野々すみ花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のの すみか
野々 すみ花
生年月日 (1987-02-27) 1987年2月27日(34歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府久世郡久御山町
身長 161cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2005年 -
活動内容 2005年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2009年:宙組へ異動、宙組トップ娘役就任
2012年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
配偶者 既婚
事務所 フリー
公式サイト 野々すみ花オフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
カサブランカ
銀ちゃんの恋
誰がために鐘は鳴る
舞台
シェルブールの雨傘
ライムライト
ドラマ
あさが来た
重版出来!
映画
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

野々 すみ花(のの すみか、1987年[1][2][3]2月27日[2][4] - )は、日本女優[2][3]。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役[2][3][5]

京都府久世郡久御山町[6][7]聖母学院高等学校出身[8][4]。身長161cm[1][8][4]。血液型O型[1]。愛称は「すみか」[4]

来歴[編集]

2003年、宝塚音楽学校入学[8]

2005年、宝塚歌劇団に91期生として入団[2][8][5]花組公演「マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レビュー」で初舞台[3][9][4]。その後、花組に配属[3][8][9][4]

卓越した演技力で早くから注目を集め、2007年の「明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴」で新人公演初ヒロイン[3][9][4]。入団2年目での抜擢となった[3]。その後も3度に渡って新人公演ヒロインを務める。同年の「舞姫」で宝塚バウホール公演初ヒロイン[9][3][4]。翌年3月にも再演される。

2008年、「銀ちゃんの恋」(シアター・ドラマシティ日本青年館公演)で、東上公演ヒロイン[5][4]。後にコンビを組むこととなる大空祐飛の相手役を務める[5][4]

2009年の「オグリ!」(バウホール・日本青年館公演)でも東上公演ヒロイン[4]。同年6月16日付で大空と共に宙組へ組替えとなり、7月6日付で宙組トップ娘役に就任[10][3][8][5][4]。入団5年目でのトップ就任となった[4]。大空の相手役として、「カサブランカ」でトップコンビ大劇場お披露目[4]。同年より池田銀行のイメージガールを務める[8][4]

2012年7月1日、「華やかなりし日々/クライマックス」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を大空と同時退団[5][2]。同年7月12日に梅田芸術劇場への所属を発表[11]

2013年1月の蜷川幸雄演出による舞台「祈りと怪物 〜ウィルヴィルの三姉妹〜」で女優としてデビュー[12][13]。2014年にはミュージカル「シェルブールの雨傘」でヒロインのジュヌヴィエーヴ役[14]、2015年にはチャップリンの晩年の傑作映画『ライムライト』の世界初の舞台化作品である「音楽劇 ライムライト」でヒロインのバレリーナ・テリー役を演じる[15][16]など、舞台作品に出演。

また、テレビでは、TBSテレビ日立 世界・ふしぎ発見!」ミステリーハンターとして2013年[17]から13回(2020年11月時点)出演[18]。2014年6月にNHK木曜時代劇吉原裏同心」で吉原遊廓の頂点に立つ花魁・薄墨太夫役[19][20]。2015年にはNHK連続テレビ小説あさが来た」にレギュラー[15]、三味線の師匠・美和役を演じた[21][22]

2018年2月26日、結婚を発表[2][23]。同年7月1日、梅田芸術劇場との契約を終了し、個人として活動していくことを報告[24][3]

2019年に第一子男児を出産[25]

人物[編集]

3人姉妹の長女[26]。幼少期は人前で喋ることさえ苦手だったが、宝塚歌劇が好きだった父に「お前は宝塚に入れ」と言われ、6歳からクラシックバレエとピアノを習い始める[27][28]。畑と田んぼに囲まれた緑豊かな京都の郊外で育ち、放課後バレエのレッスンや部活を終えた後は、京野菜作りや卵の収穫など農業を営む実家の手伝いをしていた[26]

小学校低学年の時にたまたまテレビで見た宝塚歌劇に感激し、トップ娘役の花總まりが大きな羽根を背負って大階段から下りてくる姿を目にした瞬間に、「私はここに行く」と宝塚を志した[26]

芸名の由来は「野に咲く花のように、雨が降っても風が吹いても、地面に根を張って、小さくてもいいからやさしい花に見えるように」と、本名を生かしつつ、家族で相談して決めた[28]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

宙組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2012年5月、野々すみ花ミュージック・サロン『GIFT〜たからもの〜』 主演[82]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティー[編集]

