兵部卿宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

兵部卿宮(ひょうぶきょうのみや)は、物語に登場する、本名のわからない架空の皇子の便宜上の名称。代表的な例として、『源氏物語』に登場する親王が3人いる。

  1. 先帝の皇子、藤壺中宮の兄。紫の上の父。後述。
  2. 桐壺帝の皇子、光源氏の異母弟。蛍兵部卿宮を参照。
  3. 今上帝の第三皇子。「匂兵部卿宮」とも呼ばれる。匂宮を参照。

兵部卿宮(ひょうぶきょうのみや)は、紫式部が著した小説『源氏物語』に登場する架空の人物である。(後に朝顔の斎院の父・桃園式部卿宮死去をうけて式部卿宮となる)

先帝の皇子であり、藤壺中宮の兄である。

高貴な出自の北の方との間に二人の娘があり、恐らく同腹と思われる息子も四人いる。この他、側室(按察大納言の娘)との間に一女(のちの紫の上)をもうけたが、北の方がこれを憎んだため、側室が亡くなった後も滅多に訪れなかった。そのため娘を光源氏に略奪され、後に妻となったことを知らされてから音信を復活する。しかし源氏の失意時代には権力者を憚って、実父でありながら紫の上をも見捨てて源氏の不興を買い、源氏の復帰後は逆に冷たくあしらわれた。

藤壺中宮の兄、冷泉帝の外戚として、源氏や太政大臣(頭中将)に次ぐ声望があるとされ、世間からも重く扱われた(「若菜下」)。しかし北の方腹の次女(王女御)は冷泉帝後宮に入内したものの、源氏の協力を得られなかったこともあって立后できずに終わり、また同腹の長女(髭黒の北の方)も、夫を源氏の養女である玉鬘に奪われる。さらに長女と共に引き取った孫の真木柱も、のち蛍兵部卿宮と結婚したもののうまくいかないなど、家庭は不幸であった。