夏美よう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

夏美 よう(なつみ よう、2月18日 - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役。元花組星組組長。

群馬県出身、出身校共愛学園高等学校、公称身長166センチ。愛称は「ハッチ」。

来歴・人物[ソースを編集]

1976年、「ベルサイユのばらIII[1]」で初舞台。同期生に元星組トップの日向薫専科男役の飛鳥裕らがいる。入団時の成績は48人中44位[1]

1977年5月17日[1]星組に配属。

1993年、星組副組長に就任。

1996年12月17日付で星組組長に就任。

2000年10月1日付で、花組に異動し、花組組長に就任。

2012年3月19日付けで、専科に異動。

エピソード[ソースを編集]

宝塚入団にあたり、OG最長老でシャンソン歌手の深緑夏代2009年死去)が芸名の名付け親になった。

主な出演作[ソースを編集]

星組時代[ソースを編集]

花組時代[ソースを編集]

専科時代[ソースを編集]

  • 2012年5月、『近松・恋の道行』(花組:バウ・東京特別)近松門左衛門
  • 2012年8月、『双曲線上のカルテ』(雪組:バウ・東京特別)セルジオ・マルチーノ
  • 2012年10月、『JIN-仁-』(雪組)新門辰五郎
  • 2013年2月、『若き日の唄は忘れじ』(雪組:中日劇場・全国ツアー)牧助左衛門
  • 2013年5月、『月雲の皇子 -衣通姫伝説より-』(月組:バウ・東京特別)身狭村主 青(むさのすぐり あお)
  • 2013年7月、『the WILD Meets the WILD -W.M.W.-』(宙組:バウ)グレゴリー・コーエン
  • 2013年11月、『JIN-仁-』(月組:全国ツアー)新門辰五郎
  • 2014年3月、『ベルサイユのばら -オスカルとアンドレ編-』(雪組:全国ツアー)ジャルジェ将軍
  • 2014年6月、『一夢庵風流記 前田慶次豊臣秀吉/『My Dream TAKARAZUKA』(雪組)
  • 2014年10月、『伯爵令嬢 -ジュテーム、君を愛さずにはいられない-』(雪組:日生劇場)オルレアン公爵
  • 2015年1月、『風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-』(花組:ドラマシティ・東京特別)甚八
  • 2015年5月、『アル・カポネ ―スカーフェイスに秘められた真実―』(雪組:シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター)ジョニー・トーリオ/アンドリュー・メロン
  • 2015年6月、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(星組:赤坂ACTシアター、シアタードラマシティ)フランク・アバグネイル Sr.
  • 2015年8月、『オイディプス王』(専科:バウ)コロスの長
  • 2016年2月、『るろうに剣心』(雪組)山県有朋
  • 2016年7月、『One Voice』(星組:バウ)
  • 2016年8月、『桜華に舞え -SAMURAI The FINAL-』(星組)大久保利通
  • 2017年1月、『グランドホテル』(月組)オッテルンシュラーグ *予定

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 東京公演では題名が『薔薇ファンタジア』に変更
  2. ^ 東京公演では題名が『美しい忍びの季節』に変更
  3. ^ 宝塚大劇場公演のみ新人公演が2回実施された。
  4. ^ 東京公演では題名が『ニュー・ファンシー・ゲーム』に変更
  5. ^ 日向薫とダブルキャスト
  6. ^ 東京公演では、『魅惑』に変更
  7. ^ 東京公演では題名が『恋の花歌舞伎』に変更

出典[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]