華美ゆうか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

華美 ゆうか(はなみ ゆうか、7月26日 - )は元宝塚歌劇団星組の娘役。

東京都大田区東洋英和女学院高等部出身。身長162cm。宝塚歌劇団時代の愛称はみー

略歴[編集]

同期生に、陽月華(元宙組トップ娘役)、凰稀かなめ(元宙組トップスター)、和涼華城咲あいらがいる。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 2001年6月、『イーハトーヴ 夢』(バウ・東京特別)宮澤シゲ
  • 2002年4月、『プラハの春』エレオノーラ、新人公演:ゼリンカ(本役:仙堂花歩)/『LUCKY STAR』
  • 2002年9月、『蝶・恋(ディエ・リエン)』/『サザンクロス・レビュー』(中国公演)
  • 2002年11月、『ガラスの風景』新人公演:ピア(本役:陽月華)/『バビロン~浮遊する摩天楼~』
  • 2003年1月、『恋天狗』天狗/『おーい春風さん』まさ(バウワークショップ)
  • 2003年12月、『巌流 -散りゆきし花の舞-』(ドラマシティ・東京特別)阿国
  • 2004年2月、『1914/愛』ニニ、新人公演:クロディーヌ(本役:陽月華)/『タカラヅカ絢爛』
  • 2004年7月、『花のいそぎ』(バウ・東京特別)福貢
  • 2004年10月、『花舞う長安 -玄宗楊貴妃-』新人公演:韓国夫人(本役:しのぶ紫)/『ロマンチカ宝塚 04 -ドルチェ・ヴィータ!-』
  • 2005年2月、『それでも船はゆく』(バウ)リンダ・ボーモン
  • 2005年5月、『長崎しぐれ坂』新人公演:玉蘭(本役:朝峰ひかり)/『ソウル・オブ・シバ!!』
  • 2005年9月、『ベルサイユのばら』/『ソウル・オブ・シバ!!』(韓国公演)
  • 2006年1月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』侍女、新人公演:マリア・テレジア(本役:邦なつき
  • 2006年4月、涼紫央ディナーショー『I’Avenir』
  • 2006年5月、『Young Bloods!! -Twinkle Twinkle STAR-』(バウワークショップ)ミーシャ
  • 2006年8月、『愛するには短すぎる』スーザン、新人公演:キャサリン・リバートン(本役:しのぶ紫)/『ネオ・ダンディズム! -男の美学-』
  • 2006年12月、『ヘイズ・コード』(バウ・東京特別)ソフィ・スケルトン
  • 2007年9月、『Kean』(日生)エイミー
  • 2007年11月、『エル・アルコン-鷹-』イネス/『レビュー・オルキス』
  • 2008年3月、『赤と黒』(シアタードラマシティ・東京特別・名古屋特別)フェルバック元帥夫人
  • 2008年6月、『THE SCARLET PIMPERNEL』アン
  • 2008年11月、『ブエノスアイレスの風』(東京特別・バウ)イザベラの姉
  • 2009年6月、『太王四神記 Ver.Ⅱ -新たなる王の旅立ち-』セーム *退団公演

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、112頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]