  • 日立 世界・ふしぎ発見!(2013年7月20日[107]・10月12日[108]・11月16日[109]、2014年11月22日[110]・2015年2月28日[111]・5月9日[112]、2016年1月23日・4月30日・7月9日・11月12日・12月10日[113]、2017年6月10日[114]、2018年9月8日[115]、2020年11月14日[116]、2021年5月22日[117]TBS[83] - ミステリーハンター、ナレーション
  • 理想の恋人図鑑(2013年10月4日 - 2014年9月26日、関西テレビ) - ナビゲーター[83]
  • 美のスタイリスト(2014年10月3日 - 2015年9月25日、関西テレビ) - ナビゲーター[83]
  • 世界に誇る夢の超特急〜新幹線開発物語(2017年3月26日、BS-TBS) - ナレーション[83]

ラジオ[編集]

  • 青春アドベンチャー「雨にもまけず粗茶一服」(2016年9月19日 - 30日、NHK FM) - 巴奈彌子 役[118]
  • 青春アドベンチャー「帝冠の恋」(2017年1月30日 - 2月10日、NHK FM) - ゾフィー[119]
  • 特集オーディオドラマ「春麻呂の夢」(2018年1月6日、NHK FM) - 札の声 役[120]
  • 青春アドベンチャー「カーミラ」(2018年3月5日 - 9日、NHK FM) - カーミラ 役[121]
  • 青春アドベンチャー「夢みるゴシック それは怪奇なセレナーデ」(2019年1月21日 - 25日、NHK FM) - レディ・ジェラルダイン・ブランドン 役[122]
  • 青春アドベンチャー「夢みるゴシック それは常世のレクイエム」(2019年4月29日 - 5月3日、NHK FM) - グウェンヤ(モーヴ) 役[123]
  • 青春アドベンチャー「レディ・トラベラー1920」(2020年11月16日 - 11月27日、NHK FM) - ジュリー役[124]
  • 青春アドベンチャー「1848」(2021年8月16日 - 9月3日) - マルギット役[125]

