イーカロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーテル・ブリューゲル作『イカロスの失墜』(1558) ベルギー王立美術館所蔵。
イーカロスは画面右下に小さく描かれ、海に墜落し足だけが見えている。

イーカロス古希: Ἴκαρος, ラテン文字化Īkaros, ラテン語: Icarus)は、ギリシア神話に登場する人物の1人である。蝋で固めた翼によって自由自在に飛翔する能力を得るが、太陽に接近し過ぎたことで翼が溶けてなくなり、墜落して死を迎えた。イーカロスの物語は人間の傲慢さやテクノロジーを批判する神話として有名である。長母音を省略したイカロスや、ラテン語読みのイカルスとも表記される。

神話[編集]

伝説的な大工・職人ダイダロスとナウクラテーの息子。母ナウクラテーはクレータ島の王ミーノースの女奴隷である[1]

ダイダロスとイーカロスの親子はミーノース王の不興を買い、迷宮(あるいは塔)に幽閉されてしまう。彼らはで鳥の羽根を固めて翼をつくり、空を飛んで脱出した。父ダイダロスはイーカロスに「蝋が湿気でバラバラにならないように海面に近付きすぎてはいけない。それに加え、蝋が熱で溶けてしまうので太陽にも近付いてはいけない」と忠告した。しかし、自由自在に空を飛べるイーカロスは自らを過信し、太陽にも到達できるという傲慢さから太陽神ヘリオスに向かって飛んでいった。その結果、太陽の熱で蝋を溶かされ墜落死した。

ただし異説では、イカロスのみが死ぬ点は一致するものの、飛行に関するエピソードはない。父子は(幽閉ではなく)追放され、船でクレタ島を脱出する。2人は別の船に乗った(イカロスがダイダロスを追ったとも)が、イカロスは帆船をうまく操れず船が転覆し溺死してしまった、あるいは、船から降りる際に海に落ちて溺死してしまった[2]

勇気と傲慢[編集]

イーカロスの神話はテクノロジー批判神話の一種であり、人間の傲慢さが自らの破滅を導くという戒めの意味もあった[3]。しかし、楽曲「勇気一つを友にして」のようにイーカロスを勇気の象徴として表していることも多い。イーカロスは勇気ではなく、蝋の翼というテクノロジーによって得た傲慢さ故に命を落としたという点で、イーカロスを勇気の象徴とするのには無理がある。

ギャラリー[編集]

彼にちなむ命名[編集]

地名神話[編集]

近代の命名[編集]

大衆文化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、摘要(E)1・12。
  2. ^ a b 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』「イーカロス」
  3. ^ 呉茂一『ギリシア神話』
  4. ^ アポロドーロス、摘要(E)1・12、1・13。