウ初主演(蘭寿とむとのダブル主演)
  • 2002年10月 - 2003年2月、『エリザベートルドルフ皇太子
  • 2003年3月 - 4月、シアター・ドラマシティ公演『不滅の棘』ハンス
  • 2003年5 - 9月、『野風の笛/レヴュー誕生』豊臣秀頼
  • 2003年7月、『宝塚巴里祭2003』(ディナーショー形式)   *蘭寿とむと共に、筆頭スターとして出演。
  • 2003年10月、バウホール・日本青年館公演『二都物語』チャールズ・ダーネイ
  • 2004年1月 - 5月、『天使の季節/アプローズTAKARAZUKA』 アベルタン
  • 2004年1月 - 5月、バウホール・日本青年館公演『NAKED CITY』ビリー・フォッグ *バウ単独初主演
  • 2004年8月 - 11月、『La Esperanza-いつか叶う-TAKARAZUKA舞夢!』 フアン
  • 2004年12月 - 2005年1月、シアター・ドラマシティ公演『天の鼓』帝
  • 2005年3月 - 7月、『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』クリフォード
  • 2005年11月 - 2006年2月、『落陽のパレルモASIAN WINDS!』ヴィットリオ・ファブリッツィオ・ロッシ・ディ・カヴァーレ
  • 2006年3月 - 4月、シアタードラマシティ公演『Appartement Cinéma』 レオナード
  • 2006年6月 - 10月、『ファントム』ジェラルド・キャリエール
  • 2006年11月 - 12月、全国ツアー『うたかたの恋/エンター・ザ・レビュー』ジャン・サルヴァドル大公

第2次雪組時代[編集]

ディナーショー[編集]

宝塚歌劇団時代の主な主演[編集]

新人公演主演作品[編集]

(計2回)

バウホール主演作品[編集]

  • 2002年『月の燈影』(蘭寿とむとのダブル主演)
  • 2004年『NAKED CITY』(単独初主演)

シアター・ドラマシティ、日本青年館主演作品[編集]

  • 2007年『シルバー・ローズ・クロニクル』(単独初主演)

