植田景子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

植田 景子(うえだ けいこ、1966年2月24日 - )は、奈良県大和郡山市出身[1]演出家宝塚歌劇団初の女性演出家となった。

繊細で幻想的な作風が特徴[1]。元宝塚歌劇団理事長の植田紳爾と同姓であるが、血縁関係などはない。

経歴[編集]

10歳の時に『ベルサイユのばら』をテレビで観たのがきっかけで、宝塚歌劇団のファンとなった[2]。中学生から高校生の頃は公演ごとに宝塚大劇場に通い、高校では演劇部部長として忠臣蔵ミュージカルなどを上演した[1]

神戸女学院大学文学部在学中に演出家になる事を決意し、4年生だった1987年秋に歌劇団の演出家募集に応募した[2]脚本は合格したが、面接では結婚や公演前の徹夜などについてネガティブな質問が多く不合格となった[2]。その後、東京に出て演出家・篠崎光正のもとで3年間学び[3]ニューヨークロンドンにも留学した[2]。この間も受験を繰り返し、1993年に5回目の受験でついに合格し、同歌劇団初の女性演出助手となった[1]

1998年宝塚バウホールの『Icarus』で演出家デビュー[1]2000年には『―夢と孤独の果てに―ルードヴィヒII世』で大劇場デビューを果たした。2003年9月から1年間、文化庁芸術家海外留学制度でロンドンとハンブルクに演劇留学し、帰国後には初の外部仕事も経験した。2010年5月に、半生や作品エピソードを書いたエッセイ『Can you Dream? -夢を生きる-』を発売した。

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

作・演出[編集]

大劇場作品(宝塚大劇場東京宝塚劇場[編集]

その他の劇場の作品[編集]

演出のみ[編集]

ディナーショーの構成・演出[編集]

新人公演担当[編集]

演出助手[編集]

宝塚歌劇団以外での舞台作品[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇団『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』ISBN 4484046016

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 読売新聞、2003年4月2日付夕刊、大阪本社版、P.3
  2. ^ a b c d 読売新聞、1998年3月5日付夕刊、大阪本社版、P.9
  3. ^ 読売新聞、2005年10月28日付夕刊、大阪本社版、P.3
  4. ^ 参考図書はエリザベッド・ド・フェドー英語版マリー・アントワネットの調香師
  5. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年10月13日閲覧。
  6. ^ 第15回 見どころはここ!新人公演シリーズをまとめてチェック~5月は椿火呂花主演の宙組「カステル・ミラージュ」”. www.tca-pictures.net. 2021年4月10日閲覧。
  7. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月10日閲覧。
  8. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月10日閲覧。
  9. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月10日閲覧。
  10. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月10日閲覧。
  11. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月10日閲覧。
  12. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年4月10日閲覧。
  13. ^ 帝国劇場 ミュージカル『ガイズ&ドールズ』”. www.tohostage.com. 2022年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]