萌花ゆりあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

萌花 ゆりあ(もえか ゆりあ、12月2日 - )は、元宝塚歌劇団月組の娘役。

人物[編集]

和歌山県和歌山市出身、和歌山大学教育学部附属中学校卒業。公称身長162cm。愛称「まいまい」「ゆりあ」。

妹は、元宙組の萌野りりあ(2003年入団、89期生)。

来歴[編集]

1999年宝塚音楽学校入学。第87期生。同期には龍真咲沙央くらま早霧せいな夢乃聖夏華城季帆晴華みどり音花ゆり和音美桜らがいる。

2001年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は13番。宙組公演『ベルサイユのばら2001』で初舞台。その後、月組に配属。

2011年、『Dance Romanesque』で、怪我をして部分休演となったトップ娘役の蒼乃夕妃の代役(フィナーレの女S)を務める。

2016年9月4日、『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』/『Forever LOVE!!』の東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。同日、結婚することを発表[要出典]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 2004年4月、『愛しき人よ -イトシキヒトヨ-』(バウ・東京特別)ポーラ
  • 2004年8月、『飛鳥夕映え - 蘇我入鹿 -』新人公演:旗野(本役:宝生ルミ)/『タカラヅカ絢爛II -情熱のカリビアンナイト-』
  • 2005年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』新人公演:女官
  • 2005年7月、『BourbonStreet Blues』(バウ)ロザンナ/ウェイトレス(2役)
  • 2005年10月、『Jazzyな妖精たち』アニー、新人公演;ベンフィオン(本役:羽咲まな)/『REVUE OF DREAMS』
  • 2006年2月、『Young Bloods!!-Sparkling MOON-』(バウ)いい女隊/理想の女(2役)
  • 2006年10月、『オクラホマ!』(日生劇場)ジュリー
  • 2007年1月、『パリの空よりも高く』新人公演:マリー(本役:涼城まりな)/『ファンシー・ダンス』
  • 2007年4月、瀬奈じゅんディナーショー『EL VIENTO』
  • 2007年8月、『MAHOROBA』/『マジシャンの憂鬱』新人公演:イローナ(本役:瀧川末子
  • 2008年1月、『ホフマン物語』(バウ)アントニアの母、ステッラ(二役)
  • 2008年8月、『ME AND MY GIRL』(博多座)ソフィア
  • 2008年11月、『夢の浮橋』侍従/『Apasionado!!
  • 2009年3月、『SAUDADE -Jにまつわる幾つかの所以-』(ドラマシティ・東京特別)
  • 2009年5月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』ヘレネ
  • 2010年2月、『紫子』朱実/『Heat on Beat!』(中日)
  • 2010年4月、『THE SCARLET PIMPERNEL』ペギー
  • 2010年9月、『ジプシー男爵』ナディア/プロローグの女A/『Rhapsodic Moon』
  • 2011年1月、『Dancing Heroes!(ダンシング ヒーローズ)』(バウ)
  • 2011年3月、『バラの国の王子』家臣(山猫)/『ONE -私が愛したものは…』
  • 2011年7月、『アルジェの男』ブランシュ夫人/『Dance Romanesque』代役:フィナーレの女S(本役:蒼乃夕妃、7月29日 - 8月9日まで)
  • 2011年11月、『アリスの恋人』(バウ)レイブン
  • 2012年2月、『エドワード8世 -王冠を賭けた恋-』グロスター公妃アリス/『Misty Station -霧の終着駅-』
  • 2012年10月、『春の雪』(バウ・東京特別)洞院宮妃
  • 2013年1月、『ベルサイユのばら -オスカルとアンドレ編-』カトリーヌ
  • 2013年5月、『ME AND MY GIRL』(梅田芸術劇場)ミー・アンド・マイガール
  • 2013年11月、『JIN-仁-』お駒/『Fantastic Energy!』(全国ツアー)
  • 2014年1月、『風と共に去りぬ』(梅田芸術劇場)ミード夫人
  • 2014年3月、 宝塚歌劇団100周年記念公演(各組トップ特別出演あり)「宝塚をどり明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-TAKARAZUKA 花特集100!!
  • 2014年7月、 宝塚歌劇団100周年記念公演/博多座「宝塚をどり」/「明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-」ミカエラ /「TAKARAZUKA 花特集100!!
  • 2014年9月、『PUCK(パック)』 レイチェル・グレイヴィル/『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
  • 2015年2月、「風と共に去りぬ」(中日) ミード夫人
  • 2015年9月、龍真咲コンサート『DRAGON NIGHT!!』(ドラマシティ・文京シビックホール
  • 2015年11月、『舞音 -MANON-』水の精霊(運命のダンサー)/『GOLDEN JAZZ』
  • 2016年3月、龍真咲コンサート『Voice』(赤坂ACTシアター・ドラマシティ)MAI2(MAIMAI)
  • 2016年6月、「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」小宰相局(足利義昭の側室)/「Forever LOVE!!」 *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

コンサート[編集]

  • 2017年6月、瀬奈じゅん25th anniversary concert『Jun Sena 25th anniversary concert』(日比谷シアタークリエ、宝塚バウホール)

関連項目[編集]