ネオ・ダンディズム! - 男の美学 -

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロマンチック・レビュー[1][2][3]ネオ・ダンディズム! - 男の美学 -』 (ネオ・ダンディズム おとこのびがく。Neo Dandyism) は2006年宝塚歌劇団星組[1]によって初演されたレビュー作品。

作・演出は岡田敬二[1][2][3]。 制作・著作は宝塚歌劇団。

概要[編集]

このレビューはロマンチック・レビュー第18弾で1995年に上演された『ダンディズム!』(真矢みき主演)の続編である。この作品で星組男役トップスターの湖月わたるが退団し、その相手役のトップ娘役白羽ゆりの星組時代最後の作品となった。

公演データ[編集]

2006年・星組『ネオ・ダンディズム!
24場[1]
併演作品は『愛するには短すぎる[1]』。
2007年・星組『ネオ・ダンディズム!II[2]
  • 8月1日(水) - 8月23日(木) 博多座[2]
併演作品は『シークレット・ハンター』 -この世で、俺に盗めぬものはない-[2]
2008年・星組『ネオ・ダンディズム!III[3]
  • 11月8日(土) - 12月7日(日) 全国ツアー[3]
併演作品は『外伝ベルサイユのばら』 -ベルナール編-[3]

全国ツアーの公演場所[編集]

場面(2006年のデータ)[編集]

第一章[4] オープニング
大階段に大勢の中国様式の男達が立っていて、踊り始める。さらにアオザイ風の衣装を着たレッド・ロータスが加わる。
第二章[4] ネオ・ダンディズム
  • 音楽:吉崎憲治
  • 振付:羽山紀代美
カサノヴァ風の男がネオ・ダンディズムとは、と歌う。
  • 序詞師 - 安蘭けい
  • ネオ・ダンディズム - 湖月わたる
  • バラの乙女S - 白羽ゆり
  • ダンディS - 安蘭けい、立樹遥涼紫央柚希礼音
間奏曲(一)[4] ダンディズムとは
  • 音楽:吉崎憲治
  • 振付:羽山紀代美
イギリス紳士と4人のヤング・ジェントルマンが"ダンディズム"について歌う。
第三章[5] アディオス・パンパミーア
  • 音楽:吉崎憲治
  • 振付:羽山紀代美
アルゼンチンの大草原を舞台に、ガウチョ(カウボーイ)達の恋のやり取りをする場面。
  • アルフォンゾ - 湖月わたる
  • ビクトリア - 安蘭けい
  • ロベルト - 柚希礼音
  • マルガリーテ - 陽月華
  • カチート - 琴まりえ
  • クリスティーナ - 蒼乃夕妃
間奏曲(二)[6] You and the night and the music
「You and the night and the music」の曲でヤングガイが歌う。
  • ヤングガイ - 立樹遥、涼紫央、大真みらん、綺華れい、和涼華、麻尋しゅん
第四章[6] キャリオカ
  • 音楽:甲斐正人
  • 振付:御織ゆみ乃
ピラミッド型の階段。"キャリオカ"の曲にのって踊る。ベルリン公演でのリバイバル・シーン。
  • キャリオカの男S1 - 湖月わたる
  • キャリオカの男S2 - 安蘭けい
  • キャリオカの男S3 - 柚希礼音
  • キャリオカの男A - 立樹遥、涼紫央、大真みらん、綺華れい、和涼華、麻尋しゅん
  • キャリオカの女S1 - 白羽ゆり
  • キャリオカの女S2 - 琴まりえ
  • キャリオカの女S3 - 陽月華
間奏曲(三)[6] 恋する男はドン・キホーテ
二人のダンディとキュートな8人の美女が恋の鞘当をする。
第五章[6] 惜別 -オマージュ-
20世紀初頭のフランスの詩人、ジャン・コクトーと友人達の交流から構想を得た場面。一人の指導的な青年(ポラリス)と友人達の美しい友情と別れを歌と踊りでみせる。
  • ポラリス - 湖月わたる
  • 友(女)S - 白羽ゆり
  • 友(男)S - 安蘭けい
第六章[6] エレガント・ロケット
  • 音楽:高橋城
  • 振付:室町あかね
ロケットダンスのシーン。
第七章[6] All by myself
  • 音楽:高橋城
  • 振付:室町あかね
大階段の中央で、"All by self"を一人の青年が歌い、やがて4人の若者が加わる。
  • 歌う青年 - 安蘭けい
  • カルテット - 高央りお、大真みらん、和涼華、麻尋しゅん
第八章[6] Super Duet
  • 音楽:高橋城
  • 振付:御織ゆみ乃
"真情真美"の曲にのせて愛の歌手がデュエットを歌い踊る。
  • 愛の歌手(男) - 湖月わたる
  • 愛の歌手(女) - 白羽ゆり
第九章[6] フィナーレ
  • 音楽:高橋城
  • 振付:御織ゆみ乃
パレードのシーン。
  • フィナーレの紳士S - 湖月わたる
  • フィナーレの淑女S - 白羽ゆり
  • フィナーレの紳士A - 安蘭けい、立樹遥、涼紫央、柚希礼音
  • フィナーレの淑女A - 琴まりえ、陽月華
  • エトワール - 音花ゆり

出演[編集]

2006年
  • 湖月わたる
  • 白羽ゆり
  • 安蘭けい
  • 立樹遥
  • 涼紫央
  • 柚希礼音

他、宝塚歌劇団星組生徒

2007年
  • 安蘭けい
  • 遠野あすか
  • 立樹遥
  • 涼紫央

他、宝塚歌劇団星組選抜生徒

2008年
  • 安蘭けい
  • 遠野あすか
  • 立樹遥
  • 涼紫央

他、宝塚歌劇団星組選抜生徒

スタッフ[編集]

宝塚大劇場公演のデータ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 100年史(舞台) 2014, p. 191.
  2. ^ a b c d e 2007年案内(宝塚歌劇・公式) 2017年3月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e 2008年案内(宝塚歌劇・公式) 2017年3月13日閲覧。
  4. ^ a b c 岡田レビュー 2009, p. 181.
  5. ^ 岡田レビュー 2009, pp. 180-181.
  6. ^ a b c d e f g h 岡田レビュー 2009, p. 180.
  7. ^ a b c d e f g h 100年史(人物) 2014, p. 212.
  8. ^ a b c d e f g h i j 100年史(人物) 2014, p. 213.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

2006年
2007年
2008年