美夢ひまり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美夢 ひまり(みゆめ ひまり、1983年3月31日 - )は、日本のタレント。元宝塚歌劇団月組の娘役。

東京都立川市啓明学園出身。公称身長163cm。血液型A型。愛称はひまり、ひまりん、じゅり。本名は火宮樹里(ひのみやじゅり)。

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 2001年10月、(バウ・東京特別)『血と砂』ダルシネア
  • 2002年1月、『ガイズ&ドールズ』新人公演:ホットドールズA
  • 2003年1月、『春ふたたび』きの/『恋天狗』庄屋の娘・お秋(バウワークショップ)
  • 2003年11月、『薔薇の封印 -ヴァンパイヤ・レクイエム-』新人公演:シャルロット(本役:紫水梗華
  • 2004年6月、『飛鳥夕映え -蘇我入鹿-』蘇我の侍女1/タカラヅカ絢爛Ⅱ -灼熱のカリビアンナイト』
  • 2005年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』新人公演:女官
  • 2005年7月、『Ernest in Love』(梅田芸術劇場)ロンドン市民、農民、メイド
  • 2006年2月、『Young Bloods!!−Sparkling MOON−』マリマリ
  • 2006年5月、『暁のローマレ・ビジュー・ブリアン −きらめく宝石の詩−』新人公演:アイアラス(本役:瀧川末子
  • 2006年10月、『オクラホマ!』(日生劇場)シャロン
  • 2007年1月、『パリの空よりも高く/ファンシー・ダンス』新人公演:カタリーナ(本役:宝生ルミ)
  • 2007年8月、『MAHOROBA -遥か彼方YAMATO-』/『マジシャンの憂鬱』新人公演:アデルハイド(本役:矢代鴻
  • 2007年12月、『HOLLYWOOD LOVER』(バウ・東京特別)カマラ
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』ランベスの女、幻想の女
  • 2008年9月、『グレート・ギャツビー』(日生劇場)サリー、マーゴット・ニコルソン
  • 2008年11月、『夢の浮橋』右近/『Apasionado!!』
  • 2009年5月、『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』女官
  • 2010年2月、『HAMLET!!』(バウ・東京特別)ムーヴァ、歌姫
  • 2010年4月、『THE SCARLET PIMPERNEL』アン
  • 2010年9月、『ジプシー男爵』ミレーラ/『Rhapsodic Moon
  • 2011年1月、『Dancing Heroes!(ダンシング ヒーローズ)』(バウ)
  • 2011年3月、『バラの国の王子』家臣(リス)/『ONE −私が愛したものは…』*退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

トークイベント・MC[編集]

  • 宝塚貸切公演 司会(阪急交通社主催)
  • 2013年9月「タカラジェンヌに学ぶ、ビューティ・キャリア講座」(オズモール主催)
  • 2013年10月「レ・ミゼラブル 観劇会&キャストトークショー」※MC(愛知淑徳大学 淑楓会主催)
  • 2014年12月「ミュージカル シカゴ 宝塚OG版 鑑賞&パーティー」※MC(オズモール主催)

雑誌掲載[編集]

  • CLASSY.」(2015年2月号、2014年10月・8月号)
  • Marisol」(2015年1月号)

TV出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、113ページ。ISBN 9784484146010
  2. ^ 大渕愛子の秘書がタレントデビューしていた”. マイナビスチューデント. 日刊アメメーバニュース (2015年4月26日). 2015年4月27日閲覧。
  3. ^ 「有吉反省会」ありがとうございました♡”. 美夢ひまりオフィシャルブログ (2015年4月26日). 2015年4月27日閲覧。
  4. ^ ご報告(*^^*)”. 美夢ひまりのブログ " Keep Smiling". サイバーエージェント (2013年8月12日). 2017年1月12日閲覧。
  5. ^ “元宝塚・美夢ひまり、妊娠6か月…5月末出産予定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年1月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170112-OHT1T50139.html 2017年1月12日閲覧。 

外部リンク[編集]