シャルル10世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャルル10世
Charles X
フランス国王ナバラ国王
Charles X of France 1.PNG
シャルル10世(アンリ・ボネ[注 1]、1829年、メトロポリタン美術館蔵)
在位 1824年9月16日1830年8月2日
戴冠式 1825年5月29日
ランス・ノートルダム大聖堂
別号 アンドラ大公

全名 Charles-Philippe
シャルル=フィリップ
出生 (1757-10-09) 1757年10月9日
フランス王国ヴェルサイユヴェルサイユ宮殿
死去 (1836-11-06) 1836年11月6日(79歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
イリュリア王国ゲルツ
埋葬 1836年11月11日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
イリュリア王国ゲルツ聖マリア受胎告知教会
配偶者 マリー・テレーズ・ド・サルデーニュ
子女
王朝 ブルボン朝
父親 ルイ・フェルディナン・ド・フランス
母親 マリー=ジョゼフ・ド・サクス
宗教 キリスト教カトリック教会
Signature of Charles Philippe of France in 1792.jpg
テンプレートを表示

シャルル10世フランス語: Charles X1757年10月9日 - 1836年11月6日[1])は、復古王政ブルボン朝最後のフランス国王(在位: 1824年9月16日 - 1830年8月2日)である。ナバラ国王としてはカルロス5世バスク語: Karlos V.a)。

即位以前にはアルトワ伯爵(comtes d'Artois, コント・ダルトワ[注 2])の称号で呼ばれる。

フランス革命勃発後、すぐにロンドンに亡命して国内外の反革命を指導し、復古王政でも極端な反動政治を敷いて七月革命を引き起こした。

生涯[編集]

兄妹の中では最も享楽的かつ快活な性格であり、ハンサムな容姿のスポーツマンであった。兄のルイ16世やプロヴァンス伯爵(ルイ18世)とは不仲であったが、王妃マリー・アントワネットの遊び仲間の一人であり、スキャンダルのネタともなった。また、マリー・アントワネット付き女官ポリニャック公爵夫人の義妹ポラストロン伯爵夫人ルイーズを、ヴェルサイユの中庭で見そめ愛人としたが、1804年にルイーズが39歳で亡くなった時にはアルトワ伯爵は深く哀しみ、以降カトリックの教義に専念した。

しかし他方では絶対君主制の信奉者でもあり、マリー・アントワネットと共に王権に逆らうあらゆる勢力の迫害を主張して、国民の反感を買っていた。

1789年7月14日バスティーユ襲撃フランス革命が勃発すると、兄が革命派に屈したのに失望し、妻の生家を頼ってサルデーニャ王国トリノに亡命、のちイギリスに移動した。亡命先から反革命を策動したが、自身では一切戦わなかった。1795年のキブロン遠征[注 3]ではアルトワ伯本人も島に上陸する予定であったが、土壇場で取りやめ、代わりに1本の剣を贈った。これによって意気消沈した遠征は失敗に終わった。プロヴァンス伯爵がルイ18世として率いた亡命宮廷にも加る事は無かった。

ナポレオン体制が始まると、ナポレオン暗殺のための援助と刺客をフランスに送り込んだ。有名なのが、1800年12月24日に起きた王党派によるナポレオン暗殺未遂事件「地獄の仕掛け事件」である。しかし結局ナポレオンを失脚に追い込むことは出来ず、ナポレオン戦争でも兄同様、大きな影響力を誇示することが出来なかった。

1814年、ナポレオン1世の失脚直前にフランスへ密かに帰国して、真っ先にパリに到達したが、第一次復古王政はナポレオンの帰還から始まる百日天下で潰え、再び亡命を余儀なくされた。この様にブルボン家の兄弟はナポレオンに対して無力であった。このため、ボルドーで反ナポレオンの挙兵演説をした姪のマリー・テレーズ(長男アングレーム公爵ルイ・アントワーヌの妃、ルイ16世王女)をナポレオン1世から「ブルボン家唯一の男性」と揶揄されたりもした。

第二次王政復古では子のない兄の後継者に決まっていたが、超王党派を率いる反動主義の急先鋒であったため、1820年に次男ベリー公爵シャルル・フェルディナンが暗殺されるなど報復を受けた。

