早乙女わかば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さおとめ わかば
早乙女 わかば
生年月日 (1989-05-30) 1989年5月30日(30歳)
出生地 兵庫県神戸市
身長 162cm
血液型 A型
職業 女優
活動期間 2008年 -
活動内容 2008年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2014年:月組へ異動
2018年:宝塚歌劇団退団
事務所 ノースプロダクション
公式サイト 早乙女わかば公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
1789-バスティーユの恋人たち-
グランドホテル
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

早乙女 わかば(さおとめ わかば、1989年5月30日[1] - )は、日本女優タレント。元宝塚歌劇団月組星組の娘役スター。

兵庫県神戸市[1]県立宝塚北高等学校出身[2]。身長162cm[2]。血液型A型[3]。愛称は「わかば」[2]

所属事務所はノースプロダクション[1]

来歴[編集]

2006年4月、宝塚音楽学校入学。

2008年3月、宝塚歌劇団に94期生として入団。入団時の成績は24番。月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台。その後、星組に配属。

2010年、入団2年目で「ハプスブルクの宝剣」で、新人公演初ヒロイン[1]

2011年、ショー「ノバ・ボサ・ノバ」で2度目の新人公演ヒロイン。続く「ランスロット」で、バウホール公演初ヒロイン。

2012年、「ダンサ セレナータ」で、3度目の新人公演ヒロイン。続く「ジャン・ルイ・ファージョン」(バウホール・日本青年館公演)で、ヒロインのマリー・アントワネットを演じる[1]。続くショー「Étoile de TAKARAZUKA」で、4度目の新人公演ヒロイン。

2013年、専科公演「第二章」(バウホール公演)に最下級生として出演。専科理事の轟悠と共演し、出演者4人のストレートプレイに挑む[1]

2014年5月18日付で月組へ組替え。同年、「THE KINGDOM」(日本青年館・シアタードラマシティ公演)より月組生デビューを果たし、海乃美月とWヒロインを務める。

2015年、「Bandito」(バウホール・日本青年館公演)で、3度目のバウホール・東上公演ヒロイン。続く「1789-バスティーユの恋人たち-」で、トップスター龍真咲の相手役となるヒロイン・オランプ役に、海乃美月と役替わりで抜擢。

2017年、珠城りょう愛希れいか大劇場お披露目となる「グランドホテル」で、初演で当時のトップ娘役・麻乃佳世が演じたフラムシェン役を、再び海乃美月と役替わりで演じる。 

2018年5月6日、「カンパニー/BADDY」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。同年10月よりノースプロダクション所属となり、芸能活動を開始[1]

人物[編集]

幼い頃から人前に出て歌ったり踊ったりすることが好きで、祖母の勧めでミュージカルを習っていた[3]

宝塚初観劇は小学2年の時で、雪組公演「春櫻賦LET'S JAZZ -踊る五線譜-[4]。以来、宝塚のとりことなり、家でパソコンが使えるようになると宝塚について詳しく調べ、自らの意思で宝塚コドモアテネに通うようになる[4]

芸名の由来は、地元・神戸を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説「わかば」から[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

