桐壺帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桐壺帝

次代 朱雀帝

中宮 藤壺
女御 弘徽殿女御麗景殿女御、承香殿女御、女御
更衣 桐壺更衣、後涼殿更衣
子女 朱雀帝光源氏蛍兵部卿宮、四の宮、帥宮、蜻蛉式部卿宮、宇治八の宮冷泉帝、女一宮、女三宮
テンプレートを表示

桐壺帝/桐壺院(きりつぼてい・きりつぼのみかど/きりつぼいん)は、『源氏物語』に登場する一番目の帝(在位「桐壺」~「花宴」)。架空の人物。左大臣の妻である三条の大宮と同腹。桐壺更衣を寵愛したため、「桐壺帝」と呼ばれる。『源氏物語』の主人公光源氏の父親である。

他の有力な妃を差し置いて桐壺更衣を偏愛し、やがて源氏が誕生するが、更衣はその心労が祟って病死する。悲しみに暮れる桐壺帝を見かねた周囲のすすめにより、亡き桐壺更衣に瓜二つである藤壺(先帝の第四皇女)を入内させて寵愛し、第十皇子(後の冷泉帝)を産んだのを機に中宮に据えた。なお冷泉帝は、実は光源氏と藤壺との不義の子であるが、桐壺帝がそのことを知っていたかどうかは作中では語られない。「賢木」で病が重くなり、源氏23歳の年に崩御。「明石」で亡霊として現れ、源氏の苦難を救う。

理想的帝王。聖代とされる醍醐天皇の時代がモデルとされる。

后妃[編集]

皇子女[編集]

  • 第一皇子…朱雀帝
  • 第二皇子…光源氏
  • 第四皇子…四の宮。「紅葉賀」に名が見える。
  • 第八皇子…宇治八の宮。東宮時代の冷泉帝を廃しようとする陰謀に巻き込まれ隠棲。宇治十帖にのみ登場する。宇治の大君、中君、浮舟の父。
  • 第十皇子…冷泉帝(実の父は光源氏
  • 第?皇子…蛍兵部卿宮。光源氏の養女玉鬘に思いを寄せる。女三宮の婿候補にも挙がる。「絵合」「梅枝」では判者を務めるなど、風流人。
  • 第?皇子…帥宮(蛍兵部卿宮とは別人)。「」に名が見える。
  • 第?皇子…蜻蛉式部卿宮。「蜻蛉」に名が見える。
  • 第一皇女…女一宮。一品宮。母・弘徽殿女御。
  • 第三皇女…女三宮。斎院。母・弘徽殿女御。

兄弟[編集]