源具親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

源 具親(みなもと の ともちか、生没年不詳)は、鎌倉時代初期の貴族歌人村上源氏俊房流、右京権大夫源師光の次男。官位従四位下左近衛少将小野宮少将と号す。新三十六歌仙の1人。

経歴[編集]

能登守を経て、建仁元年(1201年左兵衛佐に任ぜられ、同年7月和歌所寄人になる。元久2年(1205年従四位下左近衛少将に至る。

天福元年(1233年)8月以前に出家しており、法名は如舜を号した。弘長2年(1262年)『三十六人大歌合』に出詠しているが、既に80余歳の高齢だったという。

人物[編集]

後鳥羽院政下で活躍した歌人の1人で、「正治後度百首」「千五百番歌合」及び「最勝四天王院障子和歌」(1207年)などの数多くの歌合に出詠。『新古今和歌集』以下の6代の勅撰和歌集に21首の和歌が入集している。

妹の後鳥羽院宮内卿と比べて和歌に熱心ではなかったという[1]

系譜[編集]

『尊卑分脈』などによる。

  • 父:源師光
  • 母:巨勢宗成の娘(後白河院安芸)
  • 妻:姫の前(具親との再婚前は北条義時の正室)
  • 生母不詳の子女
    • 男子:源輔時

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『無名抄』