アルジェの男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルジェの男』(アルジェのおとこ)は宝塚歌劇団のミュージカル作品。1974年初演。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[1]参考。

第二次世界大戦前のフランスアルジェリア。野心を抱いた青年ジュリアンの栄光と転落が描かれた作品。パリ祭の夜、ひょんなことからフランス総督に人生を委ねることとなったスラム街出身の孤児ジュリアン。彼の夢見た野心は数年越しで叶えられようとしていたが・・・。

上演記録[編集]

1974年・星組
7月26日から8月27日[1](新人公演:8月13日[2])まで宝塚大劇場で公演された。東京宝塚劇場未公演。
形式名は「ミュージカル・ロマンス[1]」。12場[1]
併演作品は『ジュジュ[1]』。
1983年・星組
11月2日から11月28日[3][4]まで東京宝塚劇場で公演された。宝塚大劇場未公演。
形式名は「ミュージカル・ロマン[4]」。12場[4]
併演作品は『ザ・ストーム[3]』。
1984年・星組
地方[5](9月8日・豊田、9月9日・静岡、9月10日・横浜、9月11日・越ヶ谷、9月13日・町田、9月14日・掛川、9月15日・美濃加茂、9月16日・安城、9月18日・甲府、9月19日・昭島、9月21日・金沢、9月22日・鯖江、9月23日・敦賀、9月24日・一宮、9月26日・花巻、9月27日・仙台、9月28日・宇都宮、9月30日・尾張旭)で公演された。
形式名は「ミュージカル・ロマン[5]」。
併演作品は『ザ・ストーム[5]』。
2011年・月組
7月29日から8月29日[6](新人公演:8月16日[7])まで宝塚大劇場、9月16日から10月16日[6](新人公演:9月29日[8])まで東京宝塚劇場で公演。
形式名は「ミュージカル・ロマン[6]」。12場[6]
併演作品は『Dance Romanesque[6]』。
2019年・星組
全国ツアー(5月4日〜6日・大阪、9日・広島、11日〜12日・神奈川、14日・秋田、16日・青森、18日〜19日・宮城、21日〜23日・北海道)で公演予定。
形式名は「ミュージカル・ロマン」。
併演作品は『ESTRELLAS〜星たち〜』。

スタッフ[編集]

1974年(スタッフ)[編集]

1983年(主なスタッフ)[編集]

  • 作・演出[4]:柴田侑宏

1984年(主なスタッフ)[編集]

  • 作・演出[5]:柴田侑宏

2011年(スタッフ)[編集]

宝塚大劇場

出演者一覧(2011年)[編集]

※宝塚[13]・東京[14]共通。

月組[編集]

97期生C班[編集]

専科[編集]

主な配役[編集]

※「( )」の人物は新人公演。

1974年(主な配役)[編集]

1983年(主な配役)[編集]

1984年(主な配役)[編集]

2011年(主な配役)[編集]

※下記のデータは宝塚・東京共通。

  • ジュリアン・クレール - 霧矢大夢(紫門ゆりや)[15]
  • サビーヌ - 蒼乃夕妃(愛希れいか)[15]
  • ジャック - 龍真咲(鳳月杏)[15]
  • アンリ・クローデル - 明日海りお(珠城りょう)[15]
  • ポーラ・シャルドンヌ - 邦なつき(白雪さち花)[15]
  • ボランジュ総督 - 越乃リュウ(有瀬そう)[15]
  • ルイーズ・ボランジュ - 花瀬みずか(舞乃ゆか)[15]
  • レイモン - 一色瑠加(篁祐希)[15]
  • ミッシェル - 青樹泉(煌月爽矢)[15]
  • ミシュリュー内相 - 星条海斗(貴千碧)[15]
  • イヴ - 憧花ゆりの(紗那ゆずは)[15]
  • マダム・マルト - 妃鳳こころ(真愛涼歌)[15]
  • ブランシュ夫人 - 萌花ゆりあ(華那みかり)[15]
  • ジョルジュ - 綾月せり(煌海ルイセ)[15]
  • ヴェール夫人 - 羽咲まな(風凛水花)[15]
  • フェリックス - 光月るう(千海華蘭)[15]
  • エルザ - 夏月都(真凜カンナ)[15]
  • ジャン - 彩央寿音(貴澄隼人)[15]
  • マルセル - 華央あみり(星輝つばさ)[15]
  • セルジュ - 美翔かずき(輝城みつる)[15]
  • シャルル - 沢希理寿(美泉儷)[15]
  • 教会の女 - 妃乃あんじ(叶羽時)[15]
  • クリスチャン - 響れおな(星那由貴)[15]
  • エリザベート・ボランジュ - 彩星りおん(咲希あかね)[15]
  • ポール - 宇月颯(天翔りいら)[15]
  • ルーシー - 琴音和葉(晴音アキ)[15]
  • シュザンヌ - 玲実くれあ(紫乃加りあ)[15]
  • 教会の男 - 瑞羽奏都(蒼矢朋季)[15]
  • ルイ - 紫門ゆりや(輝月ゆうま)[15]
  • ヴィヴィアン - 白雪さち花(香咲蘭)[15]
  • モーリス - 貴千碧(春海ゆう)[15]
  • ブランシュ頭取 - 有瀬そう(翔我つばき)[15]
  • マチルド - 咲希あかね(都月みあ)[15]
  • ラモス - 篁祐希(優ひかる)[15]
  • ミレーヌ - 華那みかり(茜小夏)[15]
  • ピエール - 千海華蘭(隼海惺)[15]
  • ルネ - 煌月爽矢(夢奈瑠音)[15]
  • フィリップ - 鳳月杏(麗奈ゆう)[15]
  • セシール - 真愛涼歌(夢羽美友)[15]
  • カトリーヌ - 舞乃ゆか(早桃さつき)[15]
  • アナ・ベル - 花陽みら(愛風ゆめ)[15]
  • レナ - 真凜カンナ(美里 夢乃)[15]
  • アルマン - 珠城りょう(朝美絢)[15]
  • フランソワーズ - 愛希れいか(咲妃みゆ)[15]

2019年(主な配役)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0

外部リンク[編集]