花吹雪恋吹雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バウ・エンターテイメント[1]花吹雪 恋吹雪』(はなふぶき こいふぶき)は、2000年10月 - 11月に上演された宝塚歌劇星組[1]の舞台作品。2幕[1]

概要[編集]

作・演出は齋藤吉正[1]で、主演は元宝塚歌劇団星組の安蘭けい雪組から組替えで星組に異動して最初の主演作となった。

物語は石川五右衛門(安蘭けい)が幼少期に忍びの里に預けられてから釜ゆでの刑になるまでを描く。

忍びを抜け逃亡する生活を続ける文吾が石川五右衛門になる経緯や、後に妻となる初音(秋園美緒)との恋模様、そして彼を執拗に追う忍者・霧隠才蔵夢輝のあ)との激しい立ち回り、初音との間の娘であるモニカ(秋園美緒・2役)の姿などを描き、五右衛門の波乱万丈の人生を宝塚歌劇風に描いた作品となっている。

エピソード[編集]

花吹雪 恋吹雪の主題歌は安蘭けいが宝塚歌劇団を退団する際のサヨナラショーの一曲目にも使われた[2]

公演日程[編集]

スタッフ[編集]

出演者一覧[編集]

主な配役[編集]

  • 石川五右衛門(文吾):安蘭けい
  • 初音、笛(モニカ):秋園美緒
  • 霧隠才蔵:夢輝のあ[1]
  • 石田佐吉(三成):真飛聖
  • 杉谷善次:英真なおき[1]
  • 納屋助左衛門:水瀬あお[1]
  • 羽柴秀吉:大洋あゆ夢
  • ねね、楯岡ノ道順:しのぶ紫
  • 又木:雪路歌帆
  • 勝:美稀千種
  • 仁兵衛:拓麻早希
  • 梢:琴まりえ
  • しま:光あけみ
  • 桔梗:原美笛
  • 熊若:柚希礼音
  • 茶々:映美くらら[1]
  • 赤影:毬丘智美
  • 青影:毬乃ゆい
  • 白影:千琴ひめか
  • 文吾(幼少):銀河亜未
  • 初音(幼少):陽月華

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6


外部リンク[編集]