広告[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c Profile 野々すみ花オフィシャルサイト。
  2. ^ a b c d e f g 野々すみ花が結婚「最期までこの人と生きる」と決意 日刊スポーツ。
  3. ^ a b c d e f g h i j 野々すみ花、所属事務所退社を報告「あたたかく送りだして下さいました」 スポーツ報知。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p プレシャス!宝塚 日刊スポーツ。
  5. ^ a b c d e f 野々すみ花「大空さんと一緒に卒業を」 日刊スポーツ。
  6. ^ “故郷・久御山の役場訪問、笑顔 宝塚宙組の野々すみ花さん”. 京都新聞. (2009年9月15日). オリジナルの2009年9月28日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090928040610/http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009091500064 
  7. ^ 去来川奈央 (2015-12-29), “「あさが来た」 野々すみ花さんに聞く 【去来川奈央】”, アナウンスルーム リレーエッセイ (NHK京都放送局), オリジナルの2016-03-04時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160304103545/https://www.nhk.or.jp/kyoto-blog/essay/234033.html 
  8. ^ a b c d e f g h 池田銀行 新イメージガール決定 宝塚歌劇団花組娘役スター 野々すみ花さんを起用! 池田銀行。
  9. ^ a b c d The name of タカラジェンヌII 野々すみ花 産経新聞ENAK。
  10. ^ 宙組新トップに大空祐飛、野々すみ花 スポニチAnnex。
  11. ^ 梅田芸術劇場 [@umegei_jp] (2012年7月12日). "野々すみ花さんが、梅田芸術劇場所属アーティストになりました!!" (ツイート). Twitterより2021年9月8日閲覧
  12. ^ “元宝塚娘役トップスター・野々すみ花 蜷川舞台で女優デビュー”. Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2012年8月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/01/kiji/K20120801003804630.html 2021年9月8日閲覧。 
  13. ^ 中本千晶 (2012年12月26日). “「祈りと怪物」に出演、野々すみ花インタビュー”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK201212200048.html 2021年9月8日閲覧。 
  14. ^ “名作ミュージカル映画「シェルブールの雨傘」50周年を記念し舞台版再演”. 映画.com. (2014年6月14日). http://eiga.com/news/20140614/12/ 2021年9月8日閲覧。 
  15. ^ a b 平松澄子 (2015年7月2日). “【野々すみ花】音楽劇『ライムライト』の後はNHK朝ドラ…手帳に空白なし”. zakzak. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20150702/peo1507020830001-n1.htm 2021年9月8日閲覧。 
  16. ^ “「ライムライト」初の音楽劇 野々すみ花「映画より甘美に」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年6月27日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150627/ent1506270010-n1.html 2021年9月8日閲覧。 
  17. ^ バックナンバー|TBSテレビ:日立 世界ふしぎ発見!”. TBSテレビ. 2018年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月8日閲覧。
  18. ^ バックナンバー|TBSテレビ:『日立 世界ふしぎ発見!』”. TBSテレビ. 2021年9月8日閲覧。
  19. ^ “野々すみ花 宝塚の次は時代劇初挑戦”. デイリースポーツ. (2014年3月31日). http://www.daily.co.jp/gossip/2014/03/31/0006823727.shtml 2021年9月8日閲覧。 
  20. ^ “【吉原裏同心 インタビュー】野々すみ花、元宝塚のトップ娘役が遊女の頂点に 「薄墨太夫は人のために生きられる女性」”. エンタメOVO (共同通信社). (2014年7月8日). http://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/869989 2021年9月7日閲覧。 
  21. ^ a b 野々すみ花、三味線の師匠役で朝ドラ出演「スリルを楽しんで」”. ORICON STYLE (2015年10月8日). 2021年9月8日閲覧。
  22. ^ “朝ドラで注目の野々すみ花 役作りのため実際に女将修業”. NEWSポストセブン. (2016年2月26日). http://www.news-postseven.com/archives/20160226_388651.html 2021年9月8日閲覧。 
  23. ^ “元宝塚トップ娘役の野々すみ花、31歳誕生日に結婚発表「精進して参ります」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年2月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180227-OHT1T50030.html 2021年9月8日閲覧。 
  24. ^ ご報告”. 野々すみ花事務局 (2018年7月1日). 2021年9月8日閲覧。
  25. ^ 元宝塚・野々すみ花、第1子男児出産「みんなで力を合わせた時間でした」 スポーツ報知。
  26. ^ a b c 岸隆子 (2009年5月2日). “自然が育んだ演技派の娘役、花組・野々すみ花”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200904270067.html 2016年4月4日閲覧。 
  27. ^ 土谷美樹 (2007年2月16日). ““おっとり型”緑川夫人作る / 野々すみ花”. GO!GO!宝塚. 日刊スポーツ. 2010年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月9日閲覧。
  28. ^ a b 平松澄子 (2007年6月29日). “The name of タカラジェンヌII 野々すみ花 小さくてもいいからやさしい花”. 産経新聞 ENAK (産経デジタル). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2007/jun/kiji/18sumire_sumika.html 2016年4月4日閲覧。 
  29. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 189.
  30. ^ 100年史(人物) 2014, p. 117.
  31. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  32. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  33. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  34. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  35. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  36. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  37. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  38. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  39. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  40. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 316.
  41. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  42. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 241.
  43. ^ 出演者”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  44. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  45. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  46. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  47. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  48. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  49. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  50. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  51. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 248.
  52. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  53. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  54. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 317.
  55. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 242.
  56. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  57. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 270.
