植田景子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

植田 景子(うえだ けいこ、1966年2月24日 - )は、奈良県大和郡山市出身[1]演出家宝塚歌劇団初の女性演出家となった。

繊細で幻想的な作風が特徴[1]。元宝塚歌劇団理事長の植田紳爾と同姓であるが、血縁関係などはない。

経歴[編集]

10歳の時に『ベルサイユのばら』をテレビで観たのがきっかけで、宝塚歌劇団のファンとなった[2]。中学生から高校生の頃は公演ごとに宝塚大劇場に通い、高校では演劇部部長として忠臣蔵ミュージカルなどを上演した[1]

神戸女学院大学文学部在学中に演出家になる事を決意し、4年生だった1987年秋に歌劇団の演出家募集に応募した[2]脚本は合格したが、面接では結婚や公演前の徹夜などについてネガティブな質問が多く不合格となった[2]。その後、東京に出て演出家・篠崎光正のもとで3年間学び[3]ニューヨークロンドンにも留学した[2]。この間も受験を繰り返し、1993年に5回目の受験でついに合格し、同歌劇団初の女性演出助手となった[1]

1998年宝塚バウホールの『Icarus』で演出家デビュー[1]2000年には『―夢と孤独の果てに―ルードヴィヒII世』で大劇場デビューを果たした。2003年9月から1年間、文化庁芸術家海外留学制度でロンドンとハンブルクに演劇留学し、帰国後には初の外部仕事も経験した。2010年5月に、半生や作品エピソードを書いたエッセイ『Can you Dream? -夢を生きる-』を発売した。

主な舞台作品[編集]

大劇場公演[編集]

  • 宝塚ミュージカルロマン『―夢と孤独の果てに―ルードヴィヒII世』(1999年、花組
  • ニュー・ミュージカル『シニョール ドン・ファン』(2003年、月組
  • 宝塚ミュージカル・ロマン『落陽のパレルモ』(2005、花組)
  • Musical『堕天使の涙』(2006年、雪組
  • Musical entertainment 『Paradise Prince』(2008年、宙組
  • Musical『My dear New Orleans-愛する我が街-』(2009年、星組
  • Musical『ハプスブルクの宝剣-魂に宿る光-』(2010年、星組)
  • Musical『クラシコ・イタリアーノ -最高の男の仕立て方-』(2011年、宙組) 
  • Musical『愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-』(2013年、花組)
  • Musical『The Lost Glory - 美しき幻影 -』(2014年、星組)  
  • Musical『舞音 -MANON-』(2015年、月組)
  • Musical『A Fairy Tale —青い薔薇の精—』(2019年、花組)

バウホール公演他[編集]

劇場名が無記載は宝塚バウホール公演。

  • バウ・ポエジー『Icarus―追憶の薔薇を求めて―』(1998年・1999年、雪組
  • バウ・エンターテイメント『シンデレラ・ロック』(1998年、月組
  • バウ・トラジェディー『ロミオとジュリエット'99』(1999年、花組
  • バウ・クラシカルロマン『アンナ・カレーニナ』(2001年・雪組、2008年・星組[4]
  • バウ・ミュージカルプレイ『エイジ・オブ・イノセンス―美徳の微笑―』(2002年、宙組
  • Musical『THE LAST PARTY~S.Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』(2004年・2006年、宙組)
  • Musical『THE LAST PARTY~S.Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』(2004年・2006年、月組)
  • ミュージカル『Le Petit Jardin―幸せの庭―』(2005年、宙組)
  • Musical『舞姫-MAIHIME-~森鷗外原作「舞姫」より~』(2007・2008年、花組)
  • Musical『HOLLYWOOD LOVER』(2007-2008年、月組)
  • ミュージカル『オネーギンEvgeny Onegin -あるダンディの肖像-』(2010年、雪組)
  • 上方絵草紙『近松・恋の道行』(2012年、花組) 
  • Musical『ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-』(2012年、星組)
  • Musical『双頭の鷲』(2016年、宙組、KAAT神奈川芸術劇場)
  • Musical『ハンナのお花屋さんーHanna’s Florist—』(2017年、花組、TBS赤坂ACTシアター)
  • Musical『THE LAST PARTY~S.Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』(2018年、月組、日本青年館・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)

ディナーショー[編集]

  • 大和悠河ディナーショー『Gracious Pink』(2009年)

宝塚歌劇団での仕事[編集]

演出のみ[編集]

新人公演の演出[編集]

演出助手[編集]

宝塚歌劇団以外での舞台作品[編集]

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇団『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』ISBN 4484046016

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 読売新聞、2003年4月2日付夕刊、大阪本社版、P.3
  2. ^ a b c d 読売新聞、1998年3月5日付夕刊、大阪本社版、P.9
  3. ^ 読売新聞、2005年10月28日付夕刊、大阪本社版、P.3
  4. ^ 2008年の星組公演は、バウ・ワークショップ

外部リンク[編集]