きらり杏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

きらり 杏(きらり あん、12月11日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。

大阪府堺市出身[1]神戸松陰高校出身[1]。身長は162cm。愛称は、「りりか」、「キラリアン」、「リリー」[1]

略歴[編集]

2012年4月、宝塚音楽学校に入学。同期には花組トップ娘役華優希宙組トップ娘役星風まどか音くり寿聖乃あすか風間柚乃らがいる。

2014年3月、宝塚音楽学校を卒業。卒業時に演劇部門で優秀賞を授与される。その後、宝塚歌劇団に入団。

2014年4月、月組公演『宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA花詩集!』で初舞台を踏む[1]

2015年2月、星組へ配属。

2015年9月、NHK放送90年ドラマ『「経世済民の男」小林一三~夢とそろばん~』(NHK総合)に出演。初期の宝塚歌劇の舞台シーンで当時のタカラジェンヌを演じる[3]。ドラマでは日本で初めて「レビュー」を冠したとされる舞台『モン・パリ』が再現された[3]

2018年8月〜11月、宝塚歌劇3回目台湾公演の選抜メンバーに選ばれ台湾公演に出演。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2014年3月 - 6月、月組『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

星組配属後[編集]

  • 2019年7月 - 10月、『GOD OF STARS-食聖- /Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』新人公演:マダムヤン(本役:紫りら)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、117頁。ISBN 978-4-86649-049-6

外部リンク[編集]