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 2010年7月 ソングショー『SHOW-ism 「DRAMATICA/ROMANTICA」』(東京・シアタークリエ渋谷C.C.Lemonホール
  • 2010年10月 ブロードウェイ・ミュージカル『Pal Joey - パル・ジョーイ』(東京・青山劇場、大阪・シアターBRAVA!)グラディス役
  • 2010年12月 - 2011年1月 ブロードウェイ・ミュージカル『COCO』(東京・ル テアトル銀座、大阪・シアターBRAVA!、兵庫県立芸術文化センター 中ホール)ノエル役
  • 2011年4月 SHOW-ism II - Sketch with Body and Music -『Underground Parade』(東京・シアタークリエ)ニコ役
  • 2011年6月 SHOW-ism III 『DRAMATICA/ROMANTICA W』(東京・ステラボール
  • 2011年7月 ブロードウェイ・ミュージカル『ビクター・ビクトリア』(東京・ル テアトル銀座、大阪・森ノ宮ピロティホール)ノーマ役
  • 2011年11月 - 12月 アルゼンチンタンゴショー『ロコへのバラード』(東京・東京グローブ座、大阪・サンケイホールブリーゼ、金沢・北國新聞赤羽ホール)マリア役
  • 2012年1月 - 2月 ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』(東京・赤坂ACTシアター、大阪・森ノ宮ピロティホール)湖の貴婦人役
  • 2012年1月『華麗なるミュージカル音楽の世界 ガラコンサート2012 - ヘンリー・マンシーニ&ジュリー・アンドリュース - 』(東京国際フォーラム・ホールC)
  • 2012年4月 - 5月 ミュージカル『道化の瞳』(東京・シアタークリエ、愛知県芸術劇場、金沢歌劇座、大阪・サンケイホールブリーゼ)宮岸明子/チェリル(二役)
  • 2012年6月 - 7月 ミュージカル『サンセット大通り』(東京・赤坂ACTシアター、大阪・シアターBRAVA!)ベティー・シェーファー役
  • 2012年9月 アトリエ・ダンカンプロデュース 音楽×ダンス×朗読 観る朗読劇「100歳の少年と12通の手紙」(東京グローブ座)オスカー/ローズ役(二役)
  • 2012年10月 SHOW-ism V『DRAMATICA/ROMANTICA V』(東京・シアタークリエ、大阪・シアタードラマシティ、愛知・愛知県芸術劇場)
  • 2013年1月 ミュージカル『シラノ』 (東京・日生劇場) ロクサーヌ役(濱田めぐみとWキャスト) 
  • 2013年3月 ミュージカル『ウェディング・シンガー』 (東京・シアタークリエ、福岡・博多座、岩手県民会館) ホリー役 
  • 2013年8月 『タンブリング vol.4』(東京・赤坂ACTシアター、大阪・シアターBRAVA!)四季かなで役
  • 2013年8月 新感覚・音楽朗読劇『HYPNAGOGIA』(東京・シアタークリエ)夢の中の女役
  • 2013年9月-10月 タンゴミュージカル『ロコへのバラード』(再演)(東京グローブ座、大阪・サンケイホールブリーゼ)マリア役
  • 2013年12月-2014年1月 ミュージカル『モンテ・クリスト伯』(東京・日生劇場、大阪・梅田芸術劇場メインホール、愛知県芸術劇場 大ホール、福岡・キャナルシティ劇場)女海賊ルイザ役(濱田めぐみとWキャスト) 
  • 2014年3月-4月 ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』(東京・日生劇場)メグ・ジリー役(笹本玲奈とWキャスト) 
  • 2014年5月『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2014』(東京国際フォーラム ホールA)
  • 2014年6月-7月 ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(東京・シアタークリエ、愛知県芸術劇場 大ホール、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)ポーラ・アバグネイル役
  • 2014年8月-9月 DANCE LEGEND vol.2『Argentango〜BAD GIRLS meets TANGO BOYS〜』(東京芸術劇場 プレイハウス、大阪・シアタードラマシティ、愛知・名古屋市民会館中ホール)
  • 2014年10-11月 ミュージカル『道化の瞳』(再演)(東京・シアタークリエ、大阪・サンケイホールブリーゼ)宮岸明子/チェリル(二役)
  • 2015年2月 SHOW-ism VIII 『∞ ユイット』(東京・シアタークリエ)
  • 2015年6月 舞台『アドルフに告ぐ』(神奈川・KAAT神奈川芸術劇場、宮崎・メディキット県民文化センター演劇ホール、京都芸術劇場 春秋座)
  • 2015年8月-9月『End of the RAINBOW』(東京・DDD青山クロスシアター、大阪・サンケイホールブリーゼ)ジュディ・ガーランド役
  • 2015年10月『いまも輝く昭和のスタンダード・ソングス』(東京・文京シビックホール 大ホール)
  • 2016年1月『The Sparkling Voice -10人の貴公子たち-』(東京・シアタークリエ)
  • 2016年4月-5月 〜崩壊シリーズ〜『九条丸家の殺人事件』(東京・俳優座劇場、名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、大阪・シアターBRAVA!、福岡・イムズホール)里田 愛役
  • 2016年6月ミュージカル『キム・ジョンウク探し〜あなたの初恋探します〜』(東京・よみうり大手町ホール、大阪・サンケイホールブリーゼ)アン・リタ 役[4]
  • 2016年7月『End of the RAINBOW』(再演)(東京・俳優座劇場、大阪・サンケイホールブリーゼ、水戸・水戸芸術館ACM劇場)ジュディ・ガーランド役
  • 2016年11-12月 りゅーとぴあ発『オフェリアと影の一座』(新潟・新潟市民芸術芸術文化会館 劇場、東京芸術劇場 プレイハウス、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)影(王子)役[5]
  • 2016年12月『「HEROES」~グランアーツ LIVE 2016~』(東京・Bunkamuraオーチャードホール)
  • 2017年3月『The Sparkling VoiceⅡ -10人の貴公子たち-』(東京・シアタークリエ)
  • 2017年4、5月『リメンバーミー』(東京・俳優座劇場、大阪・松下IMPホール、名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、福岡・都久志会館、) 里田 愛 役
  • 2017年7、8月『イヌの仇討』(東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA、山形・川西町フレンドリープラザ、酒田市民会館 希望ホール)
  • 2017年8月、9月『Glorious! 』(東京・DDD青山クロスシアター、江東区文化センター ホール、金沢・北國新聞赤羽ホール、富山・富山県民会館ホール、大阪・サンケイホールブリーゼ、神奈川・杜のホールはしもと ホール)
  • 2017年12月「Cosmos Symphony『Pukul~プクル~』 ― 時を刻む鼓動 ―」(東京・日本青年館ホール、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
  • 2018年1月『シアタークリエ10周年記念コンサート「TENTH」』(東京・シアタークリエ)

