鈴木圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 圭(すずき けい、1974年 - )は、宝塚歌劇団所属の演出家

略歴[編集]

  • 東京都生まれ。玉川大学文学部芸術学科を卒業後、 1998年に宝塚歌劇団に演出助手として入団。
  • 2003年、バウホール公演『里見八犬伝』で演出家デビュー。
デビュー作の『里見八犬伝』で原作を宝塚版としてうまくアレンジして魅せ、確かな演出力をみせた。
  • 2004年の『ファントム』新人公演で、本公演とは異なった作品解釈で物語世界を演出。同年『青い鳥を捜して』の新人公演でも、作品を軽妙なコメディとして再構成した。
  • 2009年、ゲームソフト『逆転裁判』を題材にした同名の作品の脚本・演出を手掛ける。
2月に第1作『逆転裁判-蘇る真実-』を上演後、8月には続編となる第2作『逆転裁判2-蘇る真実、再び…-』を上演した。
スクリーンを使った演出や宝塚のラブロマンスの要素を織り込むなど、ゲームの世界観を損なうことのない、オリジナル舞台作品として、ゲーム関係者からも好評を得た。[1]
  • 2011年、『愛のプレリュード』で宝塚大劇場デビュー。この作品で、花組トップスターの真飛聖が退団し、劇団史上初の芝居で大劇場デビュー作にてトップ退団公演を担当した(ショーでは藤井大介姿月あさと退団公演でデビュー)。

宝塚歌劇団での作品[編集]

脚本・演出[編集]

  • バウ・ロマン『里見八犬伝』(2003年、宙組・宝塚バウホール、日本青年館)
  • バウ・ミュージカル『THE SECOND LIFE』(2007年、宙組・宝塚バウホール)
  • バウ・ロマン『逆転裁判-蘇る真実-』(2009年、宙組・宝塚バウホール、日本青年館)
  • バウ・ロマン『逆転裁判2-蘇る真実、再び…-』(2009年、宙組・宝塚バウホール、赤坂ACTシアター)
  • バウ・ライブパフォーマンス『摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー)-君に歌う愛-』(2010年、星組・宝塚バウホール)
  • ミュージカル・ロマン『愛のプレリュード』(2011年、花組)
  • バウ・ワークショップ『灼熱の彼方 〜「オデュセウス編」と「コモドゥス編」〜』(2011年、雪組・宝塚バウホール)
  • バウ・ロマン『天使のはしご』(2012年、星組・日本青年館、宝塚バウホール)
  • ミュージカル・ロマン『逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース』(2013年、宙組・シアタードラマシティ、日本青年館)
  • 戦国BASARA』(2013年、花組・東急シアターオーブ
  • バウ・戦国ロマン『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』(2017年、星組・宝塚バウホール) 

演出のみ[編集]

  • バウ・ワークショップ『恋天狗』(2003年、星組・宝塚バウホール)
  • 宝塚グランドロマン『ベルサイユのばら - オスカルとアンドレ編 - 』(2013年、月組)
  • 宝塚グランドロマン『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』(2013年、雪組)

新人公演の演出[編集]

演出助手[編集]

( )内は演出家

宝塚歌劇団以外の作品[編集]

  • 城咲あいディナーショー「I2(アイ・スクエア)」構成・演出(2010年3月28日)

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇団『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』ISBN 4484046016

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]