ミル星人パピーの冒険 -ふしぎなペンダント-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミル星人パピーの冒険』 -ふしぎなペンダント-(ミルせいじんパピーのぼうけん ふしぎなペンダント)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。星組[1]公演。

形式名は「ミュージカル・ファンタジー[1]」。12場[1]

作・演出は阿古健[1]

併演作品は『魅惑[1]』。

1982年1月1日から2月2日まで[1](新人公演:1月19日[2]宝塚大劇場で公演された。東京では未公演。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[1]を参照

純粋な心を持った宇宙人・パピーが悲しみに沈むアン王女を救おうとするSF風のメルヘン作品。

あらすじ[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[1]を参照

1920年代パリレビューの花形スター、ジェラールの一座がリハーサル中に妙な三人組が紛れ込んできた。ジェラールたちを問い詰めると、アンドロメダ星雲のミル星から、クレール王国のアン王女の夜毎祈る声に導かれてやってきたと。パピーはフィンガークラップ一つで時を止められるし、ペンダントを使えば人を読めるという。

主な配役[編集]

※「()」の人物は新人公演・配役

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 100年史(舞台) 2014, p. 151.
  2. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 298.
  3. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 200.
  4. ^ a b c d e f g 100年史(人物) 2014, p. 201.

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0