由良道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

由良 道子(ゆら みちこ、本名:細見よね、1901年明治34年10月14日[1] - 1918年大正7年8月17日[1])は元宝塚少女歌劇団男役スター。宝塚歌劇団1期生。同期生に大江文子小倉みゆき雲井浪子高峰妙子や初代若菜君子らがいる。大阪府出身[1]

この芸名は小倉百人一首の第46番:曽禰好忠の「由良の門を 渡る舟人 舵を絕え 行方も知らぬ 戀の哉(ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ ゆくへもしらぬ こひのみちかな)」より、宝塚歌劇団創設者の小林一三によって命名された。

略歴・エピソード[編集]

1913年7月、宝塚唱歌隊(この年の12月に宝塚少女歌劇団養成会に改称、現・宝塚音楽学校)に11歳で入隊。

1914年4月 - 5月、宝塚少女歌劇(現・宝塚歌劇団)の初公演である『ドンブラコ』でを演じた。当時12歳であった。

日舞の名手でもあり、男役を得意としていた[2]

在団中に病に倒れ、1918年8月17日に現役の劇団員のまま満16歳で死去した。宝塚歌劇団1期生そして宝塚歌劇団生徒として、最初の物故者である。また、記録に残っている宝塚歌劇団生徒の中では、最も短命だった人物でもある。

宝塚少女歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 『ドンブラコ』- 役、『浮れ達摩』『胡蝶』(1914年4月1日 - 5月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『雛祭』(1915年3月21日 - 5月23日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『三人獵師』(1915年10月20日 - 11月31日[要検証 ]、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『櫻大名』(1916年3月19日 - 5月21日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 松風村雨』(1916年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『笑の國』(1917年1月1日 - 1月10日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『爲朝』『藤あやめ』(1917年3月20日 - 5月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『桃色鸚鵡』『女曾我』(1917年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『歌劇と歌劇俳優』藤波楽斎著、文星社、1919年、P96
  2. ^ 宝塚歌劇歴史年表・定着期(大正後期)大正7年