源親行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

源 親行(みなもと の ちかゆき、生没年不詳[1])は、鎌倉時代前期の文人政治家古典学者歌人。いわゆる河内方のひとり。大和源光行の子。清和源氏義忠流。子に源義行

生涯[編集]

父の後を継いで家業である『源氏物語』の研究を進め、世に言う「河内本」を大成させた。朝廷からは河内守式部大夫に任官され、極位従五位下であった。承久の乱以前に、鎌倉幕府政所別当であった父と交替で鎌倉に下向し、源実朝藤原頼経宗尊親王の三代に仕え、歴代の和歌奉行を担当。承久の乱では父・光行が院方に参陣していたが、その助命を嘆願して許された。

主な交友関係[編集]

藤原定家、源実朝、藤原頼経、源仲章源具親源仲兼西行

主な著書[編集]

主な作品[編集]

  • さみだれの雲ゐるやまの時鳥晴れぬ思の音をや鳴くらむ(『続拾遺和歌集』)
  • 夕されば涙やあまるさをしかの入野のをばな袖ぞ露けき(『続拾遺和歌集』)
  • 徒らに思ひこがれて年もへぬ人をみぬめの浦の藻しほ火(『続拾遺和歌集』)

脚注[編集]

  1. ^ 文治年間(1185年 - 1189年)頃の生まれと推察され、文永年間(1264年 - 1274年)頃まで史料上の所見がある。