叶羽時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

叶羽 時(かのは とき、9月25日[1] - )は、元宝塚歌劇団月組の娘役。

兵庫県芦屋市[1]市立精道中学校出身[1]。身長162cm[1]。血液型B型[2]。愛称は「とき」[1]

来歴[編集]

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として入団[3]。入団時の成績は15番。月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[1][3]。その後、月組に配属[3]

2014年、ショー「TAKARAZUKA 花詩集100!!」新人公演で、ヒロインパート(本役:愛希れいか)の一部を務める[3]

2015年、「舞音」で新人公演初ヒロイン[3]

2019年12月28日、「I AM FROM AUSTRIA」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[4]

人物[編集]

母の影響で3歳からタップダンスを習い、発表会の舞台に立つことが何より好きだった[3]。宝塚に入れば毎日舞台に立てると思い、娘役に憧れて音楽学校受験を決意[2]

宝塚初観劇は月組公演「飛鳥夕映えタカラヅカ絢爛II[2]

特技は1㎝四方の折紙で鶴を折ること[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2016年11月、凪七瑠海ディナーショー『Evolution!』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、53頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c 『To The Future/宝塚GRAPH 2014年11月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2014年、109頁
  3. ^ a b c d e f g h i j k l ウィズたからづか 2015年12月号フェアリーインタビューより。
  4. ^ a b 宝塚月組の若手人気男役の蘭世惠翔 娘役に転向デイリースポーツ

注釈[編集]

  1. ^ 2/10〜東京公演千秋楽まで怪我のため休演。

外部リンク[編集]