テンプテーション! - 誘惑 -

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロマンチック・レビュー[1]テンプテーション! —誘惑—』(テンプテーション ゆうわく、:Temptation)は、宝塚歌劇団宙組[1]で上演されたレビュー作品。24場[1]

作・演出は岡田敬二[1]。作曲・編曲は吉崎憲治甲斐正人。 制作・著作は宝塚歌劇団。

併演作品は『白昼の稲妻[1]』。

概要[編集]

ロマンチック・レビュー第15弾になる作品は題名のとおり、誘惑をテーマに大人の愛の魅力を描いた。ポスター写真は篠山紀信が担当した。

公演期間と公演場所[編集]

場面[編集]

※配役は宝塚のもの。

序章[2]
幕が上がると、深い深いエデンの森が広がる。真っ赤なリンゴが実っているのが見える。上方より蛇の精が歌いながらブドウの蔓を伝って降りてくる。
  • セレモニーの歌手 - 水夏希
第一章[2] プロローグ
  • 音楽:吉崎憲治
  • 編曲:脇田稔
  • 振付:羽山紀代美
豊穣なエデンの園。人々はアダムの登場を待つ。
第二章[3] デュエット (You are my home)
淑女が切ない恋、抑えきれない情熱を歌う。やがて、紳士が登場。二人で「かけがえのない恋」について歌う。
  • 歌う紳士 - 和央ようか
  • 歌う淑女 - 花總まり
第三章[4] プロボガメ(挑発)
現代のラテン・ファッションを着た青年が魅惑的な娘について歌うと、一人の魅惑的な娘が挑発するように現れる。
  • ラテンラバー(フリオ) - 初風緑
  • ラテンフィーバー女(ペネロペ) - 大和悠河
第四章[4] ヒート・アップ
  • 音楽:甲斐正人
  • 振付:室町あかね
場所はフロリダ州のナイトクラブ。ラテンラバー達がヒート・アップした熱い歌と踊りを繰り広げられる。
  • リッキー - 和央ようか
  • ペネロペ - 大和悠河
  • ベルナルド - 水夏希
  • フリオ - 初風緑
  • グロリア - 彩乃かなみ
第五章[4] インドシナ
  • 音楽:吉崎憲治
  • 振付:羽山紀代美
ベトナムの朝。シクロに乗った一人の紳士・グェンが15年前の悲恋を想い出す。
  • グェン - 和央ようか
  • スー・リン(花嫁)、花売り娘 - 花總まり
  • 花婿 - 遼河はるひ
  • アオザイの娘A - 彩乃かなみ
第六章[4] パーフェクト・マン
ラップ風の曲で3人の青年が「自分こそ完全なプレイボーイ、パーフェクト・マン」だと歌う。
  • ジェームス - 初風緑
  • ローレンス - 水夏希
  • ウイリアム - 大和悠河
第七章[4] 熱愛のボレロ
  • 音楽:吉崎憲治
  • 編曲:脇田稔
  • 振付:羽山紀代美
一人の歌手が歌い、情熱的な踊りが繰り広げられる。
<間奏曲>[4] 誓い
  • 音楽:高橋城
  • 振付:大谷盛雄
情熱的に恋の"誓い"(フレメント)を歌う。
  • フレメント(歌う男):初風緑
第八章[4] ロケット
  • 音楽:高橋城
  • 振付:大谷盛雄
「TEMPTATION」の文字が輝く中での、ロケットダンス。
第九章[4] フィナーレ(1) テンプテーション
  • 音楽:吉崎憲治
  • 編曲:脇田稔
  • 振付:羽山紀代美
"テンプテーション"の曲にのって、燕尾服の男が大階段で踊る。
  • テンプテーションの歌手 - 和央ようか
  • 踊る淑女 - 花總まり
第十章[4] フィナーレ(2) パレード
  • 音楽:高橋城
  • 振付:御織ゆみ乃
黒い大階段。テーマ曲によるパレード。
  • フィナーレの紳士S1 - 和央ようか
  • フィナーレの淑女S1 - 花總まり
  • フィナーレの紳士S2 - 初風緑
  • フィナーレの紳士S3 - 水夏希
  • フィナーレの紳士S4 - 大和悠河
  • フィナーレの淑女S2 - 出雲綾
  • フィナーレの淑女S3 - 彩乃かなみ
  • フィナーレの淑女S4 - 美羽あさひ
  • フィナーレの紳士A - 遼河はるひ、悠未ひろ

出演[編集]

  • 和央ようか
  • 花總まり
  • 初風緑(専科所属)
  • 安蘭けい(星組所属)※東京公演のみ
  • 水夏希
  • 大和悠河
  • 遼河はるひ
  • 彩乃かなみ

他、宝塚歌劇団宙組生徒。

スタッフ[編集]

宝塚大劇場公演のデータ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 100年史(舞台) 2014, p. 186.
  2. ^ a b 岡田レビュー 2009, p. 177.
  3. ^ 岡田レビュー 2009, pp. 176-177.
  4. ^ a b c d e f g h i 岡田レビュー 2009, p. 176.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 90年史 2004, p. 164.
  6. ^ a b c d e f g h 100年史(人物) 2014, p. 210.
  7. ^ a b c d e f g h i j 100年史(人物) 2014, p. 211.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]