山田右衛門作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 右衛門作(やまだ えもさく、天正3年(1575年)? - 明暦3年(1657年))は、江戸時代前期の人物。島原の乱において原城に立て篭もった一揆勢の中で唯一の生存者(諸説あり)として知られる。キリシタン。号は祐庵、古庵。

概要[編集]

ポルトガル人に絵を習い、お抱え南蛮絵師として有馬直純松倉重政松倉勝家に仕えていた。島原の乱が発生したときには口之津に庄屋として住んでおり、村人全員とともに城に立て篭もった。城内では天草四郎につぐ副将であり、本丸を守備。「天草四郎陣中旗」(天草切支丹館蔵、国の重要文化財)を描いたのも山田だという。

幕府軍との交渉のための矢文の文章の作成もしており、その役目を利用して幕府軍に内通した。内通が発覚して原城天草丸の有馬牢に入れられるも、間もなく落城。落城の際は幕府軍鍋島の者に斬られかけたが、矢文を見せて生き延びた。しかし、幕府軍の総攻撃直前に妻子は一揆勢に本丸枡形で斬られた。

乱後は江戸に連行され、幕府軍の取調べを受けた。その際の口上書(『山田右衛門作口書』)は、城内での様子を知る貴重な資料となっている。

その後はキリシタン目明しとして江戸で暮らしたという。一説では、再びキリシタンに立ち帰り、帰郷した後長崎で病死したとも、海外(東南アジア)に渡航した後に、現地で没したともいう。

出典[編集]

  • 『天草騒動』(1692年、田丸具房(常山)/著)
  • 『Q&A 天草四郎と島原の乱』(2008年、鶴田倉造/著)
  • 『天草キリシタン史』(1987年、北野典夫/著)
  • 『西海の乱・天草民衆運動史研究(上巻)』(1995年、倉田文史/著)
  • 『西海の乱・天草民衆運動史研究(下巻)』(1995年、倉田文史/著)