宝塚歌劇団1期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宝塚歌劇団1期生(たからづかかげきだん-きせい)は阪急電鉄の創始者小林一三1913年7月に結成した寶塚唱歌隊が前身で、初舞台の公演演目は、高峰妙子雲井浪子外山咲子雄島艶子八十島楫子由良道子関守須磨子らは1914年第1回記念公演『ドンブラコ』で、若菜君子1915年春季公演の『雛祭』[1]である。

概要[編集]

この時の『ドンブラコ』で桃太郎役を演じたのは高峰妙子で、役は雲井浪子だった。

一覧[編集]

芸名[2] 読み仮名 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[2] 備考
秋田衣子 あきた きぬこ 百人一首 不明
大江文子 おおえ ふみこ 2月20日 大阪府大阪市 百人一首 両役 1921年
逢坂關子 おおさか せきこ 8月2日 大阪府 百人一首 娘役 1929年
小倉みゆき おぐら みゆき 2月20日 鹿児島県 百人一首 男役 1919年
雄嶋艶子 おじま つやこ 百人一首 不明
雲井浪子 くもい なみこ 7月23日 兵庫県洲本市 湊山尋常・高等小学校 百人一首 娘役 1919年 姉は八十島楫子・妹は緒島なほ子[3]
坪内士行夫人
娘は女優・坪内ミキ子
義理の叔父が坪内逍遥
關守須磨子 せきもり すまこ 百人一首 不明
高峰妙子 たかみね たえこ 5月6日 福井県 百人一首 アッサン 男役 1927年 妹は大山郁子
男役スター第1号
筑波峯子 つくば みねこ 4月7日 岡山県 百人一首 1927年
外山咲子 とやま さきこ 百人一首 不明
松浦もしほ まつうら もしほ 百人一首 不明
三室錦子 みむろ きんこ 百人一首 1917年
三好小夜子 みよし さよこ 9月23日 大阪府 百人一首 男役 1920年
八十島揖子 やそしま かじこ 百人一首 1917年 妹は雲井浪子・緒島なほ子[3]
由良道子 ゆら みちこ 10月14日 大阪府 百人一首 男役 1918年 在団中に逝去
若菜君子 わかな きみこ 百人一首 不明

脚注[編集]

  1. ^ 『寳塚歌劇少女の生活』河原蓬著、育文館書店、1922年11月25日
  2. ^ a b 『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団2004年4月1日、238頁。 
  3. ^ a b 橋本雅夫 『夢を描いて 華やかに 宝塚歌劇80年史』 宝塚歌劇団1994年9月9日、196頁。