鈴虫 (源氏物語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
源氏物語 > 源氏物語各帖のあらすじ > 鈴虫 (源氏物語)
源氏物語五十四帖
各帖のあらすじ
 帖     名     帖     名   
1 桐壺 28 野分
2 帚木 29 行幸
3 空蝉 30 藤袴
4 夕顔 31 真木柱
5 若紫 32 梅枝
6 末摘花 33 藤裏葉
7 紅葉賀 34 若菜
8 花宴 35 柏木
9 36 横笛
10 賢木 37 鈴虫
11 花散里 38 夕霧
12 須磨 39 御法
13 明石 40
14 澪標 41 雲隠
15 蓬生 42 匂宮
16 関屋 43 紅梅
17 絵合 44 竹河
18 松風 45 橋姫
19 薄雲 46 椎本
20 朝顔 47 総角
21 少女 48 早蕨
22 玉鬘 49 宿木
23 初音 50 東屋
24 胡蝶 51 浮舟
25 52 蜻蛉
26 常夏 53 手習
27 篝火 54 夢浮橋

鈴虫」(すずむし)は、『源氏物語』五十四帖の巻名のひとつ。第37帖。横笛の並びの巻とされている。巻名は女三宮と光源氏の歌「おほかたの秋をばうしと知りにしをふり棄てがたきすず虫のこえ」および「こころもて草のやどりをいとへどもなほすず虫の声ぞふりせぬ」による。

あらすじ[編集]

光源氏50歳の夏から8月中旬までの話。

その年の夏、の花の盛りに、女三宮の持仏の開眼供養が営まれた。飾りつけもすっかり整った御堂で、源氏は姿の女三宮に後に残された悲しみを訴えるが、宮はつれなく言葉を返すだけだった。朱雀院は、女三宮に譲った三条宮に彼女を移らせることを勧めるが、源氏はまだ若い妻を手放すのが惜しく首を縦に振らない。

秋には、女三宮の部屋の前庭を野の風情に造りかえて鈴虫(現在のマツムシ)などの秋の虫を放した。宮は源氏の熱心な気配りを喜ばしく思うが素直に口に出せない。

八月の十五夜の頃、源氏が女三宮のところでを爪弾いていると、蛍兵部卿宮夕霧がやって来て、そのまま管弦の宴となる。そこへ冷泉院から誘いがあり、馳せ参じた源氏ら一同は明け方まで詩歌管弦に興を尽くす。

翌朝秋好中宮を訪れると、亡き母六条御息所が今も物の怪となり彷徨っていることを嘆き、出家したいと源氏に漏らす。源氏はこれを諌め、追善供養をなさるようにと勧めるのだった。

二千円札[編集]

現在発行されている二千円札の裏の左側に描かれているのは、『源氏物語絵巻』の「鈴虫」その二の絵の一部(左が冷泉院で右が光源氏)と詞書の上部(「十五夜の夕」暮れに仏の御前「に宮おはしては」し近く…)。二千円札では縦書きの詞書の上半分でカットされているため、文章としては読めない。

ウェイリー訳における欠落[編集]

『源氏物語』の英訳本"The Tale of Genji"において、訳者アーサー・ウェイリーはこの「鈴虫」だけ翻訳を抜かしている。理由は不明。

外部リンク[編集]