鶴美舞夕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶴美 舞夕(つるみ まゆう、1月14日生)は、元宝塚歌劇団星組男役愛知県津島市愛知淑徳高等学校出身。身長168cm、血液型AB型。愛称は「どい」「まゆう」「お父さん」。

略歴[編集]

同期には日向燦初姫さあや龍真咲(元月組トップスター)、萌花ゆりあ晴華みどり沙央くらま音花ゆり夢乃聖夏和音美桜咲花杏八雲美佳早霧せいな(元雪組トップスター)、華凜もゆるらがいる。

「2016年に梅花中学、高等学校で舞台芸術コースの先生として就任」

主な出演[編集]

舞台[編集]

宝塚歌劇団所属時代[編集]

2001年
2002年
  • 4月~5月、6月~8月『プラハの春/LUCKY STAR』Wトリオほか(新人公演:ルドルフ役=本役:涼紫央
  • 9月~10月『蝶恋(ディエ・リエン)/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ』(中国公演)
  • 11月~12月、2003年2月~3月『ガラスの風景/バビロン』マンドリン弾き・古代の獣役ほか(新人公演:ロベルト役=本役:柚希礼音
2003年
2004年
2005年
  • 2月~3月『それでも船は行く』(バウホール)事務長役ほか
  • 5月~8月『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!』伊佐次の幼少時代ほか(新人公演:佐藤役=本役:にしき愛
  • 6月6日『ゴールデン・ステップス-1975〜2005-』
  • 9月~10月『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』(全国ツアー)士官役・ロケットガールSほか
  • 11月『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』(韓国公演)
2006年
2007年
2008年
2009年
  • 2月~4月『My dear New Orleans/ア ビヤント』ラジオ局のディレクター役
  • 6月~9月『太王四神記 Ver.II―新たなる王の旅立ち―』イルス役
  • 10月~11月『再会/ソウル・オブ・シバ!!』(全国ツアー)モントロン役
2010年
2011年
  • 2月『愛するには短すぎる/ル・ポァゾン 愛の媚薬II』(中日劇場)マクニール・オコーナー役
  • 4月~7月『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-/めぐり会いは再び-My only shinin' star-』ピエロ役/グルー役
  • 8月・9月『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-/めぐり会いは再び-My only shinin' star-』(博多座・中日劇場)ピエロ役/グルー役
  • 11~2012年2月『オーシャンズ11』 イエン(軽業師)役
2012年
  • 3月~4月 柚希礼音スペシャルライブ『REON!!』(シアタードラマシティ・日本青年館)
  • 5月~8月『ダンサ セレナータ』ニコラウ役/『Celebrity -セレブリティ-』
  • 9月『琥珀色の雨にぬれて』ミッシェル・ドゥ・プレール伯爵役/ 『Celebrity -セレブリティ-』(全国ツアー)
  • 11月~2013年2月『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』/『めぐり会いは再び 2nd 〜Star Bride〜』グルー/『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』
2013年
  • 3月~4月『宝塚ジャポニズム 〜序破急〜』/『怪盗楚留香(そりゅうこう)外伝-花盗人(はなぬすびと)-』左軽候(さけいこう)役/『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』(中日劇場・台湾公演)
  • 5月~8月『ロミオとジュリエット』愛役[注 1]
  • 9月~10月 柚希礼音スペシャルライブ『REON!!Ⅱ』(東京国際フォーラム・博多座)
2014年
2015年
  • 2月~5月『黒豹の如く』ベルドラン役/セブンシーズ 役(2役)/『Dear DIAMOND!! - 101カラットの永遠の輝き -』 *退団公演

宝塚歌劇団退団後[編集]

2015年
2016年

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 礼真琴とダブルキャスト

出典[編集]

  1. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、113ページ。ISBN 9784484146010
  2. ^ 元宝塚トップ柚希礼音、来年3月に退団後初のソロ公演”. ORICON STYLE (2015年11月22日). 2015年11月24日閲覧。

関連項目[編集]