飛香舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平安京内裏図

飛香舎(ひぎょうしゃ)は、平安御所後宮七殿五舎のうちの一つ。初めは七殿に比べ格が低かったらしいが、清涼殿の北西に隣り合った位置であることなどから、平安中期以降中宮や有力な女御の局になった。現在、京都御所に復元されている。

庭にが植えられていたことから藤壺(ふじつぼ)の別名があり、この舎で藤やを愛でる宴が行われた。

藤原道長の娘で一条天皇中宮・藤原彰子が住んだことで有名。その後も、

など、御堂関白家の后妃が続けて住んだ。

その他に飛香舎を賜っていたのが知られるのは、


なお『源氏物語』でも、藤壺中宮が飛香舎を局としたことで知られる。