渋谷栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渋谷 栄一(しぶや えいいち、1951年9月 - )は、日本国文学者高千穂大学名誉教授

専門は、中古文学。藤原定家や『源氏物語』注釈について研究。

来歴[編集]

埼玉県菖蒲町生れ。1970年に埼玉県立不動岡高等学校、1974年に國學院大學文学部文学科卒業、1980年に同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。同年から、高千穂商科大学商学部専任講師、1983年助教授、1990年教授となり、2001年から高千穂大学教養部教授。2007年から経営学部教授。2014年3月退職。2014年4月高千穂大学名誉教授

著書[編集]

『源氏物語の季節と物語 その類型的表現』 新典社新書 2008年

監修[編集]

『源氏物語を楽しむ本』 主婦と生活社 2008年 『こんなに楽しい源氏物語』 イースト・プレス 2011年

編著[編集]

  • 『源氏物語古注集成 源氏釈』 おうふう、2000年
  • 『講座源氏物語研究 源氏物語の注釈史』 おうふう、2007年

外部リンク[編集]