  • 2008年6〜10月、『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)
  • 2008年11月、『ブエノスアイレスの風-光と影の狭間を吹き抜けてゆく…-』(日本青年館・バウホール)-ウェイトレス
  • 2009年2〜4月、『My dear New Orleans(マイディアニューオリンズ)-愛する我が街-』-新人公演:少女時代のルイーズ(本役:稀鳥まりや)、ポリーン(本役:音波みのり)『ア ビヤント』
  • 2009年6〜9月、『太王四神記 Ver.II-新たなる王の旅立ち-』-新人公演:スリョン(本役:夢妃杏瑠
  • 2009年10〜11月、『コインブラ物語』(シアタードラマシティ・日本青年館)
  • 2010年1〜3月、『ハプスブルクの宝剣-魂に宿る光-』-新人公演:アーデルハイト/テレーゼ(マリア・テレジア)(本役:夢咲ねね)『BOLERO-ある愛-』 *新人公演初ヒロイン
  • 2010年4〜5月、『激情-ホセとカルメン-』-コンチータ『BOLERO-ある愛-』(全国ツアー)
  • 2010年7〜8月、『ロミオとジュリエット』(梅田芸術劇場博多座
  • 2010年10〜12月、『宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-』『愛と青春の旅だち』-新人公演:リネット(本役:白華れみ
  • 2011年2月、『愛するには短すぎる』-ドリー・マコーミック、ナンシー・ブラウン『ル・ポァゾン 愛の媚薬Ⅱ』(中日劇場
  • 2011年4〜7月、『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』-新人公演:エストレーラ(本役:夢咲ねね)『めぐり会いは再び-My only shinin' star-』-コレット *新人公演ヒロイン
  • 2011年8〜9月、『ランスロット』(バウホール)-グウィネビア *バウ初ヒロイン
  • 2011年11〜2012年2月、『オーシャンズ11』-5年前のテス、新人公演:ポーラ(本役:音波みのり)
  • 2012年3〜4月、柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!』(シアタードラマシティ・日本青年館)
  • 2012年5〜8月、『ダンサ セレナータ』-リタ、新人公演:モニカ(本役:夢咲ねね)『Celebrity-セレブリティ-』 *新人公演ヒロイン
  • 2012年9月、『ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-』(バウホール・日本青年館)-マリー・アントワネット *東上初ヒロイン
  • 2012年11〜2013年2月、『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』『めぐり会いは再び 2nd〜Star Bride〜』-コレット『Étoile de TAKARAZUKA(エトワールドタカラヅカ)』-ヴァルゴファムA、プティットアミ、新人公演:マドモワゼルエトワール、ヴァルゴファムS(歌手)、アドレファム(本役:夢咲ねね) *新人公演ヒロイン
  • 2013年3〜4月、『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』『怪盗楚留香(そりゅうこう)外伝-花盗人(はなぬすびと)』-宋甜児『Étoile de TAKARAZUKA(エトワールドタカラヅカ)』(中日劇場・台北国家戯劇院
  • 2013年5〜8月、『ロミオとジュリエット』-モンタギュー(女)、新人公演:キャピュレット(女)
  • 2013年10月、専科『第二章-CHAPTER TWO by Neil Simon-』(バウホール)-フェイ・メドウィック
  • 2014年1〜3月、『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』-カロリーヌ、新人公演:オルタンス(本役:音波みのり)
  • 2014年5月、専科『第二章-CHAPTER TWO by Neil Simon-』(日本青年館)-フェイ・メドウィック

月組時代[編集]

  • 2014年7〜8月、『THE KINGDOM』(日本青年館・シアタードラマシティ)-サーシャ *東上Wヒロイン
  • 2014年9〜12月、『PUCK(パック)』-トレイシー、新人公演:ヘレン(本役:沙央くらま)『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
  • 2015年1〜2月、『Bandito -義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-』(バウホール・日本青年館)-アマ—リア・ディ・ヴァッレルンガ *東上ヒロイン
  • 2015年4〜7月、『1789-バスティーユの恋人たち-』-オランプ・デュ・ピュジェ ※海乃美月と役替わり
  • 2015年9月、『DRAGON NIGHT!!』(シアタードラマシティ・文京シビックホール
  • 2015年11〜2016年2月、『舞音-MANON-』-カロリーヌ・ド・ルロワ『GOLDEN JAZZ』
  • 2016年3〜4月、『激情-ホセとカルメン-』-ミカエラ『Apasionado(アパショナード)!!Ⅲ』(全国ツアー)
  • 2016年6〜9月、『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』-ねね『Forever LOVE!!』
  • 2016年10〜11月、『アーサー王伝説』(文京シビックホール・シアタードラマシティ)-レイア
  • 2017年1〜3月、『グランドホテル』-フリーダ・フラム(フラムシェン)/婦人 ※海乃美月と役替わり『カルーセル輪舞曲(ロンド)』
  • 2017年5月、『長崎しぐれ坂』-芳蓮『カルーセル輪舞曲(ロンド)』(博多座)
  • 2017年7〜10月、『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』-マリー・ルイーズ
  • 2017年11月、専科『神家(こうや)の七人(しちにん)』-ロビン・ホワイト、DJ
  • 2018年2〜5月、『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』-有明紗良『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』-王女 *退団公演

出演イベント[編集]

  • 2011年12月、「タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜」
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012「ザ・スターズ」〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2014年12月、「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」
  • 2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」
  • 2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜」
  • 2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」

TV出演[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 早乙女わかば公式プロフィール(ノースプロダクション)
  2. ^ a b c 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、52頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  3. ^ a b 『NEW GENERATION Ⅲ』 阪急コミュニケーションズ、2013年、56頁。ISBN 978-4-484-13514-4
  4. ^ a b ウィズたからづか 2015年5月号フェアリーインタビューより。
  5. ^ わかば薫る季節 風のように舞う/早乙女わかば”. プレシャス!宝塚. 2012年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]