テレビ[編集]

  • 2010年11月26日、宝塚プルミエール・水夏希スペシャル (WOWOW)ゲスト出演
  • 2011年1月 - 2012年5月(レギュラー出演)、アンコール!宝塚スターの小部屋(TAKARAZUKA SKY STAGE)ナビゲーター
  • 2016年1月11日、「ネプリーグ」ゲスト出演

ライブ[編集]

  • 2011年2月・3月、彩吹真央ファーストライブ『Y+9cm』(東京・STB139、大阪・ABCホール)
  • 2015年4月 彩吹真央LIVE2015「The woman Y」(東京・丸の内コットンクラブ)
  • 2017年11月 彩吹真央LIVE2017「Take the Y Train」(東京・丸の内コットンクラブ)

コンサート[編集]

  • 2013年4月、芸能生活20周年記念コンサート『80 seasons』(東京・Bunkamuraオーチャードホール、大阪:サンケイホールブリーゼ)
  • 2016年2月、MAO AYABUKI CONCERT『JUDY GARLAND SONG BOOK』(東京・Bunkamuraシアターコクーン、大阪:サンケイホールブリーゼ)
  • 2016年10月、四條畷学園創立90周年イベント『彩吹真央コンサート』(大阪・四條畷学園総合ホール5階)

その他[編集]

  • 2010年5月22日 『ECC presents bjリーグ 2009-2010 シーズン プレイオフ ファイナル4』ウェスタン・カンファレンス ファイナル 国歌独唱(有明コロシアム
  • 2010年11月13日 『COCO』Special Live (丸ビル1F マルキューブ特設ステージ)
  • 2011年3月9日 HAPPY SMILE PROJECT 『ハピスマコンサート』 ゲスト出演 (東京ヤクルトホール)
  • 2011年4月29日、「JURIのやっぱりGOGO5!?」DVD-BOX発売記念 プレミアムイベント
  • 2011年8月4日・5日「Haruno at the Grand  - ライブ、トーク&グルメ - 」ゲスト出演(横浜・ホテルニューグランド)
  • 2011年9月10日、「彩吹真央・トーク&ライブ」(東京會舘
  • 2012年5月22日、『SHOW-ism IV TATOO14』ゲスト出演 - Sky役(東京・SHIBUYA-AX)
  • 2014年12月7日、「彩吹真央トーク&スペシャルライブ」(東京會舘
  • 2015年7月11日、「ラスカ小田原開業10周年ガラ・コンサート」(小田原市民会館大ホール

DVD[編集]

  • Mao Ayabuki 80 seasons〜20th Anniversary Concert〜(2013年9月10日発売)

CD[編集]

  • 彩吹真央LIVE2015 CD「The woman Y」(2015年8月15日発売)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 波乱爆笑波瀾爆笑!?我が人生(阪急コミュニケーションズ、ISBN-10: 4484095181)
  2. ^ 彩吹真央、堂々のバウ初主演 花組バウホール公演「NAKED CITY」開幕スポニチ、2004年6月5日)
  3. ^ 内面重視の春野ファントム 花組ミュージカル、宝塚大劇場で開幕スポニチ、2006年6月24日)
  4. ^ “「キム・ジョンウク探し」村井良大がアピール「笑ってキュンキュンして」”. ステージナタリー. (2016年6月16日). http://natalie.mu/stage/news/191118 2016年6月17日閲覧。 
  5. ^ “プロンプターが“影”と芝居打つ「オフェリアと影の一座」主演は白石加代子”. ステージナタリー. (2016年9月13日). http://natalie.mu/stage/news/201671 2016年9月13日閲覧。 

外部リンク[編集]