妃海風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひなみ ふう
妃海 風
生年月日 (1989-04-12) 1989年4月12日(33歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府吹田市
身長 164cm
血液型 B型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2015年:星組トップ娘役就任
2016年:宝塚歌劇団退団
2017年:芸能活動再開
配偶者 上口耕平
事務所 ジーアールプロモーション
公式サイト 妃海風オフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
南太平洋
ガイズ&ドールズ
舞台
千と千尋の神隠し
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

妃海 風(ひなみ ふう、1989年[1]4月12日[2] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団星組トップ娘役[3][2]

大阪府吹田市[4]北千里高等学校出身[4]。身長164cm[1]。血液型B型[2]。愛称は「ふーちゃん」、「セブ」[5]

所属事務所はジーアールプロモーション[3]

来歴[編集]

2007年、宝塚音楽学校入学[2]

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[6]。入団時の成績は5番[6]宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[6][7]。その後、星組に配属[6]

三拍子揃った実力派として注目を集め、2012年の「めぐり会いは再び 2nd」で新人公演初ヒロイン[8][4]

2013年の「南太平洋」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、専科理事の轟悠の相手役を務め、東上公演初ヒロイン[9][4]。同年の「日のあたる方へ」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、2度目の東上公演ヒロイン[9][10]

2014年の「眠らない男・ナポレオン」で2度目の新人公演ヒロイン[1][10]。同年の「アルカサル」でバウホール公演初ヒロイン[11]

2015年5月11日付で星組トップ娘役に就任[4][1]北翔海莉の相手役として、「ガイズ&ドールズ」でトップコンビ大劇場お披露目[1][7]

歌や演技に秀で、明るくキュートな娘役としてファンに愛されたが、2016年11月20日、「桜華に舞えロマンス!!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を北翔と同時退団[3][7]

退団後は舞台を中心に幅広く活動している[3][7]

2022に俳優の上口耕平と結婚したことを報告[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

星組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2011年7月、轟悠ディナーショー『Rendez-Vous〜今宵きみと〜』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』(コーラス)
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年10月、妃海風ミュージック・サロン『Princesa!!』 主演[1]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 妃海風 公式プロフィール ジーアールプロモーション。
  2. ^ a b c d e f g 上口耕平&元宝塚星組トップ娘役・妃海風 結婚、舞台共演きっかけに交際「感謝の気持ちを大切に」 スポーツ報知。
  3. ^ a b c d 妃海風、中谷美紀ら所属のジーアールプロモーションで女優として始動 「女スパイを演じてみたい」 サンスポ。
  4. ^ a b c d e f g h 妃海風 なぎなた振り回す役にワクワク スポニチAnnex。
  5. ^ 『宝塚おとめ 2016年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、113頁。ISBN 978-4-908135-67-5
  6. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 121.
  7. ^ a b c d e f g h 『江戸は燃えているか』妃海風にインタビュー!「1つのものをみんなで作り上げていく過程が好き」 ランランエンタメ。
  8. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 320.
  9. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 249.
  10. ^ a b c d e f 「眠らない男・ナポレオン」新人公演ヒロイン 星組・妃海風インタビュー スターファイル。
  11. ^ a b 星組バウ「アルカサル-王城-」華は大きな武器、少女漫画の世界を見事に再現 スターファイル。
  12. ^ ももクロの初ミュージカルが本日開幕、百田夏菜子「ギリギリまで詰めて素敵な作品に」 ステージナタリー。
  13. ^ 妃海風が宝塚歌劇団退団後初のミュージカル作品として出演する『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』への意気込みを語る メディアスパイス。
  14. ^ “屋良朝幸主演で贈る最高のミュージカルコメディ!『Gang Showman』9月・10月にシアタークリエで上演!”. 演劇キック (えんぶ). (2020年7月7日). http://enbu.co.jp/kangekiyoho/%e5%b1%8b%e8%89%af%e6%9c%9d%e5%b9%b8%e4%b8%bb%e6%bc%94%e3%81%a7%e8%b4%88%e3%82%8b%e6%9c%80%e9%ab%98%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3/ 2020年7月7日閲覧。 
  15. ^ 凰稀かなめ、妃海風ら初参加『CLUB SEVEN ZERO III』開幕!公開ゲネプロレポート エンタステージ。
  16. ^ 鈴木拡樹・三浦宏規の「リトル・ショップ~」再び、新キャストに阿部裕 ステージナタリー。
  17. ^ 舞台『千と千尋の神隠し』が開幕〜映画に最大限のリスペクトを払い、世界観を舞台上に再構築 メディアスパイス。
  18. ^ “実写版『ピノキオ』ゼペット役は江原正士 日本版声優に妃海風、吉原光夫、早見沙織が決定”. シネマトゥデイ. (2022年8月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0132040 2022年8月30日閲覧。 
  19. ^ 青木愛「体力・根性は負けない」"旅サラダガールズ"に5人が加入” (日本語). マイナビニュース (2018年4月4日). 2019年2月23日閲覧。
  20. ^ 『2013年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2014年、81頁。ISBN 978-4-484-14521-1
  21. ^ 『2015年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、85頁。ISBN 978-4-908135-68-2

注釈[編集]

  1. ^ a b 井上小百合とWキャスト。
  2. ^ 咲妃みゆとWキャスト。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]