一之瀬航季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一之瀬 航季(いちのせ こうき、3月15日[1][2] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役スター。

千葉県松戸市[1][3]県立柏中央高等学校出身[1][4]。身長173cm[1][3]。愛称は「はなこ」[1][4]

来歴[編集]

2012年、宝塚音楽学校入学。

2014年、宝塚歌劇団に100期生として入団[4][5]月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台[1][2]

2015年、組まわりを経て花組に配属[6][2][5]

2020年、柚香光華優希トップコンビ大劇場お披露目となる「はいからさんが通る」で、新人公演初主演予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大による公演スケジュールの変更のため、新人公演が休止となる[3][2][5][7][4]

2022年のバウ・ワークショップ「殉情」で、バウホール公演初主演を務めることが発表された[8]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2021年5月、華優希スペシャルライブ『華詩集』

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 亜蓮冬馬休演により、7/19〜東京公演千秋楽まで代役で出演。田崎重吉役は南音あきらが務めた。
  2. ^ 5/20〜27のみ特別出演。

外部リンク[編集]