宇月颯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇月 颯(うづき はやて、1985年4月17日[1] - )は、元宝塚歌劇団月組の男役。

埼玉県熊谷市[1]深谷第一高等学校出身[1]。身長166cm。愛称は「とし」[1]

所属事務所は有限会社ジャンクション

来歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2004年4月~7月、雪組『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』

月組時代[編集]

  • 2005年2 - 5月、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』新人公演:黒天使
  • 2005年7月、梅田芸術劇場メインホール公演『Ernest in Love』農民/召使い
  • 2005年9 - 12月、『JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS』新人公演:警官(本役:星条海斗
  • 2006年2 - 3月、バウWS『Young Bloods!!-Sparkling MOON-』いい男隊/ホスト(2役)
  • 2006年5 - 8月、『暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン』新人公演:プブリウス・カスカ(本役:明日海りお
  • 2006年10月、全国ツアー公演『あかねさす紫の花/レ・ビジュー・ブリアン』美鳥
  • 2007年1 - 4月、『パリの空よりも高く/ファンシー・ダンス』新人公演:フレデリク(本役:綾月せり
  • 2007年5月、バウWS『ハロー!ダンシング』
  • 2007年8 - 11月、『MAHOROBA/マジシャンの憂鬱』新人公演:コルネール(本役:青樹泉
  • 2008年1月、バウWS『ホフマン物語』ニクラウス(明日海りお主演ver.)/シュレーミル(青樹泉主演ver.)
  • 2008年3 - 7月、『ME AND MY GIRL』新人公演:ジェラルド(第二幕)(本役:遼河はるひ
  • 2008年8月、日生劇場公演『グレート・ギャツビー』ディック
  • 2008年11月 - 09年2月、『夢の浮橋/Apasionado!!』新人公演:二の宮(本役:遼河はるひ)
  • 2009年3月、シアタードラマシティ・東京特別公演『SAUDADE-Jにまつわる幾つかの所以-』
  • 2009年5 - 8月、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』黒天使、新人公演:ルイジ・ルキーニ(本役:龍真咲)
  • 2009年10 - 12月、『ラスト プレイ/Heat on Beat!』新人公演:グラハム(本役:未沙のえる
  • 2010年2月、バウホール・東京特別公演『HAMLET!!』ホレーシオ
  • 2010年4 - 7月、『THE SCARLET PIMPERNEL』エルトン/新人公演:ロベスピエール(本役:越乃リュウ
  • 2010年9 - 11月、『ジプシー男爵/Rhapsodic Moon』タラフ/新人公演:シュテルク・バリンカイ(本役:霧矢大夢) *新人公演初主演
  • 2011年1月、バウホール公演『Dancing Heroes!(ダンシング ヒーローズ)』
  • 2011年3 - 5月、『バラの国の王子/ONE -私が愛したものは…-』家臣(チーター)
  • 2011年7 - 10月、『アルジェの男/Dance Romanesque』ポール
  • 2011年11 - 12月、全国ツアー公演『我が愛は山の彼方に/Dance Romanesque』
  • 2012年2 - 4月、『エドワード8世-王冠を賭けた恋-/Misty Station-霧の終着駅-』フレッド・アステア
  • 2012年6 - 9月、『ロミオとジュリエット』モンタギュー(男)
  • 2012年10 - 11月、バウホール・東京特別公演『春の雪』飯沼茂之
  • 2013年1月 - 3月、『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』アルマン/シャロン(役替わり)
  • 2013年5月、梅田芸術劇場メインホール公演『ME AND MY GIRL』ボブ・パーキング
  • 2013年7 - 10月、『ルパン -ARSÈNE LUPIN-/Fantastic Energy!』オックスフォード公エドモンド
  • 2013年11 - 12月、全国ツアー公演『JIN-仁-/Fantastic Energy!』佐分利祐輔
  • 2014年1月、『New Wave!-月-』(バウホール) *メインキャスト
  • 2014年3月~6月、『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-』イアン二等航海士『TAKARAZUKA 花詩集100!!』花の紳士、蘭の男A
  • 2014年7月~8月、『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』(博多座)ルーカス 
  • 2014年9月~12月、『PUCK(パック)/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』クインス
  • 2015年1月~2月、『Bandito(バンディート)-義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-』(バウホール・日本青年館)ヴィトー・ルーミア
  • 2015年4月~7月、『1789-バスティーユの恋人たち-』ジャック
  • 2015年9月、愛希れいかミュージック・パフォーマンス『Wonder of Love』(宝塚ホテル、第一ホテル東京) 
  • 2015年11月~2016年2月、『舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ』ディン・タイ・ソン
  • 2016年3月~4月、『激情-ホセとカルメン-/Apasionado(アパショナード)!!Ⅲ』(全国ツアー)レメンダート *初エトワール
  • 2016年6月~9月、『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!』浅井長政
  • 2016年10月、『FALSTAFF~ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ~』(バウホール)ティボルト
  • 2017年1月~3月、『グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)』運転手
  • 2017年4月~5月、『瑠璃色の刻(とき)』(シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター)マクシミリアン・ロベスピエール、テオドール
  • 2017年7月~10月、『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』アトス 
  • 2017年11月~12月、ミュージック・パフォーマンス『MOON SKIP』(宝塚ホテル・ホテルグランドパレス) 
  • 2018年2月~5月、『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-/BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』阿久津仁*退団公演

宝塚歌劇団後の主な活動[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、48頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、116頁。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]