凝花舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平安京内裏図

凝花舎(ぎょうかしゃ)とは、平安御所後宮七殿五舎のうちの一つ。女御などが居住した他、清涼殿に近いことからしばしば東宮御所摂政関白の直廬(詰め所)ともされた。

庭に紅白のが植えてあったところから、梅壺(うめつぼ)ともいう。清涼殿からは北西。飛香舎(藤壺)の北。襲芳舎(雷鳴壷)の南。

凝花舎を賜っていた内で最も有名なのは、円融天皇の女御で、一条天皇の母である東三条院詮子藤原兼家女)である。

その他に凝花舎を賜っていたのが知られるのは、