幽斎本源氏物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

幽斎本源氏物語(ゆうさいぼんげんじものがたり)とは、源氏物語の写本のこと。細川幽斎の筆によるものであることからこのように呼ばれる。現在は旧熊本藩主家細川氏伝来の美術品、歴史資料、歴代当主の収集品などを収蔵し、展示、研究を行っている永青文庫にあることから「永青文庫本(源氏物語)」とも呼ばれる。

細川幽斎と源氏物語[編集]

細川幽斎は、足利家織田家豊臣家徳川家に仕えた戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であるが、文人としても優れた業績を残しており、古今伝授を受けるなど当代一流の文人としても知られていた。源氏物語に関しても、源氏物語の本文全文を含まない注釈書としては最も大部なものである「岷江入楚」の成立に深く関わっており、同書は中院通勝が不興を買って丹後に出奔した際、幽斎に出会い、同人の要請を受けて記したものであり、岷江入楚という書名も幽斎の命名であるとされている[1]。また幽斎の源氏物語研究のために幽斎の依頼によって書写された当時の数多くの注釈書が現在も永青文庫に残されている。

写本の概要[編集]

54帖の揃い本。若菜下の1帖のみ山崎宗鑑の補写でそれ以外の五十三帖は細川幽斎の筆とされる。本文は青表紙本系統。この写本には本文の他に大量の書き込みがあり、源氏物語注釈史の面からも注目される写本であり、「これからは、独立した注釈書だけではなく「書き入れ注」にも注目していかなければならない」と指摘されている[2]注釈には紫明抄からの引用が多いが、幽斎の元で成立した注釈書である岷江入楚には紫明抄からの引用は極めて少ない。

校本への採用[編集]

校異源氏物語』及び『源氏物語大成校異編』には不採用であるものの、『新編日本古典文学全集源氏物語』では、写本記号「幽」、「幽齋本 永青文庫所蔵細川幽齋筆写本五十四帖」として校合対象に取り上げられている。

参考文献[編集]

  • 徳岡涼「細川幽斎はいかに源氏物語を読んだか」森正人・鈴木元編『細川幽斎 戦塵の中の学芸』笠間書院、2010年(平成22年)11月、pp. 208-226。 ISBN 978-4-3057-0527-3
  • 野口元大・徳岡涼編『続群書類従 細川幽斎選集 1 源氏物語聞書』続群書類従完成会、2006年(平成18年)9月 ISBN 978-4-7971-1701-1

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「岷江入楚」伊井春樹編『源氏物語 注釈書・享受史事典』東京堂出版、2001年(平成13年)9月15日、pp. 459-462。 ISBN 4-490-10591-6
  2. ^ 加藤昌嘉「本文の傍らに/或いは本文となって」陣野英則・横溝博編『平安文学の古注釈と受容 第1集』武蔵野書院、2008年(平成20年)10月、pp. 13-20。ISBN 978-4-8386-0228-5