秋園美緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あきその みお
秋園 美緒
生年月日 (1973-08-14) 1973年8月14日(45歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
血液型 AB
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 1993年 -
活動内容 1993年宝塚歌劇団入団
1994年星組に配属
2003年:宝塚歌劇団退団、以降女優・歌手として活躍。
事務所 ジェイ・クリップ
主な作品
舞台
ガラスの風景/バビロン -浮遊する摩天楼-』(2003年)
備考
身長:162cm

秋園 美緒(あきその みお、1973年8月14日 - )は、歌手舞台俳優大阪府出身[1]。元宝塚歌劇団星組娘役。79期生。身長162cm。愛称はそんちゃんジェイ・クリップ所属。祖母は元宝塚歌劇団娘役スターの紅千鶴、伯母は元宝塚の谷ちづると元宝塚の千春京子。いとこは元宝塚星組娘役スターの万理沙ひとみ。特技はバイオリンと歌。

来歴[編集]

1991年79期生として宝塚音楽学校に入学。

1993年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は40人中6番[2]。月組『グランドホテルBROADWAY BOYS』で初舞台を踏み、1994年1月7日[2]に星組に配属。

同期生には、元雪組トップスターの水夏希、元花組トップ娘役の大鳥れい、元月組組長の越乃リュウ、元雪組副組長の未来優希などがいる。

1995年4月、『国境のない地図』の新人公演にて初ヒロインに抜擢される。

1996年、すみれ賞(愛宝会が認定する入団3年目の娘役最優秀賞)を受賞する。

1997年9月、『Elegy 哀歌』にてバウホール公演初ヒロインに抜擢される。麻路さき稔幸のトップ時代には娘役2番手として活躍した。

2000年6月、ベルリン公演メンバーに選抜され、エトワールに抜擢される。

2003年3月23日[2]、『ガラスの風景バビロン -浮遊する摩天楼-』の東京宝塚劇場千秋楽をもち宝塚歌劇団を退団。

退団後は、ミュージカル作品を中心に舞台女優として活動する一方、ライブ活動も行っている。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

舞台[編集]

  • エリザベート
    • (2004年)
    • (2015年・2016年) - リヒテンシュタイン 役 
  • モーツァルト!』(2005年、2008年、2010年、2014年、2018年)
  • 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』(2006年、2009年)
  • 『ペテン師と詐欺師』(2006年)
  • 『スウィニー・トッド』(2006年)
  • ジキル&ハイド』(2007年)
  • 『トゥーランドット』(2008年)
  • 『ウーマン・イン・ホワイト』(2010年)
  • 『ザ・ミュージックマン』(2010年)
  • 『ホンク! ~みにくいアヒルの子~』(2010年)
  • 『Migwetch』(2011年)
  • 『DANCIN' CRAZY2』(2012年)
  • 『エリザベート スペシャルガラコンサート』(2012年)
  • シラノ』(2013年)
  • エニシング・ゴーズ』(2013年)
  • スクルージ』(2013年)
  • ラブ・ネバー・ダイ』(2014年)
  • ロミオ&ジュリエット』(2017年) - モンタギュー夫人 役
  • レディ・ベス』(2017年)
  • 『ミュージカル『黒執事』 -Tango on the Campania-』(2017年) - フランシス・ミッドフォード 役

コンサート・ライブ[編集]

  • 『エリザベート・ガラコンサート』(2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、19頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、105頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]

外部リンク[編集]