冷泉帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
冷泉帝

先代 朱雀帝
次代 今上帝

父親 桐壺帝光源氏
母親 藤壺
中宮 秋好中宮
女御 弘徽殿女御、王女御、左大臣の女御、中納言女、宰相女、大君
子女 第一皇子、第一皇女、第二皇女
テンプレートを表示

冷泉帝/冷泉院(れいぜいてい・れいぜいのみかど/れいぜいいん)は、『源氏物語』に登場する三番目の(在位:「澪標」~「若菜下」。治世18年間は光源氏の全盛期であった)。架空の人物。五十四帖中「紅葉賀」から「橋姫」まで登場。

桐壺帝の第十皇子ということになっているが、実は光源氏と藤壺中宮の不義の子。朱雀帝東宮となり、11歳で即位。今上帝に譲位するまで18年、世を治めた。譲位後は冷泉院(実在した歴代の上皇の御所)に住まったことから「冷泉帝」の通称で呼ばれる。

母藤壺の崩御後に夜居の僧から出生の秘密を知らされ驚愕、源氏を父でありながら臣下としておくことに悩んだが、源氏に帝位を譲ろうとして強く固辞される。その後は源氏の養女秋好中宮を立后させ、また源氏40歳の御賀に准太上天皇位を贈るなどして、陰ながら孝養を尽くそうとした。

風流心豊かな人物で、特に絵画を好み(これは実父源氏の血を受けたものとされる)、このことが秋好中宮を寵愛するきっかけとなった。また源氏のもう一人の養女玉鬘にも執心し、尚侍として出仕する直前に髭黒の妻となったことを惜しんで、譲位後に玉鬘の娘を妃に迎え寵愛した(「竹河」)。なお源氏没後、遺言により遺児を子のない秋好中宮と共に寵遇しているが(「匂宮」)、薫の出生の秘密は知らない(よって薫が異母弟だと誤解していると思われる)。

后妃[編集]

皇子女[編集]

  • 第一皇子…大君腹。「竹河」で誕生。
  • 第一皇女…弘徽殿女御腹。
  • 第二皇女…大君腹。「竹河」で誕生。

関連項目[編集]