白華れみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白華 れみ(しらはな れみ、6月20日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組の娘役。

熊本県出身[1]熊本マリスト学園高校中退[1]。身長163cm[1]。愛称は「みき」、「れみ[1]

来歴[編集]

  • 2001年宝塚音楽学校入学。
  • 2003年第89期生として宝塚歌劇団に入団。月組宝塚大劇場公演『花の宝塚風土記/シニョール・ドンファン』で初舞台。その後、月組に配属。
  • 2005年宝塚バウホール公演『BourbonStreet Blues』で初めてバウヒロインを務める。
  • 2006年、宝塚バウホール公演『Young Bloods!!-Sparkling MOON-』でバウヒロインを務める。
  • 同年、光月るうと共にTAKARAZUKA SKY STAGE第4期スカイ・フェアリーズを務める[2]
  • 2006年、『暁のローマ』で新人公演初ヒロインを務める。
  • 2007年、『パリの空よりも高く/ファンシー・ダンス』で、音姫すなお憧花ゆりのとともにエトワールを務める。
  • 2008年1月15日付で月組から花組へ組替え。
  • 同年、『愛と死のアラビア』で2度目の新人公演ヒロインを務める。
  • 2009年、宝塚バウホール公演『フィフティ・フィフティ』では、華耀きらりとともにWヒロインを務める。
  • 2010年、宝塚バウホール公演『BUND/NEON 上海 -深緋の嘆きの河-』でバウヒロインを務める。
  • 同年4月、星組に組替え。組替え直後の宝塚バウホール公演『リラの壁の因人たち』でバウヒロインを務める。
  • 2011年、同期の壱城あずさとともにTAKARAZUKA SKY STAGEの第1期スカイ・ナビゲーターズを務める。
  • 2012年8月、『ダンサ セレナータ/Celebrity−セレブリティ−』でエトワールを務める。同公演の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。
  • 2014年4月、結婚を発表。[3]

人物[編集]

3歳からバレエ、幼稚園に入園後にピアノを習い始める[4]。4歳上の兄と、3歳下の弟がいる[4]

劇団四季のファミリーミュージカル『人間になりたがった猫』を観て、ミュージカルが好きになる[4]。小学6年生のときに、福岡で行われた劇団四季の体験レッスンに参加し、ますますミュージカルが好きになった[4]

中学に入学後、家族旅行で花組宝塚大劇場公演『ザッツ・レビュー』を観劇する[4]

中学3年生のときに宝塚音楽学校を受験するが、2次試験で不合格となる[4]。その後、兄と同じ高校に進学し、弓道部に入部する[4]。高校1年生の夏休みに将来について考えていたときに、やはり小学生の頃から憧れていたミュージカルの道に進みたいと思い両親に相談するが、父親に反対される[4][5]。「学校の成績を上げたらもう1度だけ受験してもよい」という父の言葉に、勉強とバレエの稽古に励み、2度目の受験で合格した[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

月組時代[編集]

  • 2004年4月 - 5月、全国ツアー公演『ジャワの踊り子』召使い
  • 2004年6月 - 10月、『飛鳥夕映え/タカラヅカ絢爛(けんらん)II』瑪瑙(子供時代)
  • 2004年12月、宝塚バウホール・ル・テアトル銀座公演 『熱帯夜話 -眠れない夜に- 』 ティンク
  • 2005年2月 - 5月、『エリザベート』新人公演:黒天使
  • 2005年7月 - 8月、宝塚バウホール公演『BourbonStreet Blues』シンシア *バウ初ヒロイン
  • 2005年10月 - 12月、『JAZZYな妖精たち』『REVUE OF DREAMS』ジーニー/ 新人公演:パトリック(子供時代)(本役:夏月都
  • 2006年2月 - 3月、宝塚バウホール公演 BW『Young Bloods!!-Sparkling MOON-』 REMI *バウヒロイン
  • 2006年5月 - 8月、『暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン』新人公演:ポルキア(本役:彩乃かなみ*新公初ヒロイン
  • 2006年10月、全国ツアー公演『あかねさす紫の花』プロローグの歌手・小月
  • 2007年1月 - 4月、『パリの空よりも高く/ファンシー・ダンス』ドリー / 新人公演:ブランジュ(本役:美鳳あや) *エトワール(トリオ)
  • 2007年5月 - 6月、全国ツアー公演『ダル・レークの恋』ビーナ
  • 2007年8月 - 11月、『MAHOROBA/マジシャンの憂鬱』新人公演:マレーク(本役:城咲あい
  • 2007年12月 - 2008年1月、梅田芸術劇場シアタードラマシティ・日本青年館公演『A-“R”ex』スタテイラ

花組時代[編集]

  • 2008年5月 - 8月、『愛と死のアラビア』 サミーラ / 新人公演:アノウド(本役:桜乃彩音*新公ヒロイン
  • 2008年9月 - 10月、全国ツアー公演『外伝ベルサイユのばら -アラン編-/エンター・ザ・レビュー』スザンヌ
  • 2009年1月 - 3月、『太王四神記』ヨン・ホゲの少年時代・メファ/新人公演:スジニ(本役:愛音羽麗
  • 2009年5月、全国ツアー公演『哀しみのコルドバ』 ソニア
  • 2009年7月、宝塚バウホール公演『フィフティ・フィフティ』クララ *バウWヒロイン
  • 2009年9月 - 11月、『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-/EXCITER!』イザベラ/新人公演:カロンヌ夫人(本役:高翔みず希
  • 2010年1月、宝塚バウホール公演『BUND/NEON 上海 -深緋の嘆きの河-』ミシェル・トラヴァース *バウヒロイン
  • 2010年3月 - 4月、『虞美人』戚/青青(宝塚大劇場公演のみ出演)

星組時代[編集]

  • 2010年5月、宝塚バウホール・日本青年館公演『リラの壁の囚人たち』ポーラ *バウヒロイン
  • 2010年7月 - 8月、梅田芸術劇場メインホール・博多座公演『ロミオとジュリエット』乳母
  • 2010年10月 - 12月、『宝塚花の踊り絵巻 -秋の踊り-/愛と青春の旅だち』リネット
  • 2011年1月 - 2月、宝塚バウホール・日本青年館公演『メイちゃんの執事』本郷詩織(ルチア)
  • 2011年4月 - 7月、『ノバ・ボサ・ノバ』ブリーザ/『めぐり会いは再び』リゼット
  • 2011年8月 - 9月、博多座・中日劇場公演『ノバ・ボサ・ノバ』ブリーザ/『めぐり会いは再び』リゼット
  • 2011年11月 - 2012年2月、『オーシャンズ11』クィーン・ダイアナ
  • 2012年3月 - 4月、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ・日本青年館公演『REON!!』
  • 2012年5月 - 8月、『ダンサ セレナータ/Celebrity−セレブリティ−』アンジェリータ *エトワール *退団公演、エトワール

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2012年度版』阪急コミュニケーションズ、2012年、95頁。ISBN 978-4-484-12506-0
  2. ^ スカイ・フェアリーズ 第4期生”. TAKARAZUKA SKY STAGE. 2013年6月21日閲覧。
  3. ^ ご報告(白華れみオフィシャルブログ、2014年4月1日)
  4. ^ a b c d e f g h i 「波瀾爆笑!?我が人生 白華れみ」『宝塚GRAPH』2010年9月号、阪急コミュニケーションズ、2010年、98-100頁。
  5. ^ 現代っぽさを持った娘役に 白華れみ”. nikkansports. 2013年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]