音くり寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

音 くり寿(おと くりす、12月18日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。

埼玉県さいたま市[1]昭和女子大学附属昭和中学校出身[1]。身長160cm[1]。血液型B型[2]。愛称は「くり」、「くりす」[1]

来歴[編集]

2012年4月、宝塚音楽学校入学。

2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団。入団時の成績は2番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台。

2015年2月、組廻りを経て花組に配属。

2016年、「ME AND MY GIRL」で、城妃美伶とWキャストで新人公演初ヒロイン。

2017年、「MY HERO」(赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、朝月希和とWヒロイン。

2018年、「蘭陵王」(シアタードラマシティ・神奈川芸術劇場公演)で、東上単独初ヒロイン。

2019年、仙名彩世退団公演となる「CASANOVA」で、初のエトワールに抜擢。

人物[編集]

幼い頃から、宝塚をはじめ様々な舞台を観る機会に恵まれ、舞台人に憧れていた[2]

2000年雪組公演「バッカスと呼ばれた男華麗なる千拍子」を、TAKARAZUKA1000days劇場で初観劇[2]

中学3年の時、「宝塚の舞台に立ちたい」と強く思い、家族に決意を伝え、受験に臨んだ[2]

学生時代は書道部に所属していた[2]

憧れの上級生は花總まり[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2014年3月~6月、月組『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

花組配属後[編集]

  • 2015年3月~6月、『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』新人公演:少年ロベルト(本役:真鳳つぐみ
  • 2015年7月~8月、『スターダム』(バウホール)セーラ
  • 2015年10月~12月、『新源氏物語/Melodia-熱く美しき旋律-』あきつ、新人公演:若紫(本役:春妃うらら)、代役:雲井の雁(本役:城妃美伶[注釈 1]
  • 2016年2月~3月、『Ernest in Love』(梅田芸術劇場中日劇場)ロンドン市民(1幕)、農民、メイド(2幕)/セシリイ・カデュー(城妃美伶と役替わり)
  • 2016年4月~7月、『ME AND MY GIRL』新人公演:サリー・スミス(宝塚大劇場2幕、東京宝塚劇場1幕)(本役:花乃まりあ*新人公演初ヒロイン
  • 2016年9月、『仮面のロマネスク/Melodia-熱く美しき旋律-』(全国ツアー)セシル・ブランシャール
  • 2016年11月~2017年2月、『雪華抄』カゲソロ『金色の砂漠』第三王女シャラデハ、新人公演:タルハーミネ(幼少時代)(本役:花乃まりあ)[注釈 2]
  • 2017年3月~4月、『MY HERO』(赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)マイラ・パーカー *Wヒロイン 
  • 2017年6月~8月、『邪馬台国の風/Santé!!~最高級ワインをあなたに~』イヨ、娘、新人公演:大巫女(本役:美穂圭子
  • 2017年10月、『ハンナのお花屋さん-Hanna's Florist-』(TBS赤坂ACTシアター)アナベル
  • 2018年1月~3月、『ポーの一族』ディリー、新人公演:マーゴット(本役:城妃美伶)
  • 2018年5月、『あかねさす紫の花/Santé!!~最高級ワインをあなたに~』(博多座)十市皇女
  • 2018年7月~10月、『MESSIAH -異聞・天草四郎-/BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』弥一、新人公演:咲(本役:城妃美伶
  • 2018年11月~12月、『蘭陵王―美しすぎる武将―』(梅田芸術劇場シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)洛妃 *ヒロイン
  • 2019年2月〜4月、『CASANOVA』ベネラ、新人公演:ダニエラ(本役:桜咲彩花*初エトワール
  • 2019年6月~7月、『花より男子』(赤坂ACTシアター)三条桜子
  • 2019年6月、『恋スルARENA』(横浜アリーナ)[注釈 3]
  • 2019年8月〜11月、『A Fairy Tale −青い薔薇の精−/シャルム!』プルケ ※予定

出演イベント[編集]

  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年夢の祭典「時を奏でるスミレの花たち」(ドンブラココーラス)
  • 2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
  • 2018年12月、「タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!」

受賞歴[編集]

2017年、阪急すみれ会パンジー賞 新人賞

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、34頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f 「To The Future/宝塚GRAPH 2016年2月号」、宝塚クリエイティブアーツ、2016年、110頁。
  1. ^ 桜咲彩花休演による配役変更で、12/1~12/10は城妃美伶の代役で雲井の雁役を演じた。
  2. ^ 本公演では花乃まりあが1人で演じたが、新人公演は成人後と幼少時代とを城妃美伶と分け合う形での配役となった。
  3. ^ 6月26日19時公演のみ、特別出演。

外部リンク[編集]