1824年9月、ルイ18世が死去すると、国王シャルル10世として即位。1825年5月には歴代国王たちの伝統に従ってランスにて戴冠式を行い、これがフランス史上最後の戴冠式となった。兄ルイ18世のようにシャルル10世はテュイルリー宮殿を官邸にして毎年夏にはサン=クルー城に住んだが、時にはコンピエーニュフォンテーヌブロー城に滞在したりもした。彼の在位期間中、ヴェルサイユ宮殿はほとんど放置されたまま空いていた。シャルル10世の統治は検閲の緩和などの一部進歩的な措置とともに始まったが、国王は1821年以来首相を務めていたヴィレール伯爵を留任させる一方、亡命時代から親しんでいた超王党派が国政に与える影響力が強まった。シャルル10世は1827年9月に北フランスへ巡幸し、翌1828年秋にも東部地方を訪問して臣民との接触を図った。この2度の巡幸で国王は長男でありドーファンのアングレーム公爵と同行した。

しかし、涜聖法の制定と国有財産の売却による亡命貴族補償立法は政府がアンシアン・レジームに回帰しようとする印象を与えた。特に、1827年4月には国王が国民衛兵隊観兵式に参観した際、ブルボン家に敵対的な兵士たちがイエズス会を侮辱する大声で叫ぶ事件が起きると、その懲罰で国民衛兵隊は解散され、王室の威信も大きな打撃を受けた。検閲が復活し、無許可集会に制限をかける法案が成立したが、同年11月の総選挙ではむしろ自由主義勢力が伸張した。漸増する不満を静めるため1828年初めにヴィレール首相が更迭され、マルティニャック子爵を首班とする穏健派内閣が成立した。それでも、マルティニャックの中道政策が過度に譲歩的だと考えたシャルル10世は1829年8月に彼を解任し、ポリニャック大公に組閣の大命を下すことで政局の膠着を突破しようとした。この人事は自由主義勢力はもちろん一部王党派に至るまで、ほぼすべての政派から極度の幻滅感を呼び起こし、経済不況の深刻化による民心の離反も加わり、復古王政の崩壊を早める契機となった。

1830年、不満をもったフランス国民により7月革命が起こされた。この革命によってシャルル10世はイギリスに亡命し、オルレアン家ルイ=フィリップが国王に擁立されて、ブルボン家直系から王位は失われた。

シャルル10世は退位する時、「余も兄(ルイ16世)と同じ運命を辿るのか」と漏らしたと言う。彼は国民に不人気な長男アングレーム公爵に王位継承を辞退させ、お気に入りの孫シャンボール伯爵アンリに王位を譲り「アンリ5世」として即位させようとしたが叶わず、アングレーム公夫妻や孫たちとともにイギリスへ亡命した。

一家はスコットランドホリールード宮殿に居をもうけたが、当時既に一般公開されていた宮殿は観光客が出入りするため居心地が悪く、なおかつイギリスは新しく王位についたルイ=フィリップ1世と友好を保つことを重視するようになった。1832年10月、王家は新たな受け入れ先となったオーストリアへ向かい、プラハ城に入った。そこはブルボン王家信奉者が出入りする場所となったが、シャルル10世自身が復位に向けて活動することはほとんどなかった。彼の意に反しアンリを国王にしようと反乱を起こし、投獄された次男ベリー公妃マリー・カロリーヌによる獄中出産と秘密結婚の事実を知ると、彼女をブルボン家から絶縁し、孫ルイーズとアンリを引き取った。

1835年ベーメン国王となったオーストリア皇帝フェルディナント1世がプラハ城に入城することとなったため、一家はアドリア海に近い保養地ゲルツ(現在はイタリアゴリツィア)へ移った。そこで、コレラにかかって死去した。遺体はゴリツィア郊外(現在はスロヴェニア領のノヴァ・ゴリツァ)にある聖マリア受胎告知教会へ葬られた。

フランスの歴史団体はブルボン朝の王で唯一フランス国内に埋葬されていないシャルル10世の遺骨を母国に戻すよう運動を行っているが、終焉の地であるノヴァ・ゴリツァの市長や住民は、シャルル10世はすでに地元の歴史の一部になっているとして、反発している[2]

家族[編集]

1773年サルデーニャ国王ヴィットーリオ・アメデーオ3世と王妃マリーア・アントニエッタの三女であるマリー・テレーズと結婚し、2男2女を儲けた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ フランソワ・ジェラールの原画を複製
  2. ^ 前置詞が付く「d'Artois」はド・アルトワではなく、ダルトワと発音する
  3. ^ Wikipedia記事「fr:Expédition de Quiberon」, 「en:Invasion of France (1795)」も参照されたい。

出典[編集]

参考文献[編集]

読書案内[編集]

関連項目[編集]