  58. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  59. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  60. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 197.
  61. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  62. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  63. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  64. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  65. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 198.
  66. ^ 銀ちゃんの恋 宙組 全国ツアー”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  67. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  68. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  69. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 199.
  70. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  71. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  72. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  73. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 200.
  74. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  75. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  76. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  77. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  78. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 267-268.
  79. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年9月7日閲覧。
  80. ^ 主な配役”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。
  81. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 201.
  82. ^ 野々すみ花ミュージック・サロン「GIFT」〜たからもの〜('12年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  83. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Biography”. 野々すみ花 Sumika Nono official website. 野々すみ花事務局. 2021年8月30日閲覧。
  84. ^ 野々すみ花 (2013年8月13日). “舞台『プルーフ/証明』の詳細です。”. Sumika Nono's Blog ののがたり. 2021年8月30日閲覧。
  85. ^ 野々すみ花 (2013年10月8日). “さらばProof!”. Sumika Nono's Blog ののがたり. 2021年8月30日閲覧。
  86. ^ ミュージカル 愛の唄を歌おう”. フジテレビ. 2021年8月30日閲覧。
  87. ^ 野々すみ花 (2014年2月5日). “「愛」”. Sumika Nono's Blog ののがたり. 2021年8月30日閲覧。
  88. ^ 名作ミュージカル映画「シェルブールの雨傘」50周年を記念し舞台版再演」『映画.com』株式会社エイガ・ドット・コム、2014年6月14日。2021年8月30日閲覧。
  89. ^ “「ライムライト」初の音楽劇 野々すみ花「映画より甘美に」”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2015年6月27日). https://www.sankei.com/article/20150627-SDDT5PBOOFLKJFF7TBWQBEVYRQ/ 2021年8月30日閲覧。 
  90. ^ “三宅弘城×野々すみ花、「ラヴ・レターズ」で激しく惹かれ合う男女に挑戦”. ステージナタリー. (2016年5月13日). http://natalie.mu/stage/news/186980 2016年5月13日閲覧。 
  91. ^ “坂本昌行×野々すみ花らがサローヤン「君が人生の時」、演出は宮田慶子”. ステージナタリー. (2016年11月22日). http://natalie.mu/stage/news/210290 2016年11月22日閲覧。 
  92. ^ 【吉原裏同心 インタビュー】野々すみ花、元宝塚のトップ娘役が遊女の頂点に 「薄墨太夫は人のために生きられる女性」”. エンタメOVO. 株式会社共同通信社 (2014年7月8日). 2021年8月30日閲覧。
  93. ^ 吉原裏同心~新春吉原の大火~ - allcinema
  94. ^ あさが来た スピンオフ 割れ鍋にとじ蓋 - allcinema
  95. ^ 重版出来! - allcinema
  96. ^ 忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~ - allcinema
  97. ^ 下剋上受験 - allcinema
  98. ^ 伝七捕物帳2 - allcinema
  99. ^ 水戸黄門 - allcinema
  100. ^ 99.9-刑事専門弁護士- SEASON II - allcinema
  101. ^ 鳴門秘帖 - allcinema
  102. ^ 盤上のアルファ~約束の将棋~ - allcinema
  103. ^ 今野敏サスペンス 警視庁東京湾臨海署~安積班 - allcinema
  104. ^ 【お知らせ】『やじ×きた 攻略スペシャル』”. Sumika Nono official website「nonogatari」. 2019年4月8日閲覧。
  105. ^ 関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ! - シネマトゥデイ”. シネマトゥディ. 2016年2月24日閲覧。
  106. ^ 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 - allcinema
  107. ^ 野々すみ花 (2013年7月10日). “Bonjour!!”. 野々すみ花|ののがたり. 2021年8月30日閲覧。
  108. ^ 野々すみ花 (2013年9月30日). “おかげさまで。”. 野々すみ花|ののがたり. 2021年8月30日閲覧。
  109. ^ 野々すみ花 (2013年11月9日). “来週の『世界ふしぎ発見!』は…”. 野々すみ花|ののがたり. 2021年8月30日閲覧。
  110. ^ 野々すみ花 (2014年11月15日). “『世界ふしぎ発見!』”. 野々すみ花|ののがたり. 2021年8月30日閲覧。
  111. ^ あらためまして”. nonogatari 野々すみ花|Sumika Nono official website. 野々すみ花事務局 (2015年2月27日). 2021年8月30日閲覧。
  112. ^ 『世界ふしぎ発見!』は・・・”. nonogatari 野々すみ花|Sumika Nono official website. 野々すみ花事務局 (2015年4月28日). 2021年8月30日閲覧。
  113. ^ 6月10日の『世界ふしぎ発見!』は・・・”. nonogatari 野々すみ花|Sumika Nono official website. 野々すみ花事務局 (2016年12月22日). 2021年8月30日閲覧。
  114. ^ 殿堂入り映像祭!”. nonogatari 野々すみ花|Sumika Nono official website. 野々すみ花事務局 (2017年6月3日). 2021年8月30日閲覧。
  115. ^ [お知らせ]テレビTBS『世界ふしぎ発見!』”. nonogatari 野々すみ花|Sumika Nono official website. 野々すみ花事務局 (2018年9月2日). 2021年8月30日閲覧。
  116. ^ バックナンバー”. TBSテレビ:『日立世界・ふしぎ発見!』. TBSテレビ. 2021年8月30日閲覧。
  117. ^ TV『世界ふしぎ発見!』初のナレーション担当!”. nonogatari 野々すみ花|Sumika Nono official website. 野々すみ花事務局 (2021年5月21日). 2021年8月30日閲覧。
  118. ^ 青春アドベンチャー 雨にもまけず粗茶一服(全10回)”. NHK FM. 2016年9月13日閲覧。
  119. ^ 青春アドベンチャー 帝冠の恋(全10回)”. NHK FM. 2019年2月24日閲覧。
  120. ^ 特集オーディオドラマ 春麻呂の夢”. NHK FM. 2019年2月24日閲覧。
  121. ^ 青春アドベンチャー カーミラ(全5回)”. NHK FM. 2019年2月24日閲覧。
  122. ^ 青春アドベンチャー 夢みるゴシック それは怪奇なセレナーデ(全5回)”. NHK FM. 2019年2月24日閲覧。
  123. ^ 青春アドベンチャー 夢みるゴシック それは常世のレクイエム(全5回)”. NHK FM. 2019年8月4日閲覧。
  124. ^ 青春アドベンチャーレディ・トラベラー1920(全10回)”. NHK. 2021年8月30日閲覧。
  125. ^ 青春アドベンチャー 1848(全15回)”. NHK. 2021年9月4日閲覧。
  126. ^ 『2008年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2009年、81頁。ISBN 978-4-484-09503-5
  127. ^ a b 『2011年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2012年、85頁。ISBN 978-4-484-12505-3

注釈[編集]

  1. ^ 11/25〜宝塚千秋楽は休演。代役はあうら真輝・瞳ゆゆが務めた。出典:出演者”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 宝塚歌劇団. 2021年8月30日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]