和礼彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和 礼彩(かず れいさ、7月19日)は宝塚歌劇団花組に所属する男役。

佐賀県鳥栖市生まれ、佐賀女子高等学校出身。

身長172cm。愛称「トミー」「ずっくん」「かずくん」


来歴[編集]

同期生については宝塚歌劇団100期生参照

  • 2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台。
  • 2015年2月、組廻りを経て花組に配属。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2014年3月~6月、月組『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場のみ)[1]

組廻り[編集]

花組配属後[編集]

  • 2016年4月~7月、『ME AND MY GIRL[6]
  • 2016年9月~10月、『melodia/仮面のロマネスク』ギョーム公爵[7]
  • 2016年11月~2017年2月、『雪華抄/金色の砂漠』[8]
  • 2017年6月~8月、『邪馬台国の風/Santé!!~最高級ワインをあなたに~』新人公演 サザレ 本役 矢吹世奈[9]
  • 2019年6月、『恋スルARENA』(横浜アリーナ)6月26日14時公演のみ[17]
  • 2019年8月~11月、『A Fairy Tale-青い薔薇の精/シャルム』(新人公演 ボヌス 本役千幸あき)[18]
  • 2020年1月、マスカレードホテル[19]。(予定)

脚注[編集]

  1. ^ 月組公演宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  2. ^ 星組公演The Lost Glory-美しき幻影-/パッショネイト宝塚!”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  3. ^ 花組公演カリスタの海に抱かれて”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  4. ^ 花組公演スターダム”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  5. ^ 花組公演新源氏物語”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  6. ^ 花組公演ミー・アンド・マイガール”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  7. ^ 花組公演melodia/仮面のロマネスク”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  8. ^ 花組公演雪華抄/金色の砂漠”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  9. ^ 花組公演邪馬台国の風”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  10. ^ 花組公演はいからさんが通る”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  11. ^ 花組公演ポーの一族”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  12. ^ 花組公演あかねさす紫の花”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  13. ^ 花組公演MESSIAH -異聞・天草四郎-”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  14. ^ 花組公演蘭陵王”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  15. ^ 花組公演CASANOVA”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  16. ^ 花組公演花より男子”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  17. ^ 花組公演恋スルARENA”. 宝塚歌劇. 2019年8月1日閲覧。
  18. ^ 花組公演A Fairy Tale-青い薔薇の精/シャルム=宝塚歌劇”. 2019年8月1日閲覧。
  19. ^ 花組公演マスカレードホテル=宝塚歌劇”. 2019年9月28日閲覧。